1. 勤務先や勤務年数は新生銀行カードローン レイクの審査で重要??

勤務先や勤務年数は新生銀行カードローン レイクの審査で重要??

ある程度の年数が過ぎれば、自己破産後でも新生銀行カードローン レイクから借入できるのはお解りいただけたと思います。
しかし、絶対にまた同じ過ちを繰り返さないかと言われると自信がないという方もいらっしゃることでしょう。
新生銀行カードローン レイクから借入ができた暁には、ぜひ計画的な利用を心がけるようにしましょう。

勤務先の規模は関係ある?

よく、自分の勤めている勤務先は小さいところだから審査では不利になるのでは?という声を聞きます。
日本にある会社は名の知れた大企業から数人規模の小さな零細企業まで大小様々です。
聞けば誰でも知っている大手企業に勤めているから審査では有利、零細企業では審査は不利というのは、実はそれほど関係ないのです。
もちろん大手企業であれば給料体系もしっかりしているでしょうし、そう簡単に会社が潰れる心配もありませんから、きちんと支払いをしてくれるという確証は得られやすいです。
しかし、大手企業に勤めている方でも他社に借入が多い人や過去の支払いに問題があったと見受けられれば当然審査では落ちてしまいます。
零細企業でもきちんとお給料をもらっている方が大半ですし、今はベンチャー企業など数人規模の会社でも勢いのある会社はたくさんあります。
ですから、勤務先の規模は審査ではそれほど重要視はしません。

勤務年数は重要!!

一方の勤務年数ですが、こちらは勤務先の規模よりも重要視されるのを覚えておいてください。
なぜ勤務年数が重要なのかというと、
同じ勤務先に長く勤めている=勤務先をコロコロ変えないからきちんと返済してくれる信頼できる人
というように新生銀行カードローン レイクでは捉えているからなのです。
勤務年数1年未満の人に高額のお金を貸しても、本当に返済してくれるのか不安に感じてしまいます。
逆に勤務年数が5年以上と長いと、きちんと仕事をしてお給料をもらっているのだから、返済もちゃんとしてくれるだろうと思うのです。
こういったことから、勤務年数はとても大切です。
特に高額融資の場合は、最低でも5年以上の勤務年数があると望ましいと言われています。
ただし、必ずこの年数が必要ということではありませんので、ご参考までに。