1. 新生銀行カードローン レイクで借りるとデメリットはある?

新生銀行カードローン レイクで借りるとデメリットはある?

困ったときに持っていると便利な新生銀行カードローン レイクカードですが、メリットばかりではなくデメリットもあるのでは?と考えてしまいます。
新生銀行カードローン レイクを利用するにあたり、注意点などはあるのでしょうか。
新生銀行カードローン レイクのデメリットについて調べてみました。

甘い罠には気をつけて!

世の中には悪いことを考える人も多くいるもので、新生銀行カードローン レイクを申し込むにあたり詐欺行為が行われることが希にあります。

「新生銀行カードローン レイクカードの名義を貸すだけで○万円の報酬が得られる!」
「新生銀行カードローン レイクのサービス調査でカードを作ってください。報酬はお支払いします」

などと甘い言葉で勧誘し、アルバイトのような感覚に陥りさせます。
最終的には作ったカードをそのまま取り上げられ、限度額一杯まで使用されてしまい、支払いは自分に請求されるというものです。
カードは手元に無いから支払い義務はないのでは?と勘違いされる方もいらっしゃるようですが、新生銀行カードローン レイクの会員規約にはカードの名義貸し等は禁止されていますし、自分が契約したものは自分で支払うのが原則ですから、支払いの言い逃れはできないのです。
こういった甘い罠を仕掛けている悪い人は実際にいるのだと肝に銘じておいた方が良いでしょう。

ご利用は計画的に

ご利用は計画的に」という言葉をよく見かけると思います。
新生銀行カードローン レイクでは借りたお金の使用使途を定めてはいませんので、借りたお金は借りた本人の自由に使えます。
学費や生活費で利用する人もいますし、旅行や付き合いなどの遊興費に利用する人もいます。
これらの理由でお金を借りる人々は、返済のことを考えて返せる分だけを借りるようにしている方が大多数なのですが、問題はパチンコなどのギャンブルで使う人です。
パチンコなどのギャンブルは、時に我を忘れてしまうことがあります。
「○万円損したから絶対に取り返す!」のような考えになってしまい、手持ちの現金がないと新生銀行カードローン レイクから借りてギャンブルに興じるというものです。
こうなると、後先考えずに借りられるだけ借りるというようになってしまい、後から気づいて後悔をするというパターンになってしまいます。
後悔先に立たずです。
ご利用は計画的にお願いします。