1. 知らないと損!新生銀行カードローン レイクは総量規制対象外!

知らないと損!新生銀行カードローン レイクは総量規制対象外!

総量規制という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
最近出始めた言葉で、キャッシング業界とは切っても切れない言葉です。
もちろん新生銀行カードローン レイクも例外ではありません。
新生銀行カードローン レイクと総量規制の関係について調べてみました。

総量規制とは?

まずは総量規制とはなんなのかを説明したいと思います。
総量規制とは、2010年に改正された貸金業法の中の一つの法律です。
内容は

・年収の三分の一以上の貸付け禁止
・専業主婦の借り入れには夫の同意が必要

などになります。

いずれも、2010年以前にキャッシング業界で多く見受けられた過剰な貸付けを抑制する目的で新たに施行されたものです。
この法律が施行されてから、今まで借り入れできていた人が出来なくなり、大きな社会問題になったのと覚えていますか?
それほどキャッシング業界に大きな衝撃を与えた法律なのです。

総量規制対象外とは?

では表題にもなっている新生銀行カードローン レイクの総量規制対象外とはどんな意味なのでしょうか。
先ほど、総量規制という法律は貸金業法の中の一つの法律だと申し上げました。
年収の三分の一以上の貸付け禁止や専業主婦の借り入れに関しての縛りは、貸金業法に基いて営業をしているキャッシング業者が対象になります。
貸金業法に戻づいて営業をしているキャッシング業者というのは、

消費者金融系
信販系

が主になっています。
では新生銀行カードローン レイクはどうでしょう。
新生銀行カードローン レイクは新生銀行が運営をする新生銀行カードローンという表記です。
銀行は銀行法に基いて営業をしているため、新生銀行カードローン レイクは貸金業法とは何ら関わりがありません。
だから総量規制対象外というわけなのです。

総量規制対象外だと何がお得?

総量規制対象外だと総量規制の縛りがないため、年収の三分の一以上の貸付けでも専業主婦でも問題なく借り入れができるのです。※ご本人あるいは配偶者に安定した収入があることが条件となります
特に専業主婦に関しては、貸金業法に基づく業者からは借り入れが出来なくなっています。
しかし、総量規制対象外の新生銀行カードローン レイクでは専業主婦でも問題なく申込ができるので、今とても注目を集めているのです。