1. 新生銀行レイクになった経緯は??

新生銀行レイクになった経緯は??

新生銀行のパーソナルローンとして営業しているレイクですが、どのような経緯で新生銀行カードローンとなったのでしょうか。

気になるレイクと新生銀行の関係について調べてみました。

新生銀行と一緒になった経緯は?

新生銀行と一緒になる前は、外資系企業の一部だったレイクですが、転機は2008年に訪れます。

2008年9月に外資系企業から約5800億円で買収し、新生銀行の子会社になったのです。

レイクという名前はキャッシングの名所であって、正式な企業名ではありません。

新生銀行の子会社になった後、レイクの正式名称は新生フィナンシャル株式会社へと変更しました。

その後、2011年10月に新生フィナンシャル株式会社をレイクの保証会社へと変更し、新生銀行のカードローンとして営業を始めたのです。

なぜ新生銀行がレイクを買収した?

レイクは新生銀行と一緒になる前は外資系企業の一部でした。

しかし、経営中に不名誉なことで営業停止となり、経営の抜本的な改革が求められたのです。

そこに新生銀行が名乗りを上げました。

新生銀行に限らず、どこの銀行も当時は個人向け融資に積極的な態度を示していました。

銀行は新たな収入源を求めていて、個人向け融資に大きな期待を抱いていたのです。

外資系企業と新生銀行の思惑が一致し、2008年に大規模な買収が成立しました。

このような経緯から、レイクは新生銀行のカードローンとなったのです。