1. レイクは土日も即日で審査・借入OK!休みの日でもキャシングするコツ

レイクは土日も即日で審査・借入OK!休みの日でもキャシングするコツ

土日や祝日に急にお金が必要になったとき、手元にお金がなくてピンチでも新生銀行カードローンレイクなら即日でお金を借りることが可能です。

一般的な銀行カードローンですと土日祝日の当日対応はしていませんが、レイクなら休みの日でも即日対応してくれる頼れる一枚です。

今回は、土日祝日に新生銀行レイクでキャッシングするコツをご紹介します。

レイク土日に審査を受けるならWEB申し込みがおすすめ!

新生銀行レイクには「WEB申し込み」「自動契約機」「電話」「郵送」の4つの申込み方法が用意されています。この中で土日におすすめの申し込み方法がWEB申し込みです。

WEB申し込みであれば、24時間365日いつでもどこからでも申込みが可能ですし、審査通過後はレイク自動契約機に出向いて必要書類の提出と契約をすればよいだけになります。

ただしWEB申込みが24時間365日いつでもOKといっても、審査受付時間は決められていますので、即日でお金を借りたい場合はその時間内に審査を完了させなければいけません。

レイクの審査回答時間は下記のとおりです。

通常時間帯 8時10分~21時50分
毎月第3日曜日 8時10分~19時

特に注意したいのが第3日曜日です。この日だけは審査回答時間が通常よりも3時間近く短くなります。

また、レイクは仮審査こそすぐに結果がわかりますが本審査の結果がでるまでに1時間以上かかります。

即日融資のタイムリミットは22時となりますので、たとえば21時に申し込みした場合、間に合わない可能性が高いです。

即日融資を希望するのであれば、時間に余裕を持って申込むようにしましょう。申込みは遅くても19時30分ぐらいまでに済ませておくのが理想と言えます。

ちなみに「自動契約機で申込んだほうが早いんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。もちろんレイクの自動契約機は土日祝日でも申込可能です。

しかし、自動契約機はWEB申し込みと違い申し込みできる時間帯が限られています。

平日・土曜日 8時45分~24時
日曜日・祝日 8時45分~22時
毎月第3日曜日 8時45分~19時

また自動契約機で申込する場合、スマホやパソコンのように入力方式ではなく申し込み書による手書きで記入となります。

一度自動契約機の中に入室したら審査結果がでるまで外にでることはできませんし、必要書類に不備があれば自宅に取りに戻らなければいけません。

最悪の場合、審査落ちして無駄足に終わってしまうこともあります。

WEB申込みであれば申込み~仮審査結果の受取りまで自宅で完了でき、自動契約機の欠点をクリアできます。

レイク土日は審査に時間がかかる?

土日はカードローン審査に時間がかかる、そんなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、土日であろうと審査にかかる時間は平日と変わりません。

通常通り、仮審査の結果は申込み完了画面に表示されますし、本審査の結果は最短1時間程度でわかります。

ただし、土日は平日に比べて申込みが込み合う可能性が高いです。申込する人が多ければどうしても審査に時間がかかりますので、時間に余裕を持って申込むことをおすすめします。

レイク土日の審査を素早く終わらせるために提出書類をバッチリ準備しておくこと!

新生銀行レイクの審査を受ける上で提出する書類があります。

それは「本人確認書類」と「収入証明書」です。

本人確認書類は要するに身分証明書のことで、者本人がレイクに申し込みしていることを確認するために必ず必要な書類です。

本人確認書類は原則として「運転免許証」を提出しますが、持っていない場合は「健康保険証」「パスポート」「マイナンバーカード」でも問題ありません。

マイナンバーカードを身分証明書として認めているカードローンはまだまだ少ないですから、対応してくれるのはありがたいですね。

なお外国籍の方は上記書類に加え「在留カード」「特別永住者証明書」のいずれかも提出してください。

もし本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合は、下記のいずれかの書類も合わせて提出しなければいけません。

  • 公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

いずれも発行日から6ヶ月以内のものに限ります。

限度額50万円以上の借り入れを希望する場合は収入証明書も提出しなければいけません。

レイクは以前まで限度額100万円以上で収入証明書が必要でしたが、銀行の過剰貸付問題により自主規制を取る形で収入証明書の提出条件を100万円から50万円にまで引き下げていますので、間違えないよう注意してください。

収入証明書として有効な書類は次の4つです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書

上記のうちいずれの書類も提出が困難な場合は、直近3ヶ月以内の連続2ヶ月分の給与明細書を提出してください。

本人確認書類はすぐ提出できるかと思いますが、収入証明書はきちんと保管しておく人のほうが少ないでしょうから、いざ必要となった時書類が見つからないと慌ててしまう可能性がありますので、必ず準備しておきましょう。

レイク土日の在籍確認はどうなる?

レイクは土日であっても通常通り在籍確認が行われます。

レイクに申込すると、まず始めに本人確認が行われます。確認方法は基本的に申し込み者の携帯電話に電話をかけます。自宅の固定電話にかけてくることはまずありません。

在籍確認は本審査の過程で行われます。申込時に申告した勤務先の電話番号に電話する形で確認します。

しかし土日は会社が休みで出勤しないから電話応対できないけど、と思う人もいるかもしれませんが、その心配は無用です。

在籍確認は申し込み者本人が対応しないといけないわけではありません。会社の同僚が電話にでて応対してくれればそれでOKなのです。

「〇〇は、本日は休みです」とその会社にいることを前提とした返答をしてもらえれば問題ありません。

またレイクの在籍確認によって会社にバレるのではないか?心配される人もいますが、レイクは在籍確認の際に「レイクの〇〇ですが・・・」と名乗るようなことは絶対にしません。このように本人以外に借金している事実を暗に知らせてしまう行為は法律違反だからです。そのため、レイクでは基本的に担当者の個人名を名乗ります。

用件を聞かれても上手くごまかしてくれますので、職場の同僚にキャッシングの利用がばれる可能性は低いですから安心して良いでしょう。

土日休みの会社は在籍確認できるの?

自分が休みでも会社が営業中であれば土日祝日でも在籍確認は電話でできますが、会社そのものが休日の場合はどうすれば良いのでしょうか?

このような場合、レイクが取る行動は主に3つ挙げられます。

  • 休み明けに電話して在籍確認する
  • 在籍確認なしで融資する
  • 書類で在籍確認する

一般的なカードローンのように休み明けに再度電話して在籍確認するケースがあります。

特に急いでいない場合はこのような対応でも問題ありませんが、即日でお金を借りたい場合は時間がかかりますので困ってしまいますね。

レイクは審査の結果次第では在籍確認をカットする場合があります。その基準は明確ではないので、この方法は正直期待できません。

最後に書類で在籍確認する方法です。実はレイクは銀行カードローンでは珍しく、書類で在籍確認してくれることがあるのです。その場合「社会保険証」「給与明細書」の2点を提出することになります。

もし土日休みの会社に勤めていて、即日融資を希望するのであれば書類で在籍確認できないかレイクにお願いしてみると良いでしょう。

ただし、希望すれば必ず書類で在籍確認してくれるわけではありません。

あくまで審査担当者の裁量に委ねられますので、休み明けに電話して在籍確認になることもありますので、その点を承知の上で書類確認できないか相談してみてください。

新生銀行レイクで土日に即日融資するコツ

新生銀行レイクは土日祝日でも即日融資が可能です。

一般的な銀行カードローンでは、土日の即日融資に対応していませんので土日でも借りられるのはありがたいですね。

新生銀行レイクで土日に即日融資するコツは次の4つです。

  • お借入れ診断を利用する
  • 必要書類の準備
  • レイク自動契約機の検索
  • 早い時間帯に申込み

レイクお借入れ診断は融資可否の目安になる

レイクには4つの項目に答えるだけで融資可能か否か判断してくれる「お借入れ診断」というサービスがあります。

お借入れ診断では個人信用情報機関に照会しませんし、記録もされません。何回やっても審査へ影響することはありません。

レイクの審査に通りたいのであれば、とりあえず試してみるほうが良いでしょう。

ただしレイクのお借入れ診断は絶対ではありません。お借入れ診断で「融資の可能性がある」とでても、本審査に申込んだ場合と同じになるとは限りません。

本審査では30項目以上の情報を元に総合的に判断するのに対し、お借入れ診断はたったの4項目しかありません。そのため、本審査と同じような結果になるとは限りません。

実際にお借入れ診断で融資可能とでたのに、本審査に落ちるということはあります。

だからといってレイクのお借入れ診断が無駄というわけではありません。お借入れ診断で融資が難しいとでた場合は、ほぼ間違いなく本審査でも落ちることが予想されます。

つまり、レイクのお借入れ診断を使って、自分は審査通過の見込みがあるのか無いのか、ある程度の予測をすることができ、無駄に信用情報に傷をつけるのを防ぐことができるのです。

レイクは銀行カードローンですから総量規制対象外ですが、借入限度額は年収の2分の1までが限界としています。

試しに年収300万円で借り入れ合計額150万円で診断すると融資可能となりますが、借り入れ合計額160万円にすると融資は難しいとなります。

同様に年収の2分の1以上の借り入れがあると融資は難しいとでます。

もし現在の段階で年収2分の1以上の借り入れがある場合はレイクの審査を通過するのは難しいでしょう。

お借入れ診断は借り入れできるかの目安になりますので、申込する前に一度試してみておくと良いでしょう。

必要書類で特に注意したいのは現住所の記載と収入証明書の準備

レイクの審査で必要な書類は原則として本人確認書類です。

運転免許証や健康保険証など普段皆さんが持ち歩いているような身分証明書だけでレイクに申込むことができます。しかしここで注意したいのが記載住所です。

特に引越ししたばかりという人は、免許の住所書き換えを済ませていない可能性があります。もし現住所と違う場合は、現住所がわかる書類もあわせて提出しなければいけませんので準備が必要です。

またレイクは限度額100万円以上から50万円以上にまで収入証明書の提出条件が変更になっています。

知らずに申し込んで収入証明書を用意してなかったから即日融資できなかったなんてことにならないよう、事前に必ず準備しておきましょう。

もし手元に提出できる収入証明書がないという場合は、再発行手続きをするもしくは収入証明書が不要な限度額で申込むようにしましょう。

再発行となると土日に即日で対応してくれるケースは少ないですから、収入証明書不要な金額で申込むのが良いでしょう。

また土日休みに会社ですと書類で在籍確認してもらうために「社会保険証」と「給与明細書」の準備も忘れないようにしましょう。

ただし、必ず書類で在籍確認してくれるわけではありませんので、あらかじめレイクに相談しておくことをおすすめします。

レイク土日の即日融資は自動契約機が必須!最寄りの設置場所をあらかじめ把握しておくこと

レイクで土日祝日に即日融資する方法はATMのみとなります。そのためには、即日でカードを発行してもらう必要があり、自動契約機を利用しなければいけません。

レイクの自動契約機は全国各地に設置されており数は多いですが、地域によって差がありますので、あらかじめ最寄りの自動契約機の設置場所を把握しておくと良いでしょう。

レイク公式サイトにて最寄りの自動契約機の設置場所を検索できますのでぜひ利用してください。

レイクへの申込みは遅くても19時までに済ませる

新生銀行レイクは申込み~カード発行まで最短50分とかなり早いです。しかし、それはあくまで最短の時間でありスムーズに手続きできた場合です。

実際に手続きにかかる時間は平均して2時間弱です。

その日のうちに契約まで完了しなければ即日融資できません。審査回答時間は決まっていますから、場合によっては翌日以降の融資になってしまうこともあるわけです。

そうならないためにも、できる限り早くに申込するのが望ましいです。

申込する時間は早ければ早いほど良いです。できればお昼までには申込み完了しておきたいところです。

自動契約機での即日融資は22時がタイムリミットですから、それに間に合わせるためにも遅くても19時までには申し込みしておくようにしましょう。

土日の即日融資の流れ

新生銀行レイクで土日に即日融資する流れは下記のとおりです。

① 19時までにWEB申込み
② 審査(最短30分)
③ 必要書類を持って自動契約機に来店
④ 必要書類提出
⑤ 本審査
⑥ 在籍確認
⑦ 契約
⑧ カード受け取り
⑨ ATMでキャッシング

新生銀行レイクの即日融資の方法は大手消費者金融とさほど違いはありません。

注意点としては「19時までに申込すること」「22時までにATMで借り入れすること」です。

休日は申し込み者が多いため、審査に時間がかかる可能性が高いです。本審査は1時間近くかかります。

更に移動時間や、万が一他の誰かがレイクの自動契約機を使っていたときのことを考えると遅くても19時までに申し込みしないと間に合わないでしょう。

また会社の終業時間に合わせて申込することも忘れないようにしましょう。仮に19時までに申込しても、勤務先へ在籍確認できなければ意味がありません。

たとえば会社の終業時間が17時であれば、17時にレイクに申込したのでは間に合いません。その場合、書類で在籍確認してもらうしか無いですが、希望すれば必ず書類で応じてくれるわけではありません。

基本的には電話で在籍確認してもらうものだと思ったほうが良いです。会社の終業時間も見越して早めにレイクに申込しておくようにしましょう。

そして契約完了したら、22時までにATMでキャッシングすることです。

レイクの自動契約機は24時まで営業していますが、はじめてレイクを利用する人に限り当日融資は22時までとなります。

それ以降はATMにレイクカードを挿入しても借入はできません。契約できたからと安心して借り入れするのを忘れないようにしましょう。

要注意!レイクは土日の即日振込みはできない!

新生銀行レイクの即日融資には自動契約機でカード発行の他にWEB完結による銀行振込みという方法もあります。この方法は、申込み~借入まですべてWEB上で完結させることができる非常に便利な方法です。

指定した銀行口座に希望金額を振込してくれますので、レイクカードが手元になくてもお金を借りることができます。しかし、この方法の弱点は平日15時以降と土日祝日には対応していないことです。

銀行の当日振込みは営業時間内に手続きを済ませた場合に限ります。一般的な銀行の営業時間は9時~15時までとなり、土日祝日は対応していません。もちろん土日祝日でもレイクでWEB完結申込みは可能ですが、即日で借り入れすることはできません。

土日に即日融資を希望する場合は、申込みはWEBで構いませんが契約は必ず自動契約機で行うようにしましょう。

新生銀行レイクは土日でも増額審査できるのか?

既にレイクを利用しているけど、限度額が足りないから増額したいと考えている人もいるでしょう。

一般的にカードローンの増額は土日祝日は不可としているところが多いですがレイクでは土日でも増額できるのでしょうか?

新生銀行レイクは土日でも増額審査してくれます。

増額審査の申込みはレイク会員ページにログインするか電話で申込するだけです。

増額後の限度額が50万円以上になる場合は、収入証明書が必要になりますので必ず用意しておきましょう。

また増額するには審査があります。既に新規契約時の審査に通っているからと言って増額審査に通るとも限りません。むしろ増額審査のほうが基準は厳しくなりますので、増額に失敗する可能性のほうが高くなります。

レイクはいつでも増額審査に申し込めますが、基本的にレイクから増額案内がきていない限りは増額するのはかなり難しいです。

最低でも「レイクを半年以上利用している」「一度も返済遅延をしていない」この2つの条件をクリアしていないと、レイクから増額案内が来ることは無いと思って良いでしょう。

レイクは土日でも返済できる?

新生銀行レイクは土日でも返済が可能です。

「土日は銀行が休みだから反映されるのは休み明けじゃないの?」と思うかもしれませんが、たとえ銀行の営業時間外でもWEB返済なら時間や曜日を選ばずにすぐ返済が反映されます。

もちろん手数料は一切かかりません。

以下いずれかのネットバンキングをお持ちであればレイク会員ページからWEB返済サービスで返済することができます。

  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

もし上記いずれのネットバンキングを持っていない場合はATM返済を利用しましょう。レイクは自社ATMも提携ATMも手数料無料です。土日でも返済することができます。

ただし、レイクATMは営業時間が決まっていますので予め確認しておきましょう。

平日・土曜日 7時30分~24時
日曜日・祝日 7時30分~22時
毎月第3日曜日 7時30分~20時

コンビニなど提携ATMは基本的に24時間営業ですが、メンテナンス時間は利用不可となります。