1. 新生銀行カードローン レイクは生活保護でも借り入れできる?審査基準は?

新生銀行カードローン レイクは生活保護でも借り入れできる?審査基準は?

生活保護を受けている方は、借金をしないのが原則となっています。
サラ金、キャッシング、カードローン、クレジットカードなどの利用はできないのです。

新生銀行カードローン レイクの申し込み・審査基準では、「安定した収入のある方」としており、これは仕事に就いている方を指しています。

そのため、パート収入のある主婦は借入可能ですが、専業主婦は不可なのです。

生活保護に関しては安定収入とはみなされませんので、新生銀行カードローン レイクから借りることはできません。
不正受給とみなされると大変なので、危ない橋を渡ってまで借りるべきではありません。

もし生活保護でも貸してくれる業者があれば、悪徳業者である可能性が高いです。
生活保護・ブラック・失業中など、本来は借りられない条件で融資してくれる業者は避けたほうがいいでしょう。

新生銀行カードローン レイクでお金を借りるなら生活保護から脱出しよう

新生銀行カードローン レイクでお金を借りたい方は、生活保護生活から脱却して安定収入を得ることです。

仕事をしていないのに働いているとウソをついても、在籍確認の電話をされればバレてしまいます。

生活保護を受けながらローンを利用することを考えるよりも、仕事を探すことに専念しましょう。
仕事が見つかって勤続期間が6ヶ月くらいになったら、ローンの申し込みを検討してもいいです。

無難に行くのでしたら、勤続期間1年以上はほしいところです。

ローンは借りたから終わりではなく、借りた分に利息をつけて返済していかないといけません。
借りて返済するまでが契約なので、お金を借りるときは常に完済するまでのプランを考えておく必要があります。

途中で返済不能になるようならば、最終的に債務整理が必要となり、ブラック登録されてしまいます。