1. レイクは一括返済できる?

レイクは一括返済できる?

ボーナスや臨時収入で、今ある借入金を全てキレイに支払いたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、レイクでは借りたお金をまとめて返済できるのでしょうか。気になるレイクの一括返済について調べてみました。

目 次

レイクの一括返済方法は?

レイクで借りたお金はリボ払いで返済していくのが一般的です。リボ払いは、月々の返済額が少なくて済むので負担が軽くて済むのが良いところです。

しかし、返済期間が延びやすく総利息額が増えやすいというリスクがあります。

そのようなリスクをカバーできるのが「一括返済」です。

ここでは一括返済とはどんな返済方法なのか、レイクで一括返済する方法や注意点について解説していきます。

一括返済とは

一括返済とは、借りたお金(残りの元金)と利息を一括で返すことです。

一括返済に必要なのは返済するお金だけです。

一括返済=契約終了と思っている人もいますが、完済してもお金が必要になったらまた借りることができます。

レイクでは一括返済できる?

レイクから借りているお金を一括返済することはもちろんできます。一括返済する場合、支払う金額は利用残高+支払う日までの利息となります。

レイクは利息を日割り計算で算出していますので、支払う当日の利息までを計算しておかなければなりません。

レイクの会員ページなどで簡単に算出できるようになっていますので、判らない場合はそちらを見てみると良いでしょう。

その際に注意しなければならないのが、支払う当日の利息という点です。

明日支払う予定なのに利息の計算を今の時点で算出してしまうと、1日分の利息が足りないことになってしまいます。

1日分の数円~数十円の利息分が足りないだけでも一括返済とはなりませんので、その点だけは注意しましょう。

どこで一括返済できるの?

レイクでは一括返済ができるのはお解りいただけたと思います。ではどこから一括返済すれば良いのでしょうか。

レイクで一括返済ができる場所は以下の通りです。

  • Web返済
  • レイクATM
  • 銀行振込

上記の場所であれば一括返済ができます。硬貨対応のレイクATMであれば、細かい金額も返済が可能となっています。

また、多めに返済をしてしまった場合でも、預かり金としてレイクが一時的にお金を預かる形で処理されます。

預かり金は後日、本人と連絡の上指定口座に振込などで対応ができますので安心してください。

レイク一括返済の手順

レイクに一括返済する場合、以下の手続きが必要です。

  1. 返済日を決める
  2. 返済額の確認
  3. 返済方法を選ぶ
  4. 返済する

① 返済日を決める

まずは一括返済する日を決めます。レイクは基本的にいつでも一括返済が可能です。

ただし利息は日割り計算になりますので、日を追う毎に支払う利息が増えますので一括返済すると決めたらできるだけ早めに返済することをおすすめします。

② 返済額の確認

返済日が決まったら返済額を確認します。返済額は日を追う毎に変わりますので、その都度確認する必要があります。

一括返済の金額の確認方法は「会員ページで確認する方法」と「電話で確認する方法」があります。

会員ページで確認する場合は、ログイン⇒「確認・変更する」⇒「お取引状況」の手順で確認できます。

電話の場合は、コールセンター(0120-090-09-24)に問い合わせましょう。

なお口座振替で返済していて一括返済する場合は、必ず事前にコールセンターへ連絡する必要があります。

③ 返済方法を選ぶ

一括返済に対応している返済方法は以下の3つです。

  • WEB返済
  • レイクATM
  • 銀行振り込み

そのうち、手数料無料なのは「WEB返済」「レイクATM」です。

④ 返済する

決めた日にちに返済すれば一括返済は完了です。

レイク一括返済はコンビニではできない?

普段の返済にコンビニの提携ATMを利用している人も多いかと思いますが、一括返済には向いていません。なぜなら提携ATMでは硬貨の取り扱いがないからです。

それを知らずに多めに入金してしまった場合、返し過ぎになってしまうことがあります。

たとえば、返済金額は10,500円の場合、コンビニATMで返済する際は11,000円の入金になってしまいます。多く返しすぎてしまった500円分は、後でレイクから返してもらうことになります。

手間にならないよう、一括返済は硬貨入金ができる以下のいずれかの方法で返済するのが良いでしょう。

  • WEB返済
  • レイクATM
  • 銀行振り込み

レイク即日返済のメリット

レイクでお金を借りたときは、多くの人が数回以上にわけて返済します。借りた金額が多ければ一括で返済するのは難しいでしょう。

レイクで借り入れする必要があるということは、まとまったお金を用意できないケースが多いため、少額ずつ返済するのが主流となっています。

しかし、一括返済で得られるメリットは非常に大きいですから、選択肢として考えておきたい方法ではあります。

ここではレイクを一括返済するメリットをご紹介します。一括返済のメリットを理解し、賢く返済しましょう。

メリット1:支払利息の負担を大幅に軽減できる

レイクで一括返済する最大のメリットは「支払利息の負担を大幅に軽減できる」ことです。

カードローンで借りたお金を、利息をつけて返済するのは当然のことですが、できることなら少額で済ませたいもの。カードローンのように金利が高い融資商品ならなおさらです。

毎月少額ずつ返済する場合、借入金額や返済期間、返済の仕方では毎月の返済額に占める利息の割合が元金よりも多くなってしまうこともあります。利息負担が重いと感じるのはそのためです。

しかし、一括返済は同じ金額・同じ金利で借りた場合でも複数回に分けて返済する場合に比べて返済期間が短くなりますので、最終的な利息総額をかなり圧縮できます。

レイクの支払利息は日割り計算で発生していきますので、少しでも利息負担を抑えたいのであれば、返済期間を1日でも短くすることが最も有効的な手段と言えます。

一括返済するということは、全額借り入れが即時になくなることを意味しますので、一括返済以降に発生する予定であった支払利息はゼロになります

カードローンの支払利息は高いですから、一括返済は積極的に検討したいところです。

メリット2:手数料負担と手間を軽減できる

レイクの返済方法は、以下5つから選ぶことができます。

  1. WEB返済
  2. レイクATM
  3. コンビニATM
  4. 口座引き落とし
  5. 銀行振り込み

レイクの返済を分割で行う場合、返済の際に毎回返済時に手数料がかかります。1回の利用でかかる手数料は数百円足らずですが、これを1年2年と続けていけば数千円以上の出費になります。

返済時の利用手数料は利息には直接関係ないため見逃してしまいがちですが、手数料を無くすことができれば節約になることは間違いありません。

幸いレイクが採用している返済方法で手数料が発生するのは銀行振り込みのみとなります。

WEB返済やATMで返済する分には手数料はかかりませんのでさほど気にする必要はないかもしれません。

しかし、一括返済は手数料だけでなく時間も節約することができます。一括返済すればそれ以降は返済する必要がなくなります。

毎回ATMに出向いて返済手続きする手間を考えれば時間節約になることは間違いないでしょう。

メリット3:完済することでけじめがつく!

レイクの借り入れは、月々の返済だけですとなかなか返済が進みません。

また返済すればその分借入枠に余裕ができるので、借り入れできるお金が増えたような錯覚をしてしまい、またお金を借りてしまうという悪循環に陥ってしまう罠もあります。

一括返済することで、レイクの契約は一度まっさらな状態になり気持ちに区切りをつけることができます。

繰り上げ返済でも利息負担を軽減することができますが、借入枠が残っているとどうしてもお金があるという感覚が抜けにくいです。

レイクの賢い利用法は一時的にお金に困ってお金が必要になったとき、それをカバーするために使うことです。お金を借りっぱなし状態は避けるべきことなのです。

また一括返済で早めに残高をリセットしておけば気持ちの面でも楽になり、余裕が持てます。一括返済で完済しておけば急な出費でお金が必要になったときでも安心です。

メリット4:優良顧客と認められ次回借入時の審査に有利

一括返済すれば支払う利息負担を大幅に軽減できますので、利用者にとって大きなメリットと言えます。

裏を返せば、レイクにとって得られる利息が減ってしまうことを意味します。そのため、一括返済をするとレイクの心証を悪くしてしまうのではと考えてしまう人もいるかもしれません。

しかし、実際には借りたお金をきちんと全額返したことにより、優良顧客として認めてもらえます。次回、再度借り入れする際には審査も有利になる上に、場合によっては増額してもらえる可能性も出てきます。

延滞することなく完済した履歴がある人は、そうでない人に比べて増額審査などに通りやすくなるのです。

レイク一括返済は無理をしないこと

ここまでレイクの一括返済するメリットを紹介しましたが、一括返済がいかに魅力的な返済方法であっても、日々の生活に悪影響を与えてしまうようであれば意味がありません。

「一括返済したせいで生活費が足りないからまた借りよう」なんてことにならないように、まずは無理をせずに身の丈に合った金額で返済していくことです。

ボーナスが入ったときなどお金に余裕があるときに一括返済も視野に入れると良いでしょう。

レイク一括返済にはデメリットもある

一括返済はメリットばかりに注目がいきがちですが、デメリットもあります。デメリットを理解した上で一括返済しないと思わぬトラブルを招いてしまう恐れもあります。

一括返済にはどのようなデメリットがあるのかご紹介します。

手持ち現金の余裕がなくなる可能性がある

レイクの残高にもよりますが、一括返済することで確実に手元のお金は減ります。ギリギリの状態で一括返済すれば首が回らなくなる恐れもあります。

中には貯金がある程度まとまってきたから一括返済しようとする人もいますが、これは危険です。たとえば、家族に万が一のことがあってまとまったお金が必要になったときに、現金が手元に無いのは非常に危険です。

自分の貯金をすべて出してまで一括返済しようと考えている人は少し焦り過ぎといえます。

お金がピンチの時にレイクは頼りになりますが、一括返済を優先するがために生活に余裕がなくなりすぎては何のためのキャッシングかわかりません。

一括返済すれば利息を大幅に軽減できますが、目先の利益にとらわれて焦ってしまうと失敗する可能性もあるのです。一括返済するまえに、自身の経済状況を考慮しておくようにしましょう。

一括返済すると利息をいくら節約できる

レイクを一括返済したら利息をいくら節約できるのか?こんな疑問を持っている人もいるでしょう。

一括返済でどの程度の利息額を節約できるのかご紹介します。

30万円を金利18%で借入して、毎月1万円ずつ返済した場合

一括返済期日 利息総額 返済総額 一括返済なしとの
利息差額
一括返済なし 99,463円 399,463円  ー
6ヶ月後 25,368円 325,368円 74,095円
12ヶ月後 47,546円 347,546円 51,917円

6ヶ月後に一括返済した場合、返済合計額は325,368円で、うち支払った利息は25,368円となっています。

一括返済なしと比べると、74,095円の利息節約になります。早期に一括返済したことで、利息削減効果が大きいのがわかります。

12ヶ月後に一括返済した場合、返済合計額は347,546円」で、うち支払った利息は47,546円となっています。一括返済なしと比べると51,917円の利息節約になります。

このように一括返済によるメリットはかなり大きいです。また一括返済するタイミングが早ければ早いほど利息節約の効果は大きいです。

レイクの無利息期間中に一括全額返済で利息は0円!

はじめてレイクを利用する人は「30日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」のサービスを利用できます。無利息期間中は一切利息がかかりません。

無利息サービスを一番オトクに利用したいのであれば、期間中に全額返す一括返済がおすすめです。

給料日前までの生活費の足しにお金を借りたい、今週中にお金が入るけど今手元に必要な分だけのお金がないといった場合に無利息サービスをうまく利用すれば、余計なお金を払わずに必要な金額を用意できます。

レイク一括返済=解約ではない!解約はした方が良いの?

「レイクで一括返済して完済した後はどうなるの?」そんな疑問を持たれる人もいるかと思います。

「完済=解約」と思っているかもしれませんが、レイクを完済したからと言って解約になるわけではありません。完済後もこれまでどおり借り入れすることができます。

今後の予定 解約の有無
レイクの利用予定あり 解約しないでOK
レイクの利用予定なし
または
異なるローンを組む予定
解約すべき

レイクの返済を終えても、近いうちに再度利用する予定や可能性があるなら解約する必要はありません。

もし解約してしまうと、借り入れするには再度審査を受けなければいけません。初回契約と同様の手続きをしなければいけませんし、前回契約時の限度額や金利はリセットされてしまいます。

したがってレイクを近いうちに利用する予定があるなら解約はしないでおきましょう。

今後レイクを利用する予定がない、もしくは異なるローンを組む予定があるならレイクを解約することをおすすめします。

審査では「いくらまで借入可能な状態にあるか」という点をチェックされてしまいます。

たとえ完済していても契約がそのままですと「いずれお金を借りるかもしれないから危険」と判断されてしまうのです。

レイクを即日で一括返済したときの利息はどうなる?

レイクでお金を借りている間は所定の利息がかかりますが、即日で一括返済した場合、利息はどうなるのでしょうか?

ここでは即日の一括返済した際の利息について解説します。

レイク即日一括返済は利息がかからない?

カードローンでは、お金を借りた翌日から金利が発生します。これは民法第140条で定められています。

そのため、お金を借りた当日に一括で全額返済した場合は利息がかかりません。

また銀行の営業時間などの関係で返済が翌日扱いになってしまっても、利息は1日分で済みます。

一括返済じゃなくても即日返済にはメリットあり

即日返済のメリットは、利息を無くすことにあります。

上述のとおり即日で一括返済すれば利息は一切かかりません。では、即日返済は一括でなければ意味が無いのでしょうか?

実は、少額であっても即日返済するメリットはあります。

翌日から始まる金利計算は、借入残高をもとに計算されるからです。即日返済でできる限り借入残高を減らすことができれば、翌日以降に係る利息を減らせます。

これは繰り上げ返済と似た理由です。

毎月定められた返済日とは別にお金に余裕があるときに随時返済していく返済方法を繰り上げ返済と言いますが、繰り上げ返済を行い借入残高を減らすことで利息を軽減でき、元金が早く減りますので完済までの期間が短くなります。

レイクで即日一括返済する際に覚えておきたいこと

利息負担を抑えることが即日一括返済の魅力ですが、実際に即日で返済する際にいくつか覚えておきたいことがあります。

返済時の手数料はかかる

即日返済は利息がかかりませんが、利用手数料まで無料というわけではありません。返済方法によっては手数料がかかります。

レイクの場合、レイクATM・提携ATM・WEB返済は手数料無料ですが、銀行振り込みは振込手数料がかかりますので注意が必要です。

また金額によっても手数料は変わりますのであらかじめ把握しておくと良いでしょう。

返済の時間帯

即日一括返済する際に注意したいのが返済する時間帯です。

翌日に返済した場合はその時点から利息がかかります。返済方法によっては翌日返済扱いになるものがありますので、返済方法には気をつけなければいけません。

銀行振り込みで返済する場合は注意が必要です。銀行振り込みで当日中に反映されるのは平日15時までに振込手続きした分です。

もし15時過ぎや土日祝日時に振込した場合は翌日以降の振込扱いとなってしまい、利息がかかってしまいます。

確実に即日で返済したいのであれば、返済方法はWEB返済もしくはATM返済を利用するのが良いでしょう。

特にWEB返済は受付時間がギリギリであっても場所を選ばずに返済できますので時間に余裕を持って返済できます。

レイクのWEB返済はスマホにも対応していますので、自宅だけでなく電車や外出先からでも気軽に返済可能です。

こんなときに即日一括返済はおすすめ

即日で一括返済するのは、一時的にお金が足りないけど当日中には返済できるときです。たとえば午前中にお金が必要だけど午後には全額返せる見込みがあるときなどです。

即日で一括返済するメリットは大きいですが、一部を即日返済するのも十分メリットがあります。その際は、手数料は返済する時間帯に気をつけて即日返済しましょう。

レイクで一括返済が無理でも繰り上げ返済で利息を節約できる

借入残高すべてを返済することで利息を大幅に節約できる一括返済ですが、残高が多いとそれも難しいですね。

また無理に一括返済して当面の生活費が足らないなんて恐れもありますので、安易に一括返済するのはおすすめしません。

では「利息を減らしたいけど一括返済は無理!」という人は諦めるしかないのかと言われるとそうでもありません。一括返済以外の方法でも利息を節約することは可能です。それが「繰り上げ返済」です。

繰り上げ返済をうまく利用することで利息を減らすことが可能です。

ここではレイクの繰り上げ返済のコツとタイミングについて解説していきます。

繰り上げ返済とは

レイクで借りたお金は、毎月決められた返済日に返済していきます。この返済日に返済するお金は「元金」と「利息」の返済に充てられます。

一方、繰り上げ返済で支払ったお金はすべて「元金」の返済に充てられます。繰り上げ返済は、毎月支払わなければいけない額に追加してお金を返すことです。

繰り上げ返済で支払ったお金は全て元金返済に充てられるということは、予定よりも多く元金が減るため返済期間と最終的に支払う総利息分を減らすことができます。

一括返済ほど利息を節約できないにしても、結果的に大変お得になることに変わりはありません。

繰り上げ返済は積極的に行うと良い

なぜ繰り上げ返済すると利息を減らすことができるのか、その理由はレイクの返済方法に秘密があります。

レイクを利用している人のほとんどが「残高リボルビング方式」で返済していると思いますが、借入残高に応じて毎月の返済額が決まります。

レイクの場合、毎月の最低返済額は下記のとおりです。

利用残高 毎月の最低返済額
1~100,000円 3,000円
100,001~200,000円 5,000円
200,001~300,000円 7,000円
300,001~400,000円 9,000円
400,001~500,000円 12,000円
500,001~600,000円 15,000円
600,001~700,000円 18,000円
700,001~800,000円 20,000円
800,001~900,000円 23,000円
900,001~999,999円 25,000円

利用残高が少なくなるほど毎月の返済額も利息も少なくなっていきます。

加えて残高リボルビング方式は、返済期限が定められておらずだらだらと返済期間が延びやすいです。

繰り上げ返済して元金を減らすと、その分利息も払わなくて済みますので、総利息額を減らす効果が見込めます。

返済金額に占める利息額というのは返済開始直後がもっとも多く、その後返済していくに連れて減っていきます。そのため、繰り上げ返済が早いほど効果が高いです。

繰り上げ返済はどれぐらいお得なの?

繰り上げ返済した場合、通常の返済に比べてどれぐらいお得なのでしょうか?

レイクで10万円を金利18%で借りた場合のそれぞれの総返済額を比較してみましょう。

返済金額 返済回数 総返済額
3,000円 47回 138,781円
5,000円 24回 119,249円
7,000円 17回 113,168円
10,000円 11回 109,018円

最低返済額の3,000円しか返済しなかったら、完済するのに4年もかかり、利息総額は38,781円にもなります。これが10,000円ずつ返済したら、1年以内に完済でき、総利息額は9,018円で済むのです。

繰り上げ返済すれば利息を節約できる

繰り上げ返済をすれば同じ借入額でも返済期間は短くなり、総利息額も少なくすることができます。

しかし繰り上げ返済には注意点もありますので、その点をきちんと理解した上で利用するようにしましょう。

繰り上げ返済の注意点

繰り上げ返済はどのようなことに気をつければよいのでしょうか?繰り上げ返済は支払いした月の返済になります。翌月の返済ではありません。

たとえば、毎月の返済が2万円の場合、前月に追加で1万円支払ったからと言って当月の返済が1万円になるわけではありません。繰り上げ返済した次の月も同様の返済金額となります。

お金に余裕ができたからと言って多額の繰り上げ返済をしてしまい、次の月にお金がなくて返済できないでは意味がありません。

ボーナスなど一時的に収入が増えて多めに支払えるとしても、翌月も最低返済額を払えるように残してから繰り上げ返済するようにしましょう。

繰り上げ返済のコツとタイミング

繰り上げ返済をすれば利息を減らすことができますが、誰もが資金に余裕があるとは限りません。

そのような人におすすめの返済するコツは、毎月の返済とは別に給料などの収入が入ったタイミングで繰り上げ返済することです。

収入が入った時点で少額でも繰り上げ返済して、返済日に再度最低返済額以上を入金します。レイクの金利は日割り計算ですから、借入残高が減ればその分の利息は軽減されます。

収入があっても生活費や公共料金等の支払いがあるから繰り上げ返済は難しいかもしれませんが、収入が入った時点で一度繰り上げ返済しておき、後日どうしてもお金が足りない場合はお金が必要になったときに再度追加融資を受けるようにすれば、それまでの期間の利息は節約できます。

レイクの繰り上げ返済は「口座引き落とし+ATM」が効率的

レイクの効率的な返済方法は、毎月の約定返済を口座引き落としで行い、繰り上げ返済をATMで行う方法です。

口座引き落としは、返済用口座に返済額分を入金しておくだけで自動的に返済してくれますので返済忘れを防止でき確実に返済することができます。

ただし、引き落とされる金額は最低返済額のみと少なく設定されていますので、なかなか元金は減りません。

そこでATM返済の出番です。レイクATMまたは提携ATMは利用手数料が無料で、自分の返済したい金額を入力して入金すると返済完了します。

返したいときに、コンビニなど身近な場所で返済でき利便性が良いと言えます。

一括返済が無理なら繰り上げ返済で無理なく返済するのがおすすめ

一括返済が無理でも、月々の返済を多めにすることはできるという人は繰り上げ返済を視野に入れて利用することです。

最低返済額を月に1度返済していく方法では、返済期間は延びてしまい、利息負担も大きくなりがちです。まずは自分にあったタイミングで繰り上げ返済する習慣を身につけると良いでしょう。

なお新生銀行レイクは、WEB返済、レイクATM、提携ATMなら手数料無料で返済が可能です。いちいち手数料を気にする必要が無いので思い立ったときにすぐ繰り上げ返済できます。