1. 新生銀行レイクはおまとめローンに向いてる?

新生銀行レイクはおまとめローンに向いてる?

「月々の返済が辛い」「返済を楽にできる方法はないの?」「多重債務から抜け出したい」
といったように、複数の借金の返済で悩みを抱えている方は少なくないです。

複数の借金の返済で苦しんでいる時に検討したいのが「おまとめローン」ですが、どのカードローン会社を選べば良いのか分からないという方が多いのではないでしょうか?

今回は、新生銀行レイクのカードローンがおまとめローンに適しているのか検証してみました。レイクでおまとめローンの利用を考えている人は是非参考にしてください。

おまとめローンの仕組み

レイクのおまとめローンの詳細を見る前に、まずはおまとめローンの仕組みについて紹介します。

おまとめローンは、複数の債務を一つにまとめて、毎月の支払い負担を減らし最終的な利息総額を減らすことを目的としたローンです。

既存の借入よりも金利が低い金融機関から融資を受け、借り入れがあった複数の金融機関に全額返済すれば、返済はおまとめローンで融資を受けた1件だけとなります。

流れとしては次のようになります。

①金利の低い金融機関から既存借入総額分の融資を受ける
②受けた融資金を使い、複数社へ全額返済する
③融資を受けた金融機関へ毎月返済する

おまとめローンのメリットデメリット

おまとめローンにはメリットでもあればデメリットもありますので、双方をきちんと理解した上で利用することが大切です。

おまとめローン3つのメリット

まずメリットですが、次の3つが挙げられます。

返済総額を減らせる

既存の借入よりも金利が低い金融機関から借り入れすることで、返済総額を減らせることができます。

管理しやすくなる

借入先が複数あると、それぞれ返済日が異なるため返済日を間違えたり忘れてしまうことがあります。おまとめすることで返済先は一つになるので管理しやすくなります。

信用情報に傷がつかない

おまとめローンは債務整理ではないので、個人信用情報機関の履歴に残ることはありません。

おまとめローン3つのデメリット

次におまとめローンのデメリットについても見てみましょう。

借金そのものが減るわけではない

おまとめローンをしても借金そのものは減りません。

金利の低い金融機関に借り入れすることで利息負担を減らすものです。その結果、支払総額が減少するだけであり借金がなくなったり減ったりするわけではありません。

場合によっては返済総額が変わらないもしくは増えてしまうこともあります。

審査が厳しい

おまとめローンは通常のカードローンよりも希望する限度額が大きくなるため、審査が厳しくなります。

返済遅延や、過去の支払状況に不利となる情報があると審査通過はまず無理でしょう。

追加融資を受けられない

これは返済専用のおまとめローンを利用した場合に限ります。

消費者金融が提供するおまとめローンですと返済専用のところがほとんとですが、銀行カードローンの場合は追加融資が可能なところも多いです。

新生銀行カードローンレイクはおまとめローンを扱ってない!?

実は新生銀行カードローンレイクはおまとめローンという商品名でのサービス提供はしていません。

WEB申込から新規でおまとめローンは実施していませんが、既存客にはおまとめローンを実施することもあります。

おまとめローンという商品名の扱いはありませんが、新生銀行カードローンレイクは資金使途が限定されていませんのでおまとめ利用も可能です。

新生銀行カードローンレイクのスペック

新生銀行カードローンレイクのスペックと特徴を紹介します。

商品名 新生銀行カードローンレイク
利用目的 使いみち自由・おまとめ利用も可
借入限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~18.0%
利率計算方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式
借入期間 5年・60回
審査時間 最短即時
融資時間 最短即日
土日の融資
総量規制 対象外
来店の要否 不要

限度額はもちろんですが来店不要で即日融資できるスピーディーさは申し分のないスペックと言えます。

レイクの場合、WEBで申込した場合は仮審査の結果が即座に申込完了画面に表示されますので、おまとめできるかどうかがすぐに分かるのがありがたいですね。

銀行カードローンは総量規制の対象となりますので、年収3分の1以上の借り入れも可能です。

複数の借金がある状態で新たに借入れを申し込むとなると総量規制に抵触してしまい申し込めないという事態になることもありますが、レイクならそういったことも避けられます。

新生銀行カードローンレイクを利用するには

新生銀行カードローンレイクでおまとめする方法を紹介します。

レイクの申込手順

新生銀行レイクの申し込み方法は、パソコン・スマートフォン・専用アプリ・携帯電話・電話などがあります。WEBからの申込は24時間365日受け付けています。

レイクはWEB上ですべての手続を完結させることもできます。来店する時間がないという方や、自動契約機に入るのは抵抗があるという方でも気軽に申し込めます。

自動契約機の場合は足を運ぶ必要はありますが、その場でカードを受取できますし最短50分で手続きを完了させることもできます。

またレイクで即日融資を希望する場合は、銀行振込みなら平日14時までに提出書類の確認の完了。、自動契約機なら22時までにカードを受取してATMで借入れが条件となります。

レイクおまとめローンは電話申込みがおすすめ

新生銀行レイクはWEB申し込みが簡単で便利ですが、おまとめローンとして利用する場合は「電話申し込み」がおすすめです。

と言うのも、レイクはおまとめローン専用商品の扱いがなく通常のカードローンでおまとめ利用しなければいけません。

WEB申し込みでは資金使途を入力する項目がないので通常の借入れとして申し込む形となってしまいます。

他社から借入している状態で新たにお金を借りる場合、審査はかなり不利となります。

しかしおまとめローンとして申し込む場合は、他社借り入れがあってもおまとめすることを前提に審査を進めてくれます。

WEB申し込みでは資金使途が選べませんのでおまとめローンを前提に審査してくれませんが、電話申し込みなら担当者の方に口頭でおまとめ目的で利用することを伝えられますので、おまとめローンを前提に審査を進めてくれます。

WEB申し込み後にレイクに電話して資金使途を説明するという方法もありますが、レイクでは仮審査の結果が即時で出てしまいますので間に合わない可能性が高いです。

そのため、始めから電話で申込することをおすすめします。

レイクのおまとめローン申し込みに必要な書類

レイクに申込む上で必要な書類は、「本人確認書類」と「収入証明書」です。

原則として本人確認書類だけで申し込みOKですが、おまとめローンを前提に申し込む場合、希望限度額が50万円を超えるでしょうから収入証明書も必ず準備しておきましょう。

本人確認書類は運転免許証を用意してください。

もし運転免許証を持っていない場合は、有効期限内の健康保険証・パスポート・マイナンバーカードのいずれかを用意してください。いずれも「氏名」「生年月日」「現住所」の3項目が記載されているものに限ります。

次のいずれかに該当する場合は「現住所を確認できる書類」も提出する必要があります。

  • 本人確認書類に記載の住所と異なる場合
  • 自動契約機で契約時に健康保険証を用意する場合

上記の場合は、「公共料金の領収書」「住民票の写し」「印鑑登録証明書」のいずれかを合わせて提出してください。

希望限度額が50万円を超える場合は収入証明書も提出します。

収入証明書類 有効条件 その他
源泉徴収票 前年度(直近分) 公的年金等の源泉徴収票と退職所得の源泉徴収票は除く
住民税決定通知書
納税通知書
前年度(直近分) 生民税・県民税の特別徴収税額の決定・変更通知書
所得証明書 前年度(直近分) 市町村役場で発行
給与明細書 直近の3ヶ月以内の
連続2ヶ月分
源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書いずれの書類も用意できない場合のみ

郵送の場合は原本のコピーを1部提出してください。自動契約機の場合は原本を提示、アプリ・メール・FAXの場合は原本を移して送信します。

レイクおまとめローンの借入方法

申し込みをWEB完結で済ませた場合は、後日ローンカードが自宅に送られてきます。ただし、カードが届く前でも指定口座へ振り込み依頼することでお金を振り込んでもらえます。

カードが届くまでにお金が必要な場合はレイクの会員ページにログインして振込依頼をしましょう。

自動契約機で手続きした場合はすぐにカードが発行されATMで借入ができます。

レイクおまとめローン審査基準「こんな人は審査落ちする」

レイクのおまとめローンでどのような人が審査落ちするのか紹介します。

収入に関する審査基準

レイクにおまとめローン利用目的で申し込む場合、安定した収入があることが前提条件です。

決して高給取りでなければいけないわけではありません。毎月1回以上の収入があれば問題ありません。
2ヶ月に1回、3ヶ月に1回など不安定な場合ですと審査落ちする可能性が高いです。

収入の種類

収入の種類によってはレイクの審査に落ちることもあります。

収入の種類 審査通過
給与収入
事業収入
不動産収入
投資収入
アフィリエイト収入
内職収入
年金収入
専業主婦(配偶者に
安定収入あり)

給与収入と事業収入はいずれも安定収入として認められますので審査通過の可能性は高いです。それ以外の収入は評価が低くなる可能性が高いです。

申込金額が高額となるおまとめローンの場合、給与収入と事業収入以外の収入ですと審査通過は難しいと思ったほうが良いでしょう。

レイクは年金収入の方や専業主婦の申し込み可能です。

ただし、どちらも収入それ自体は高額ではないため、借入限度額は50万円以下の少額貸し付けとなりますので、おまとめローンは難しいでしょう。

金融事故に関する審査基準

過去に延滞や金融事故を起こしている場合は審査落ちする可能性が高いです。

レイクの審査では必ず申し込み者の信用情報を確認し、そこで延滞や金融事故の有無をチェックします。

金融事故の種類は下記のとおりです。

金融事故の種類 内容 登録期間
長期延滞 カードローン、キャッシング、クレジットカード等の支払いを3ヶ月以上延滞している 1~5年
債務整理 合法的に借金の支払いを整理する手続き
(任意整理、個人再生、自己破産など)
5~10年
代位弁済 保証会社に返済不能となったローンの支払いを肩代わりしてもらうこと 5年
強制解約 カード会社から一方的に契約解除されること 5年

延滞している分の返済が完了すると、信用情報には延滞解消を示す記録がつきますが、長期延滞の記録はすぐには消えませんので、その間は審査通過はできません。

また延滞が短気であっても、繰り返している場合は審査落ちしますので注意してください。

他社借り入れに関する審査基準

おまとめローンは他社借り入れを一つにまとめるものですが、実は他社借入状況によっては審査に通らないこともあります。また他社借入状況は信用情報に記録されています。

他社借入件数は4社以上あると厳しい

他社借入件数が何件以上あると審査に落ちてしまうのか明確な基準は公開されていませんが、一般的には4社以上から借入しているとおまとめローンでも審査に通るのは難しくなります。

また他社借入金額が年収3分の1を超えている場合も、おまとめ目的でも審査に落ちる可能性が高いです。

返済負担比率が35%を超えると審査落ち

年収に対してローンの年間返済額がいくらあるかという割合を表した数字を返済負担比率と言います。

たとえば年収600万円、年間返済額150万円の人の場合、返済負担比率は25%です。

この返済負担比率が基準をオーバーしていれば審査落ちとなります。

レイクの返済負担比率の基準は当然明確にされていませんが、一般的に返済負担比率が35%を超えると審査にはとおりません。

年間返済額の計算対象となるローンは次のようなものが挙げられます。

  • 住宅ローン、自動車ローン、カードローン、クレジットカードのキャッシング、フリーローンなどローン全般
  • クレジットカードのリボ払い、分割払い
  • 携帯電話、スマホの割賦払い
  • 奨学金

在籍確認に関する審査基準

レイクの審査は仮審査と本審査の2段階に分かれています。本審査で信用情報の照会と提出書類の確認作業が行われ、問題ないと判斷されると勤務先に在籍確認の電話をかけます。

申込時に勤務先情報を申告しますが、その情報をもとに在籍確認の手続きが行われます。大手消費者金融ですと書類で在籍確認してくれることもありますが、レイクでは基本的に勤務先へ電話となります。

在籍確認ができないと審査に落ちます。具体的には、勤務先が実在していない、在籍していない、休職中などが挙げられます。

新生銀行レイクおまとめローンは利用限度額が制限されることもある?

おまとめ目的でレイクのカードローンに申し込みをした場合、条件によっては利用限度額が制限されてしまうこともあります。

利用限度額が制限されるケースとは

下記のような条件に該当する場合、利用限度額が制限される可能性が高いです。

  • 高齢者
  • 年金受給者、専業主婦
  • 年収の3分の1以上の借り入れ
  • パート・アルバイト
  • 勤続年数が1年未満
  • 他社借入件数が多い
  • 軽微な延滞がある
  • 国民健康保険加入者

レイクは70歳まで申し込みが可能ですが、高齢になると高額な借り入れに対する返済は苦しくなる可能性が高いため利用限度額が制限される可能性が高いです。

銀行カードローンは総量規制の対象外となりますが、年収の3分の1は返済能力を図る上で一つの基準とされています。そのため、借入総額が年収の3分の1を超える場合は全額をまとめることができない可能性が高いです。

パート・アルバイトや勤続年数が短いなど収入の安定性が低いと判斷されると利用限度は制限され、全額おまとめできないケースもあります。

新生銀行レイクおまとめローンの返済方法

新生銀行レイクでおまとめした場合の返済方法について見ていきましょう。

レイクおまとめローンの返済方法は5種類

レイクの返済方法は全5種と多彩です。

  • WEB返済
  • レイクATM
  • 提携ATM
  • 自動引落し
  • 銀行振込み

WEB返済はレイク公式サイトから会員ページにログインし、WEB返済から「金融機関名」と「振込したい金額」を入力するだけで簡単に返済できます。

しかも返済にかかる手数料は無料です。銀行の営業時間外であっても即時に返済が反映されますし、WEB環境が整っていればいつでもどこからでも返済できる便利な方法です。

ATM返済は自社・提携にかかわらず利用手数料が無料です。ATM返済の場合、提携ATMは手数料がかかるカードローンが多いですがレイクならコンビニのATMでも無料ですから気軽に利用できます。

毎月の返済日は自分で自由に決めることができますし、返済日の14日前から返済も可能です。返せる時に早く処理したい方におすすめの返済方法です。早く返せばそれだけ利息額は減額されます。

利息の計算方法

レイクのおまとめローンの利息の計算方法は「借入金額×金利÷365日×借り入れ日数」となります。

たとえば、金利15%で100万円の借り入れをした場合の翌月の利息を計算してみましょう。

100万円×15%÷365日×18%=12,328円

1ヶ月後に支払う利息は約12,328円となります。

またレイクの公式サイトにて「返済シミュレーション」という専用のツールが設置されており、自分で計算しなくても月々の返済額と利息総額を簡単に計算してくれます。

(引用元:レイク

上記のように必要事項を入力するだけで毎月の返済金額や総利息額を知ることができます。

下記は100万円を金利15%で借りて、返済回数12回・18回・24回・30回・36回でシミュレートしてみた結果です。

返済回数 毎月の返済額 総返済額 総利息額
12回 91,000円 1,081,217 81,217
18回 63,000円 1,119,742 119,742
24回 49,000円 1,159,044 159,044
30回 41,000円 1,196,816 196,816
36回 35,000円 1,240,405 240,405

どれぐらいの期間で返済していけばよいのか、毎月の返済額はいくらになるのかなど自分の収入に見合った返済プランを立てることができますので、ぜひ活用してみてください。

レイクおまとめローンはどんな人に向いているのか?

新生銀行カードローンレイクは、どんな人におまとめローンとして向いているのでしょうか?

金利を低くできる場合

既存の借入の金利の平均が、おまとめすることで低くできる場合はレイクでおまとめローンを利用することお得にできます。

複数の借入がある場合は、既存のローンの平均金利を計算してください。平均金利は年間利息の合計額を借入残高で割ることで算出することできます。

例)A・B・C3社から借入している場合

A社:金利18% 借入額30万円
B社:金利16% 借入額50万円
C社:金利17% 借入額40万円

A社(30万円×18%)+B社(50万円×16%)+C社(40万円×17%)=202,000円
この利息総額を3社の借入額の合計で割ると、平均金利が分かります。

202,000円÷120万円=約16.8%

この場合、平均金利は16.8%です。

レイクでおまとめする際に適用される金利が16.8%以下であれば利息額を減らすことができ得するということになります。

今回の場合、複数の借入合計額は120万円となります。レイクでは借入額が100万円以上になると適用される金利は強制的に15%にまで引き下げられます。

つまりレイクでおまとめローンを利用すれば確実に金利が下がり利息を抑えることができるということです。

まずは金利の低い銀行カードローンを検討しよう

新生銀行カードローンレイクのデメリットは金利が高いことです。

他の大手銀行カードローンの金利は上限でも14%前後ですから、これに比べてレイクの金利は高いことがわかります。

まずはレイクよりも金利の低い銀行でおまとめローンの利用を検討してみるのが良いでしょう。

それらのローンに申込してみた結果、審査にどうしても通らないようであればレイクにチャレンジしてみるのが良いでしょう。

また大手消費者金融ではおまとめ専用のローンを扱っています。

貸金業者は総量規制の対象ですが、おまとめローンの場合は対象外となりますので年収の3分の1を超える借り入れが可能となります。

おまとめ前提で審査を進めてくれますので、レイクに申込むよりも審査通過の可能性は高いです。

いずれにしても、おまとめローンとして利用するのであればレイクよりも利息額を減らすことができる金融機関はたくさんありますので、安易に決めず色々と比較してから極めるのが良いでしょう。