1. 新生銀行カードローンレイクの特徴は?金利・返済・審査を中心に徹底解説!

新生銀行カードローンレイクの特徴は?金利・返済・審査を中心に徹底解説!

選べる2つの無利息サービスでお馴染みの新生銀行が運営する「新生銀行カードローンレイク」。他社にはない強みで数あるカードローンの中でも高い人気を誇っています。

最短50分融資、来店不要で契約、カードレス対応などなど非常に優れたカードローンといえます。

しかし良い面だけ紹介すると、逆に悪い面がないかと気になるところ。

そこで今回は新生銀行レイクの特徴、金利、返済、審査、ATM手数料などメリットだけでなくデメリットも余すことなく紹介していきます。

他社カードローンとの比較もしていますので、どのカードローンに申し込みしようかと迷われている方にもおすすめです。

どんな人に新生銀行レイクがおすすめなのかも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

新生銀行カードローンレイクとは

新生銀行カードローンレイクは、株式会社新生銀行が運営する個人向けのカードローンです。

高い知名度に加え、たくさんの店舗数と自動契約機があることから知っているという人も多いでしょう。

今でこそレイクは銀行カードローンとして運営していますが、GEコンシューマ株式会社を買収し新生フィナンシャル株式会社を設立し、GEコンシューマ株式会社が行なっていた消費者金融部門を、2011年に商標・店舗網・人員を新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンに生まれ変わりました。

満20歳以上70歳以下で安定収入があれば利用可能としており、銀行カードローンながらも審査通過率が高くパートやアルバイトでも利用できると評判です。

銀行なのに即日融資に対応していたり、2つの無利息サービスを選べたりと前身である消費者金融のノウハウとサービスを活かした貸付事業を行っているカードローンです。

新生銀行カードローンレイク基本情報

商品名 新生銀行カードローンレイク
分類 銀行
保証会社 新生フィナンシャル
申込資格 ・満20歳~70歳
・原則安定した収入がある方
借入限度額 1万円以上500万円以内
金利 4.5%~18.0%
遅延損害金 20.0%
審査時間 即時
即日融資
無利息サービス ・5万円まで180日間無利息
・30日間無利息
申し込み方法 スマホ、アプリ、携帯電話、自動契約機、電話、郵送
カードレス契約
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カード、特別永住者証明書、在留カード)
・収入証明書(源泉徴収票、住民税決定通知書、納税通知書、所得証明書、直近3ヶ月以内の連続2ヶ月分の給与明細書)
借り入れ方法 ATM、口座振込み
返済方法 インターネットバンキング、ATM、自動引き落とし、銀行振り込み
返済方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式
返済期日 毎月の返済日を指定可能
利用可能ATM セブン銀行、ローソンATM、E-net
ATM手数料 無料

レイクは選べる2つの無利息サービスが大きなメリットです。30日間または180日間は一切利息が発生しませんので、お得にお金を借りることができます。

またレイクATMだけでなくコンビニなどの提携ATMでも手数料無料なのも嬉しいところ。借り入れや返済の度に手数料を気にする必要がありません。

レイクの申込条件

新生銀行カードローンレイクに申し込めるのは次の条件に該当する人です。

  • 満20歳以上70歳以下
  • 正社員、派遣社員、契約社員、自営業者、パート・アルバイト、主婦、学生

新生銀行カードローンレイクは、幅広い年齢層の人を融資対象として受け入れています。

他社カードローンと比べて年齢制限が高く、60歳以上の方でも借り入れできる可能性があるカードローンです。

年齢以外の条件は他社カードローンと同じです。

レイクを利用する7つのメリット

まずは新生銀行レイクのメリットについて紹介します。

メリット①:銀行なのに最短即日融資が可能!

銀行カードローンというと融資までに時間がかかるイメージが強いですが、レイクは最短即日融資が可能です。急にお金が必要になったときでもすぐに対応できます。

自動契約機を利用した場合、カード発行まで最短50分と業界トップクラスのスピードも魅力的です。受け取ったカードはすぐにATMで利用できます。

しかも自動契約機は夜間も対応していますので、たとえば仕事帰りに立ち寄って契約することも可能です。

対応時間が長いので、自分の都合の良い時間を見つけて即日融資しやすいカードローンといえます。もちろん土日祝日でも即日で融資をうけることができます。

銀行カードローンにありがちな「〇〇銀行の口座が必要」といった条件もありません。

メリット②:来店不要で利用できる

「窓口に行くのが面倒」「来店する時間が取れない」という方に新生銀行レイクはピッタリです。

申込~契約まで全てWEB上で完結できますので来店する必要がありません。

融資は銀行振り込み、返済は口座引き落としで対応できますので家にいながらでもレイクを利用できます。

もちろんスマホ申込にも対応していますので、簡単な操作でお金を借りられます。

メリット③:専業主婦も借りられる!

新生銀行レイクは専業主婦でも借入が可能です。

改正貸金業法により専業主婦は消費者金融から融資をうけることがほぼ無理となりましたが、新生銀行レイクなら融資をうけることが可能です。

配偶者に安定収入があることが条件となりますが、内緒で利用することもできますので気軽に申し込めるのが嬉しいところです。

メリット④:提携ATMも無料で利用OK!

レイクのカードローンはレイクATMだけでなく提携ATMでも利用可能です。

普通、提携ATMは手数料がかかるところですがレイクの場合は提携ATMも無料で利用可能です。

セブン銀行、ローソンATM、E-netと豊富に対応しているので、近くにATMがないから借り入れできないなんてこともありません。

メリット⑤:カードレスで郵送物対策はバッチリ

インターネット普及に伴い、すべての手続をWEB上で完結可能なカードローンが多くなりました。

しかし、実質的にWEB完結と呼べるカードローンは少なく、契約後にローンカードなどの郵送物が送られてきてしまいます。

そんな中、レイクのWEB完結はカードレスに対応しており郵送物なしで利用できます。郵送物なしだから家族にバレないかと心配する必要がありません。

メリット⑥:選べる2つの無利息サービス

新生銀行レイク以外にも無利息サービスを提供しているカードローンは他にもありますが、2種類の無利息サービスを提供しているのは恐らくレイクだけです。

  • 30日間無利息
  • 180日間5万円分無利息

このように2種類の無利息サービスが有り、好きなほうを選ぶことができます。

いずれも初回のみのサービスですが、期間中は一切利息が発生しませんのでぜひ利用したいところです。

メリット⑦:返済サポートが手厚い!

新生銀行レイクは借りた後のサポートにも余念がありません。

  • 返済日を好きな日に指定できる
  • 返済日の変更が可能
  • 返済日の14日前から返済OK
  • 最低返済額を下げられる可能性がある

銀行カードローンは融通が効きにくいところがほとんどですが、上記の通り新生銀行レイクの返済はかなり融通が効きます。

たとえば「今月は返済日までにお金を用意するのが難しい」という場合には、返済日を先延ばしにすると言ったこともできるのもレイクならではと言えますね。

レイクの返済が厳しい時には遠慮なく相談してみると良いでしょう。

レイクにはデメリットもある

逆にどんなデメリットがあるのでしょうか。

銀行なのに金利が高め

銀行カードローンは低金利のイメージが強いですが、全ての銀行がそうというわけではありません。

新生銀行レイクの金利は4.5%~18.0%です。一般的な銀行カードローンの上限金利が14%前後、消費者金融の上限金利は18.0%ですからレイクは消費者金融に近い金利設定です。

ただし、レイクには無利息サービスがありますので、上手く使えば金利のデメリットをカバーすることは十分可能です。

こんな人におすすめしたいカードローン

メリット・デメリットを踏まえた上で、どんな人に新生銀行レイクはおすすめなのか紹介します。

はじめてレイクを利用する

初めてレイクを利用する人であれば、選べる2つの無利息サービスが利用可能です。

2つの無利息プランどちらを選べばよいのか迷うという場合は、レイクのホームページにて返済シミュレーションを使えば、どっちを選ばよいのかすぐに分かります。

ただし、無利息期間経過後は通常通り金利が発生しますので、その点はお忘れなく。

専業主婦

レイクは銀行が運営するカードローンですので専業主婦の借入も可能です。

消費者金融で借りるには配偶者貸付を利用しなければいけず、旦那に内緒にしておくことができませんが、レイクなら配偶者の同意書や収入証明書不要ですから内緒でお金を借りることもできます。

来店せずに利用したい

レイクは、申込~契約、更には融資・返済も家から一歩も外に出ることなく利用可能です。手続きはWEB上で完結できますので、ちょっとした時間にサッと手続きできて便利です。

ATMや自動契約機に行くのが面倒、すべての手続を家にいながら済ませたいという人にもレイクはおすすめです。

すぐにお金を借りたい

新生銀行レイクは仮審査の結果が即時でわかります。

さらに、平日14時までにWEB上で必要書類の確認が完了、もしくは自動契約機の営業時間内にカード受け取りできればその日のうちにお金を借りることができます。

今日中にお金を借りたい、借りられるかどうかすぐに知りたいという人におすすめです。

内緒でお金を借りたい

カードローンは家族や会社の同僚にばれる可能性が少なからずあります。

郵送物や勤務先への在籍確認など内緒で借りるために注意しなければいけないことが幾つかありますが、新生銀行レイクなら内緒で借りるための対策がバッチリ。

カードレスや自動契約機で契約すれば郵送物なしにできますし、相談すれば勤務先への在籍確認の電話をなしにできるなど、内緒でお金を借りるための条件が揃っています。

レイクの公式アプリ「新生銀行L」って何?

新生銀行レイクでは、レイクのサービスをより便利に利用できる公式アプリ「新生銀行L」を提供しています。

新生銀行Lでは主に次のようなことができます。

必要書類の提出

レイクを利用するには審査を受けなければいけません。

審査では運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と、自分自身の年収を証明する収入証明書を提出しなければいけません。

新生銀行Lを使えば、必要書類をスマホのカメラ機能を利用して提出することができます。

お得情報をいち早く受け取れる

新生銀行Lでは、利用限度額の変更や更新などいち早くお知らせしてくれる機能があります。

また近隣のレイク店舗や提携ATMの情報、お得なキャンペーンなどの案内が通知されます。

会員ページにログインできる

新生銀行Lからレイクの会員ページに簡単にログインすることができます。

気軽に借入や返済をすることができたり、利用限度額がどこまで増額できるのかなどを確認できます。パスコード機能が備わっていますので、プライバシー面でも安心です。

返済シミュレーションで簡単に返済計画を立てられる

カードローンを初めて利用するという方は、返済にどれ位の回数が必要なのか、毎月の返済額はいくらになるのか心配になるでしょう。

中には返済計画を立てるのが面倒という人もいるかと思いますが、新生銀行Lを利用すれば、毎月の返済額などシミュレーションすることができ計画を立てやすいです。

女性も安心して借りられるレディースレイクとは

新生銀行レイクでは、女性でも安心して利用できるようにと女性専用申込フリーダイヤル「レディースレイク」が設置されています。

「カードローンを利用したいけど初めてだから不安」「男性担当者に相談するのは嫌だ」という女性のお悩みに応えてくれるサービスです。

借金は非常にデリケートな問題ですから、女性専用のサービスが備わっているのは非常にありがたいですね。

もちろんレディースレイクでも「即日融資」「来店不要」「WEB完結が可能」ですから、誰にも知られることなく借り入れできます。

女性専用申込フリーダイヤル:0120-09-09-88

  • 受付時間:9:00~21:00(毎月第3日曜日は9:00~19:00)
  • 即日振込みは平日14時の申込と必要書類確認の確認が必要

レイクの金利は高い?他社と比較

新生銀行レイクの金利について見ていきましょう。レイクの金利は下記の通りです。

種類 商品名 金利
銀行 新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0%

下記は他社カードローンの金利です。

商品名 金利
銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
りそな銀行カードローン プレミアムカードローン 3.5~12.475%
地方銀行 横浜銀行カードローン 1.9~14.6%
千葉銀行カードローン 1.7~14.8%
スルガ銀行カードローンリザードプラン 3.9~14.9%
静岡銀行カードローン セレカ 4.0~14.5%
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9~14.5%
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8%
じぶん銀行カードローン じぶんローン 1.7~17.5%
住信SBIネット銀行カードローン プレミアムコース 0.99~7.99%
消費者金融 アコム 3.0~18.0%
アイフル 4.5~18.0%
モビット 3.0~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

比較表を見れば分かるように、新生銀行レイクの金利は銀行カードローンではなく消費者金融よりの設定といえます。

銀行カードローン=低金利のイメージが強いですが、全ての銀行カードローンが低金利というわけではありません。

新生銀行レイクのように銀行カードローンでも金利が高いところもあるということは覚えておくと良いでしょう。

新生銀行レイクには無利息サービスがありますが、短期間で完済できるのであれば良いですが高額の借り入れをして長期的に返済していく予定の場合は、他行の銀行カードローンを検討したほうが良いでしょう。

レイクの金利の決め方

新生銀行レイクの金利の決め方は次のとおりです。

  • 契約限度額が200万円以下は基準残高によって決まる
  • 契約限度額が200万円超え契約時の限度額に応じて設定される

新生銀行レイクより引用

契約限度額が200万円以下ですと、利率は借入残高が表の基準残高に達して日に変更となります。

一度でも借入残高が100万円以上になった場合、その後の返済は100万円未満になったとしても適用される利率は変わりません。

契約限度額が200万円超えの場合、契約時の限度額に応じた金利が適用となります。借入残高には一切影響されないということです。

たとえば契約時の限度額が450万円で設定された場合、10万円しか借り入れしなくても金利4.5%で借りることができるということになります。

レイクの借り入れ限度額は最高500万円!

新生銀行カードローンレイクの限度額は「1~500万円」です。

種類 商品名 限度額
銀行 新生銀行
カードローンレイク
1~500万円

下記は他社カードローンの限度額です。

種類 商品名 限度額
銀行 三井住友銀行カードローン 10~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 10~500万円
みずほ銀行カードローン 10~800万円
りそな銀行カードローン プレミアムカードローン 30~800万円
地方銀行 横浜銀行カードローン 10~1000万円
千葉銀行カードローン 10~800万円
スルガ銀行カードローンリザードプラン 10~800万円
静岡銀行カードローン セレカ 10~500万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン 10~800万円
オリックス銀行カードローン 10~800万円
じぶん銀行カードローン じぶんローン 10~800万円
住信SBIネット銀行カードローン プレミアムコース 10~1200万円
消費者金融 アコム 1~800万円
アイフル 1~500万円
モビット 1~800万円
プロミス 1~500万円

銀行カードローンは消費者金融よりも限度額が高いところが多いですが、新生銀行レイクは消費者金融と同等ぐらいとなります。

ただ、最高限度額である500万円を借りられることはまずありませんので、通常の範囲内での利用であれば特に問題はないでしょう。

基本的に初回の限度額は少額設定となり、その後の利用実績に応じて増額していくスタンスです。

レイクで増額するには

新生銀行カードローンレイクは、限度額の増額が可能です。「今の限度額では物足りない」「もう少しお金を借りたい」という場合には増額を検討すると良いでしょう。

ここではレイクで増額する際の手順と条件について見ていきましょう。

レイクの増額条件

新生銀行レイクで増額は誰でもできるわけではありません。増額するにも条件があります。

増額条件の詳細はレイクで公表していないものの、目安となるものが3つありますので紹介します。

① 会員ページに「増額確認」が表示されている

レイクで増額するには、会員ページを開き「お借入可能額」の欄に「増額確認」が表示されているかどうか確認します。

「増額確認」を選択すると、いくらまで増額可能なのかが表示されます。

上記の場合ですと最高200万円まで増額対応可能ということになります。

② 増額審査の案内が来ている

レイクを利用し続けていると、「増額審査を受けることができます」という案内が表示されることがあります。

いくらまで増額可能なのか具体的なことは記載されていませんが、増額できる可能性があるという旨の記載がされています。

案内が来ているということは増額の可能性大ですので、小額の増額を希望されている場合は、ほぼ間違いなく審査に通ることができるでしょう。

③ 半年以上の利用で延滞が一度もない

レイクから増額の案内が来なくても自分から申込して限度額を増やすことは可能です。目安としては半年以上利用し続けてその間に一度も延滞していないことです。

ただし、案内が来ないうちに申込してしまうと減額になる恐れもありますので、案内がきてから申込むほうが安全かと思います。

増額方法は4つ

レイクの増額方法は4つあります。

電話

レイクからの増額案内がない状態で増額申請する方法は電話のみとなります。

増額申込の電話番号は「0120-09—09-24」です。

WEB

最も簡単な申請方法がWEBです。

① 会員サービスにログイン
② 増額メニュー選択
③ 増額申請を行う

以上、3ステップで簡単に増額申請できます。

レイクATM

レイクATMに「増額審査を受けることができます」と表示されていれば、その場で増額審査を受け手続きすることができます。

既にある程度の審査は完了している状態ですので待たされることもありません。

自動契約機

新規申込みと同じ手順で増額申請ができます。

ただし、「増額審査を受けることができます」の表示がない限りは申請はできませんので注意してください。

借り入れ方法

新生銀行レイクの借入方法は2種類です

  • 口座振込み
  • ATM

口座振込みの場合、事前に本任命後の金融機関口座の登録をする必要があります。フリーダイヤル・アプリ・会員サービスにて登録手続き可能です。

口座振込み

パソコン・スマホ・アプリ・携帯電話のいずれかから会員ページにログインし、「即日振込み」メニューから振込依頼をします。

曜日 受付時間
月曜日 1:00~24:00
火曜日~日曜日 0:15~24:00

月曜日と火曜日~日曜日では振込依頼の受付時間が異なりますので間違えないよう注意してください。

振込の受付締め切り時間に注意

新生銀行レイクは平日14:45までに振り込み依頼すると、当日中に振込が可能です。14:45以降や土日祝日になる場合は、翌営業日の振込となりますので注意してください。

また申し込んだその日のうちに振り込みしてもらう場合は、平日14:00までに申込と必要書類の確認の完了が必要となります。

即日融資を希望される場合は、時間内に手続きが完了するようにしましょう。

ATM

レイクATMと提携ATMにてローンカードを使用して借り入れが可能です。レイクATMの利用時間は下記の通りです。

曜日 受付時間
平日・土曜日 7:30~24:00
日曜日・祭日 7:30~22:00

レイクATMでは借り入れ内容の詳細が記載されたレシートが発行されます。また暗証番号の変更可能、1万円札の両替が可能です。利用手数料は時間帯に関係なく無料です。

レイクは提携ATMでの借入も可能です。コンビニと提携金融機関のATMが利用できます。

利用可能な提携ATMと利用時間は下記の通りです。

  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • Eイオン銀行(ミニストップ)
  • E-net(ファミリーマート、サークルKサンクス、デイリーヤマザキ)
曜日 利用時間
月曜日 7時00分~23時50分
火曜日・水曜日 0時10分~23時50分
木曜日 1時30分~23時50分
金曜日 0時10分~23時50分
土曜日 0時10分~23時50分
日曜日・祝日 0時10分~21時00分

近くのレイクATMまたは提携ATMは下記のようにレイクのホームページにて検索可能です。

新生銀行レイクより引用

レイクの返済はメリットだらけ

新生銀行レイクの返済は柔軟さが魅力です。

カードローンは借入までを意識するものの返済は疎かにしてしまう人が多いです。カードローンの返済は返済方法が限定されていたり、やり方が難しいなどして負担に感じやすいです。

レイクの返済はメリットが多く、負担を感じることなく返済することができます。ここからはレイクの返済について見ていきましょう。

レイクの返済方法は選べる5種類

新生銀行レイクの返済は全部で5種類あります。

  • WEB返済
  • 自動引き落とし
  • レイクATM
  • 提携ATM
  • 銀行振り込み

自分の状況に合わせた返済方法を選べるのはありがたいですね。

また返済は「約定返済」の他に「繰り上げ返済」も可能です。お金に余裕がある時に繰り上げ返済すれば予定よりも早く完済することもできます。

WEB返済

新生銀行レイクの返済で一番オススメの方法が「WEB返済」です。

ネット環境さえあれば、「いつでもどこでも」「手数料無料」「営業時間外でも返済OK」といったメリットがあります。

パソコン・スマホ・携帯電話で気軽に返済できます。WEB返済のやり方は下記の通りです。

① 会員ページにログインし「WEB返済サービス」を選択
② 希望の返済額を入力し金融機関を選択
③ 金融機関のサイトにログインし、案内に従って手続き
④ 返済額を確認し振り込み実行

家や外出先でも手続きできる手軽さがWEB返済の魅力です。また金融機関の営業時間を気にすることなく返済できます。

WEB返済に対応した金融機関にて利用可能です。

WEB返済サービス利用可能金融機関一覧はこちら

自動引き落とし

登録した金融機関の口座から、毎月自動引き落としにて手数料無料で返済できます。ATMに行くことなく自動で返済されますので便利です。

引き落としの前日までに指定口座に入金しておけば良いので、うっかり返済忘れを防止できます。

引き落とし日は14日または27日のうち1つを選べます。

レイクATM

レイクATMは夜間・休日も手数料無料で返済できます。

曜日 利用時間
平日・土曜日 7:30~24:00
日曜日・祝日 7:30~22:00
毎月第3日曜日 7:30~20:00

レイクATMはカードがなくても、次の3つの情報があれば返済可能です。

  • 登録の自宅(携帯)の電話番号
  • 生年月日
  • カード暗証番号

うっかりカードを忘れてしまったときでも返済できるのはありがたいですね。レイクATMは硬貨のお釣りが支払い可能ですから、一括返済する際も便利です。

提携ATM

コンビニなどに設置されたATMから手数料無料で返済できます。

種類 ATM
コンビニエンスストア セブン銀行
ローソンATM
イオン銀行(ミニストップ)
E-net(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、セーブオン、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマート)
銀行 セブン銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行

各提携ATMの返済の利用時間は下記の通りです。

曜日 利用時間
月曜日 7時00分~21時00分
火曜日・水曜日 7時00分~21時00分
木曜日 7時00分~21時00分
金曜日 7時00分~21時00分
土曜日 9時00分~17時00分
日曜日・祝日 9時00分~17時00分

※ファミリーマート設置のゆうちょATMを除く

銀行振り込み

レイク指定の口座へ振込することで返済できます。

近くに返済可能な提携ATMやレイク店舗がない場合に、金融機関のATMから振り込みすること返済する方法です。

銀行振り込みで返済する場合、レイクカードは不要です。

ただし、振込み手数料は自己負担となりますので、普段の返済に不向きといえます。

返済日

毎月の返済日は自分の都合に合わせて指定できます。給料日の2,3日後に設定すれば無理なく返済できるでしょう。

また返済日の3日前であれば変更も可能です。返済区拾に間に合わない場合は、会員ページの「ご返済予定日の登録・確認」から返済予定日を変更できます。

ただし、遅れたに数分の遅延損害金は発生しますので注意してください。

初回返済日の決まり方は?

初回の返済日は、借入した日から返済日まで14日間未満・以上かで異なります。

たとえば、次のようなケースで見てみましょう。

  • 毎月21日を返済日として指定し、6日に最初の借り入れをした場合
  • 毎月10日を返済日として指定し、5日に最初の借り入れをした場合

返済日21日で6日に借入した場合、返済日まで14日以上ありますので初回の返済日は借入した月になります。

返済日10日で5日に借入した場合、返済日まで14日未満ですので初回の返済日は翌月の10日になります。

早めの返済には要注意

新生銀行レイクは、指定した返済日よりも早く支払いしても今月分の返済(約定返済)として受け付けてくれます。

返済日当日に支払いできなくても前もって済ませることができるので便利です。ただし、約定返済と随時返済の区切りとなるタイミングに注意しなければいけません。

  • 約定返済:指定した返済日から14日間前
  • 随時返済:指定した返済日から15日以上前

たとえば、毎月の返済日を27日に指定した場合、14日~26日の間であればその月の返済として受け付けてくれます。

これに対し、14日よりも前に返済すると返済日から15日以上前となりますので繰り上げ返済となります。約定返済扱いとなりませんので、また返済しなければいけなくなり大変です。

返済方式は2種類

新生銀行レイクの返済方式は2種類あります。

残高スライドリボルビング方式

元金の残高に応じて毎月の約定返済額が設定される方式

元利定額リボルビング方式

契約額に応じて毎月の返済金額が設定される方式

原則として残高スライドリボルビング方式が適用されます。郵送契約した場合は元利定額リボルビング方式が適用されます。

レイクの最低返済額は3,000円~

毎月の返済はできるだけ無理なく返済したいもの。そんな方にとって毎月の最低返済額は気になるところではないでしょうか?

銀行カードローンでは毎月の最低返済額が1万円以上に設定しているところが多く返済が苦しいなんてことになってしまうこともあります。

新生銀行レイクは銀行カードローンですが、最低返済額は3000円~少ない負担で良心的な金額です。

最低返済額は借入や返済後の利用残高に応じて再設定されます。返済金額が変わるタイミングは、新たに借入れもしくは返済されたときです。

利用残高 毎月の最低返済額
1円~10万円 3000円
10万円~20万円 5000円
20万円~30万円 7000円
30万円~40万円 9000円
40万円~50万円 1万2000円
50万円~60万円 1万5000円
60万円~70万円 1万8000円
70万円~80万円 2万円
80万円~90万円 2万3000円
90万円~99万999円 2万5000円

最低返済額とは文字通り最低でも返済しなければいけない金額のことです。最低返済額が低いと負担が軽く無理なく返済できるというメリットがあります。

その分、元金返済に充てられる分が少ないため完済まで時間がかかりますが、新生銀行レイクでは繰り上げ返済をいつでも手数料無料でできますので柔軟に返済額を変えることができます。

返済が遅れた時はどうすれば良いの?

返済日が到来したにもかからず返済しないでいると、レイクから催促の連絡や遅延損害金が発生します。

遅延が長期化すれば信用情報に事故情報が登録され、新たに借入れができなくなるといったリスクもあります。

返済日は必ず守るようにしたいところですが、どうしても返済日を守れないもしくは守れなさそうな場合はできる限り早くレイクに連絡することです。これを怠ると、レイクからの信用を失ってしまいます。

幸いにもレイクでは返済忘れを防ぐために「メールで返済日お知らせ」「3日前までなら返済日の変更可能」「返済に関する相談受付」といったサービスが用意されています。

返済に不安がある方でも、レイクなら返済トラブルを起こす前に対策を打ちやすいです。

レイクの無利息サービスはお得?他社と徹底比較

レイクと言えば「選べる2つの無利息プラン」、もはや代名詞と言っても過言ではありません。

レイク以外のカードローン会社でも無利息サービスを提供していますが、細かいサービス内容は異なります。

そのため、人によってどの無利息サービスを使えばお得になるのかも異なってきます。

無利息サービスとは?知っておきたい3つの注意点

無利息サービスはその名の通り、一定期間利息0円になるサービスです。

たとえば30日間無利息というサービスであれば、無利息期間開始から30日間は一切利息が発生しません。無利息期間中に完済すれば元金のみの返済で済みます。

そんなお得なサービスですが、利用する上での注意点が3つあります。

  • 無利息開始のタイミングは?
  • 無利息期間中に返済日が到来したら?
  • 延滞するとどうなる?

無利息開始のタイミングは?

無利息期間の開始のタイミングは「契約日の翌日」「初回借入日の翌日」の2種類あります。

レイクの無利息サービスは「契約日の翌日」から始まります。契約から借入れまで間が空いてしまうと、その分無利息期間が減ってしまいますので注意してください。

例)

・契約日の翌日から30日間無利息サービスを利用
・契約日の15日後に借り入れを行った

⇒無利息期間が30日から15日に減ってしまいます。

無利息期間中に返済日が到来したら?

無利息期間中に返済日が到来した場合は、通常通り返済しなければいけません。その際、支払った金額はすべて元金返済に充てられます。

無利息期間終了後は、その時点から借入残高に対し利息が発生します。

延滞するとどうなる?

無利息期間中に返済日が到来したにも関わらず遅延した場合は、翌日から利息が発生します。

延滞すると無利息期間は即終了となります。しかも初日から利息が発生したとして利息を支払わなければいけません。無利息期間中の延滞にはくれぐれも注意しましょう。

レイクの無利息サービスは2種類ある

新生銀行レイクの無利息期間は2種類あります。

  • 5万円まで180日間無利息
  • 30日間無利息

自分の好きな無利息期間を選ぶことができます。

少額ずつ返したいなら「5万円まで180日間無利息」

「5万円まで180日間無利息」は、レイクで借りたお金のうち5万円までは180日間利息がかかりません。

借入額が5万円以下の場合は180日間一切利息がかかりません。5万円を超える場合は、超えた分に対し金利がかかります。

例)

20万円を借り、「5万円まで180日間無利息」を利用する場合

5万円⇒無利息期間が適用される

利息=5万円×18%÷365日×30日=739円
739円が0円になる

15万円⇒金利が適用される

利息=15万円×18%÷365日×30日=2219円

20万円の借入れで1ヶ月後の返済時の利息は2219円となります。

5万円以下に関しては180日間(6ヶ月間)利息がかかりませんので、少額を時間をかけて返済していく人におすすめです。

※「5万円まで180日間無利息」は、限度額が200万円以下の場合に選択可能です。

借りた全額が無利息になる「30日間無利息」

「30日間無利息」は、いくら借りても30日間は利息が一切かかりません。

まとまったお金を借りたい、1ヶ月以内に完済できるという方は30日間無利息で借りるのがお得です。

どっちの無利息がお得なの?

どっちの無利息サービスを選ぶのが良いの?と迷うところかと思います。

レイクのホームページにて、どっちの無利息サービスを選ぶほうがお得になるのかシミュレーションできます。

下記の表は、レイクのシミュレーション結果をまとめたものです。どちらを選べばお得なのか知りたい方は参考にしてください。

5万円 10万円 20万円 30万円 50万円
1回 どちらも0円 30日間 30日間 30日間 30日間
3回 180日間 180日間 30日間 30日間 30日間
6回 180日間 180日間 180日間 30日間 30日間
12回 180日間 180日間 180日間 30日間 30日間
24回 180日間 180日間 180日間 30日間 30日間

30万円以上の借り入れをする場合は、30日間無利息を選んだほうがお得になります。30万以下の借入れをする場合は5万円まで180日間無利息がおすすめです。

他社の無利息サービスと比較

商品名 金利 無利息の適用期間 回数
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 契約日の翌日から30日間 初回のみ
契約日の翌日から180日間 初回のみ
ジャパンネット銀行 2.5%~18.0% 初回借入日から30日間 初回のみ
プロミス 4.5%~17.8% 初回借入日の翌日から30日間 初回のみ
アコム 3.0%~18.0% 契約日の翌日から30日間 初回のみ
アイフル 4.5%~18.0% 契約日の翌日から30日間 初回のみ
ノーローン 4.9%~18.0% 借入日の翌日から7日間 2回目以降は、関西下付きの翌月から利用可能

10万円以下の借入れをした場合はレイクの「5万円まで180日間無利息」が一番お得です。

返済期間が短いうちは大きな差は出ませんが、返済期間が1年以上になると3000円以上、2年以上なら4000円以上の利息節約ができます。

新生銀行カードローンレイクの申し込み方法

新生銀行カードローンレイクの申し込み方法はインターネット・自動契約機・電話・郵送の4種類があります。

種類 商品名 申込み方法
銀行 新生銀行カードローンレイク インターネット
自動契約機
電話
郵送
三菱東京UFJ銀行
カードローンバンクイック
インターネット
テレビ窓口
電話
郵送
みずほ銀行カードローン インターネット
郵送
電話
店頭窓口
三井住友銀行カードローン インターネット
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
消費者金融 アコム インターネット
むじんくん
店頭窓口
電話
郵送
アイフル インターネット
店頭窓口
契約ルーム
電話
モビット インターネット
ローン申込機
電話
郵送
プロミス インターネット
プロミス無人契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送

ではそれぞれの申し込み方法について詳しく見ていきましょう。

WEB

レイクのホームページの「お申込み開始」より申込画面へ進みます。

申し込みフォームで入力する主な項目は次のとおりです。

  • 本人情報(氏名、生年月日など)
  • 住居情報(住所、居住形態、居住年数など)
  • 勤務先情報(雇用形態、勤務先の住所、電話番号、年収など)
  • 他社借入状況
  • その他

必要項目を入力し送信すると、仮審査の結果がすぐに表示されます。大手消費者金融ですと審査結果が出るまで最短30分ですが、レイクは申込完了後すぐに結果が出ます。

ただし、あくまでも仮審査ですから、この後の本審査をクリアできなければ融資をうけることはできません。

WEB申込時の審査受付時間は8:10~21:50(毎月第3日曜日のみ8:10~19:00)となっていますので、時間外に申込した場合は翌営業日にメールで結果が通知されますので注意してください。

審査通過したら、次は契約です。契約方法をWEBもしくは自動契約機のどちらかを選びます。

WEBで契約する方法

WEB契約を選ぶと、借り入れ情報を入力するフォームに移ります。

入力項目は次のとおりです。

  • 希望契約額
  • 振込み希望額
  • 無利息期間選択
  • 振り込み先口座指定
  • 希望返済日指定
  • カードの暗証番号設定
  • その他

入力を完了すると「契約内容確認」画面が表示されますので、内容を確認して問題なければ「申込完了」ボタンをクリックし、書類提出手続きに進みます。

必要書類をカメラで撮影して画像ファイルをメールに添付して送信するかFAXで送信します。

書類提出が完了すると本審査が行われます。審査通過するとレイクから下記のようなメールが届きます。

件名:【レイク】ご契約内容の確認
このたびは新生銀行カードローンレイクにご契約いただき、誠にありがとうございました。
お客様のご契約内容は、レイクのホームページ「会員ページ」でご確認いただけますので、ぜひご覧ください。

契約完了後、指定口座に申込時の希望金額が振込されます。

平日14時までに契約完了した場合は、その日のうちに借入可能です。

自動契約機で契約する方法

審査回答のメッセージ内容を確認し、問題なければ必要書類を持って最寄りのレイク自動契約機に出向きます。

自動契約機で行うことは「必要書類の提出」「契約内容確認書に署名」の2つです。

① 「はじめてのお申込み」を選択
② 「事前に、お申込みがお済みのお客様は『はい』を選択してください」「はい」を選択
③ 必要書類をスキャナーで読み取り
④ 契約書類の署名欄に署名しスキャナーで読み取り
⑤ 契約完了、カード発行

上記のステップを全てクリアすればATMでお金を引き出すことができるようになります。

自動契約機

オペレーターと相談しながら契約したいという方は自動契約機で申込みがおすすめです。

自動契約機のタッチパネルに沿って手続きすれば申込みは完了します。

① 「はじめてのお申込み」を選択
② 「事前に、お申込みがお済みのお客様は『はい』を選択してください」「いいえ」を選択
③ 必要事項を入力
④ 本人確認書類をスキャナーで読み取り
⑤ 審査結果確認
⑥ 契約手続き、カード受け取り

以上のように申込み~カード受取まで全て自動契約機で行うことができます。ただし、自動契約機で申し込みから始めると1時間以上部屋の中にこもらなければいけません。

自動契約機の滞在時間をできるだけ短くしたいのであれば、事前にWEBで申し込みを済ませておくのが良いでしょう。

自動契約機の営業時間は下記の通りです。

曜日 営業時間
平日・土曜日 8:45~24:00
日曜日・祝日 8:45~22:00
毎月第3日曜日 8:45~19:00

電話

レイクのフリーダイヤルに電話して申し込む方法です。オペレーターに相談しながら申込むことができます。

電話申し込みでできるのは仮審査までとなり、必要書類の提出・契約手続き・借り入れなどの作業はレイクのホームページまたは自動契約機で行う必要があります。

電話申し込みの審査回答時間は9:00~21:00となります。

郵送

レイクから「入会申込書」を送付してもらい、手書きで記入して申し込む方法です。郵送申し込みは1番手間と時間がかかる申し込み方法です。

郵送以外の申し込み方法なら仮審査の結果は即時対応

レイクは郵送以外の申し込み方法なら、申込完了後即時で仮審査の結果が出ます。

ホームページの場合は画面上に表示、自動契約機は画面上に表示、電話は口頭で結果を教えてもらえます。

仮審査の後に本審査がありますが、本審査の結果回答時間は最短30分となります。

仮審査を通っても本審査を通らなければ融資をうけることはできませんが、申込時の申告内容や提出書類に不備がなければ、仮審査と本審査の結果が大きく異なることはありません。

更に、平日14時までに必要書類の確認が完了できれば即日で口座振込みが可能です。平日14時以降でも当日中にローンカードを受取できればATMで即日融資も可能です。

審査が不安な人は「お借入れ診断」&「3分相談」

新生銀行レイクの公式ホームページでは、借入可能かどうかを簡単に判断してくれる「お借入れ診断」というサービスがあります。

入力項目は「生年月日」「本人年収」「他社からの借入件数」「他社からの借入金額」の4つです。入力を終えるとすぐに診断結果が表示されます。

簡易的な診断であり本審査の結果を保障するものではありませんが、審査が不安という方は申し込み前に一度試してみると良いでしょう。

またレイクのフリーコールにて「3分診断」というサービスも行っています。「お借入れ診断」以上に正確に診断してくれます。項目は全部で7つあり、利用可能額の目安も知ることができます。

申込に必要な書類は?収入証明書は不要?

レイクの申込で必要な書類は次の2つです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

本人確認書類は運転免許証やパスポートなど、すぐに用意することができるものでOKです。

収入証明書は源泉徴収票や給与明細書など、普段持ち歩かないようなものばかりですので用意するのが面倒と言えます。

レイクで使える本人確認書類

レイクで本人確認書として使えるのは次の5つです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知書は無効)
  • パスポート
  • 健康保険証(別途で現住所のわかる書類が必要)
  • 本人確認書+在留資格を証明する書類(外国籍の人)

本人確認書の住所と現住所が違う場合

本人確認書に記載されている住所と現住所が異なる場合は、現住所が確認できる書類を一緒に提出する必要があります。

  • 公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

健康保険証を提出する場合は、別途で現住所が分かる書類も一緒に提出しなければいけませんので注意してください。

50万円以上の借り入れは収入証明書も必要

利用限度額50万円以上を希望する場合は、本人確認書類の他に収入証明書の提出も必要です。
収入証明書として有効な書類は次の5つです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近3ヶ月以内の連続2ヶ月分)
  • 課税証明書(所得証明書)
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書

いずれも直近の書類を提出してください。

書類の提出はおどろくほどカンタン!

必要書類の提出は、スマホやデジカメで撮影しスマホアプリにアップロードまたはメールに画像添付して送信するだけです。

収入証明書も同様に提出可能です。

レイクで即日融資!申込んだその日にお金を借りるには

新生銀行レイクでは申込んだその日にお金を借りられる「即日融資」に対応しています。即日融資の方法は主に2パターンあります。

  • WEB完結
  • 自動契約機

それぞれのやり方と注意点について見ていきましょう。

WEB完結で即日融資

WEB完結はインターネット環境さえあればどこからでも即日でお金を借りることができます。WEB完結で即日融資するには次の条件をクリアする必要がありますので必ず確認しておきましょう。

  • 申し込み日が平日であること
  • 14時までに提出書類の確認が完了していること

契約が完了すると、指定口座にレイクから振込融資が実施されますので、手元にレイクカードがなくても問題ありません。

14時がタイムリミットということを考えると、遅くても12時までに申し込みを済ませるのがベストです。

申し込み~融資までの流れは次のとおりです。

① レイク公式サイトから申し込み
② 審査結果の確認・振り込み先の指定
③ 必要書類提出
④ 会員ページから振込依頼

契約完了後に自分で振込依頼をしないと指定口座にお金が振り込まれませんので注意してください。また、当日の振り込み受付は14:45までとなりますので、時間内に振込依頼するのも忘れないようにしましょう。

自動契約機で即日融資

平日14時を過ぎてしまうと振込みでの即日融資は不可となります。そのような場合は、自動契約機を使って申込すると良いでしょう。

自動契約機を使う場合でも申し込みはWEBで済ませておくのがおすすめです。

自動契約機で申込すると、自動契約機の中に1時間以上こもらなければいけないからです。しかも審査落ちとなれば無駄足に終わってしまいます。

効率よく融資を受けるためにも、WEBで申し込み⇒自動契約機で契約の流れで進めるのが良いでしょう。

自動契約機の即日融資は21時がタイムリミット

レイクATMの営業時間は平日・土曜は24時まで、日曜・祝日は22時までです。

しかし、はじめてレイクで借り入れする人に限り、契約当日の借り入れは21時までとなります。21時以降はレイクATMでも借り入れはできなくなります。

契約当日中にお金を借りるのであれば、21時までに借り入れを完了しなければいけませんので、遅くても20:30までにはカード受け取りまで完了できるようにしましょう。

自動契約機の即日融資の流れは次のとおりです。

① レイク公式サイトから申し込み
② 審査結果の確認、自動契約機へ来店
③ 自動契約機で必要書類提出
④ 契約完了、カード受け取り

受け取ったカードは、そのまま併設されたレイクATMで現金を引き出すことができます。

レイクの気になる審査基準は?

レイクに申込む上で誰もが気になっているのが「審査基準」ではないでしょうか?

銀行カードローンは審査が厳しいところが多いので、審査が不安という方は多いかと思います。しかし、新生銀行レイクの審査基準はそれほど厳しくないと推測されます。

その理由に下記の2つが挙げられます。

理由①:保証会社が新生フィナンシャル株式会社
理由②:金利が高い

理由その①:審査を受け持つのは「新生フィナンシャル株式会社」

銀行カードローンの審査基準を知る手がかりの1つに「保証会社がどこか?」とういうことが挙げられます。銀行カードローンの場合、申込者に融資できるかどうかチェックするのは保証会社なのです。

新生銀行レイクの保証会社は「新生フィナンシャル株式会社」です。

新生フィナンシャル株式会社は、オリックス銀行カードローンの保証会社を請け負っています。実はオリックス銀行カードローンは、新生フィナンシャル株式会社が保証会社として入るまでは「年収200万円以上」という申し込み条件がありましたが、新生フィナンシャル株式会社が保証会社として入ってからは、この条件をなくしています。

つまり低収入の方にも積極的に融資して守られるということが推測できます。審査はそこまで厳しくならないといえるでしょう。

理由その②:消費者金融並みに金利が高い

新生銀行レイクの金利は4.5%~18.0%です。これは消費者金融の金利と同等であり銀行カードローンとして高めの金利水準です。

銀行カードローンの審査が厳しいのは金利が低いことが大きく関係していますので、それを考えると最高金利が消費者金融並みに高めに設定されているレイクは、お金を貸す人の門戸を広げているということに他なりません。

レイクは在籍確認あり?なし?

新生銀行レイクでは在籍確認はあるのでしょうか?

また在籍確認がある場合はどのようにして行われるのでしょうか?

レイクの在籍確認について見ていきましょう。

基本は職場へ電話連絡

新生銀行レイクでは審査時に在籍確認を行います。

基本的に在籍確認は勤務先への電話連絡となります。

カードローン審査では在籍確認が必須とされていますが、レイクの場合は審査結果によっては在籍確認の電話をしないこともあります。

ただし、どういう条件のもとで在籍確認の電話がなしになるのかは明確にされていませんので、基本的には在籍確認はあると思ったほうが良いでしょう。

レイクの在籍確認は個人名だから安心

勤務先へ電話されるとばれると不安になるかもしれませんが、レイクでは職場の同僚にカードローンの利用がばれないように配慮してくれます。

電話では個人名を名乗ります。

審査担当者「もしもし、鈴木(担当者名)と申しますが、田中(申込者名)さんはいらっしゃいますか?」

会社によっては個人名を名乗る電話には応対してくれないところもあるかと思いますが、レイクの場合は希望があれば銀行名を名乗ってもらうこともできます。

その場合は、申込の際に会社名を名乗るように伝えるだけでOKです。

本人がいなくてもOK!

在籍確認は申込者本人がでなければいけないというわけではありません。

あくまでも申し込み者が申告した会社に在籍していることを確認できればよいだけであり、在籍している会社で電話応対しないといけないわけではないので安心してください。

下記のような感じで、本人が電話にでれなくても在籍していることがわかればOKです。

審査担当者「もしもし、鈴木(担当者名)と申しますが、田中(申込者名)さんはいらっしゃいますか?」

従業員「田中は只今、席を外しております」

審査担当者「ご不在ですか。では、もう一度本人の携帯に電話をかけてみます。お手数おかけしました。」

従業員によっては用件を尋ねることもありますが、その際も審査担当者はカードローンの在籍確認であることは伝えませんので安心してください。

本人が電話に出た場合、それだけで在籍確認は完了です。

カードローン会社によっては生年月日や住所を聞かれることもありますが、レイクではそのようなことはしませんので、会話内容を従業員に聞かれてばれてしまうようなこともありません。

レイクの在籍確認は時間指定ができます。どうしても電話に自分で出たいという場合は、申込完了後にレイクに電話して在籍確認の時間について相談すると良いでしょう。

雇用形態別!レイクの在籍確認のポイント解説

在籍確認をクリアできないとカードローン契約はできません。

ここでは在籍確認で注意すべきポイント雇用形態別で解説します。

正社員は部署もしっかり伝える

正社員として働いている方は、自分の部署までスムーズに電話連絡ができるようにしましょう。

特に部署がいくつもある職場ですと上手く取次できず在籍確認できないなんてことも起こりうりますので、申し込み書には所属部署もきちんと申告するようにしてください。

派遣社員は派遣元に電話がかかってくる

新生銀行レイクの場合、派遣社員の在籍確認の電話は派遣元に行います。派遣先ではないので間違えないように注意しましょう。

また派遣元の社員は派遣社員のことを把握できていない可能性が高いですから、在籍確認がされるまえに派遣元に電話して在籍確認の電話があることを伝えておくのが良いでしょう。

パート・アルバイトは電話のタイミングに注意

パート・アルバイトの方は、電話してもらうタイミングに気を付けてください。

忙しい時間帯に電話されてしまうと他の人に迷惑をかけてしまう恐れがありますので、何時頃なら電話しても大丈夫なのか、逆に何時頃は電話を避けてほしいのかきちんと伝えましょう。

書類で在籍確認できる?

銀行カードローンでは在籍確認を電話以外の方法で行うところはほとんどありません。消費者金融であれば書類で在籍確認もしてくれますが、銀行では基本的に勤務先への電話連絡以外の方法はないです。

しかしレイクは、書類だけで在籍確認してくれる可能性があります。

「職場に電話してほしくない」ことを伝えると、「書類のみでの在籍確認もできるか審査することもできます」と答えてくれます。

書類で在籍確認してもらいたい場合は、必ず申込完了後にレイクに電話して相談する必要があります。これをしなかった場合は勤務先への電話確認となりますので注意してください。

書類で在籍確認する場合は次の2つの書類を提出する必要があります。

  • 社会保険証
  • 収入証明書

レイクの成約率は高い?

新生銀行レイクでは業績情報としてカードローンの成約率を公表しています。銀行カードローンで成約率を公表しているのは恐らくレイクぐらいでしょう。

レイクの成約率を他社カードローンと比較してみましょう

業者名 成約率※
新生銀行レイク 36.6%
プロミス 42.75%
アコム 48.0%
アイフル 45.3%

※成約率は2016年4月~2017年3月までの平均値です

大手消費者金融であるプロミス・アコム・アイフルの3社には劣りますが、それでも35%超と銀行カードローンの中では高い数値と言えます。

レイクの店舗数は?

業者名 有人店舗数 無人契約機の設置数
新生銀行レイク 0 798
アコム 22 1046
アイフル 25 625
プロミス 18 945
三菱東京UFJ銀行 672 627
三井住友銀行 467 1382
みずほ銀行 462 0

レイクは有人店舗がありません。店舗で契約する場合は、無人契約機で行うことになります。

アコムほどではないにしろ約800台近くの無人契約機が全国各地に設置されており、比較的容易にアクセスできます。近くに無人契約機がなくて契約できないなんて可能性は低いのではないでしょうか。

最寄りのレイク無人契約機を探すには、レイクの「店舗・ATMのご案内」を利用すると便利です。

レイクの店舗・ATMの検索はこちら

営業時間

レイクの営業時間について紹介します。

サービス名 営業時間
自動契約機 平日・土曜:8:00~24:00
日曜・祝日:8:00~22:00
毎月第3日曜:8:00~19:00
レイクATM 平日・土曜:7:30~24:00
日曜・祝日:7:30~22:00
毎月第3日曜:7:30~20:00
電話(申込) 通常時間帯:9:00~21:00
毎月第3日曜:9:00~19:00
電話(はじめての利用) 24時間受付
電話(既存客:オペレーター) 平日9:00~18:00
電話(既存客:自動音声) 24時間受付

まとめ

最後に新生銀行レイクのメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

メリット

  • 最短即日融資が可能!
  • 来店不要で利用できる
  • 専業主婦も借りられる!
  • 提携ATMも無料で利用できる
  • カードレスで契約可能
  • 選べる2つの無利息サービス
  • 返済サポートが手厚い!

新生銀行レイクは最短即日融資が可能です。しかもカード発行までは最短50分で完了することも可能としており、業界トップクラスのスピードを誇ります。

急いでお金を借りたいという人におすすめです。

来店不要、カードレスで契約可能など内緒で借りるためのサポートも手厚いのも魅力です。在籍確認を書類で対応してくれることもありますので、誰にも知られずお金を借りることもできます。

デメリット

  • 銀行なのに金利が高い

レイクの金利は4.5%~18.0%。銀行カードローンなのに金利が高いです。

高額な借り入れを希望しており尚且つ長期間に渡り返済するという場合は、レイクのカードローンは不向きと言えるでしょう。