1. 新生銀行カードローン レイクは日雇い労働者でも借り入れできる?審査基準は?

新生銀行カードローン レイクは日雇い労働者でも借り入れできる?審査基準は?

日雇い労働者でお金を借りたいという方は、消費者金融のカードローンやキャッシングを利用する方が多いでしょう。今や消費者金融の金利もかなり低くなっております。とはいえ、銀行融資と比べるとまだ金利が高く、総量規制の対象になるといったデメリットもあります。

お金を借りるならば、銀行融資を第一に考えるべきなのです。金利が低いと返済が楽なので、ローン選びの条件では「金利」を最も重視するべきです。銀行融資として生まれ変わったレイクでは、日雇い労働者の方もホームページで審査をして、融資を受けられています。

ローンの属性では職業を重視されるため、収入が安定しないと不利になるのは確かですが、借りられる可能性は十分にあります。銀行融資は総量規制の対象外となるので、銀行側が「良し」と判断すれば融資は可能なのです。

消費者金融の場合ですと、総量規制による縛りがあるので、業者側が融資をしたいと思っても、年収の3分の1までしか貸せないのです。レイクをおすすめする理由は、4.5%~18.0%という低金利、1万円から借り入れできる利便性、30日間・180日間の無利息期間などがあります。

「あと1,000円あれば宿泊施設を借りられる」なんて場合も多いでしょう。パソコン、携帯、スマホのいずれかがあれば申し込みできるので、店舗に出向く必要はありません。お借入れは最寄りのコンビニATMが使用できますので、仕事帰りに「ちょっと借りよう」なんてときも便利です。まずはホームページのお借入れ診断を試してみましょう。