1. 【レイク】荻窪西口(自動契約コ-ナ-)

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

【レイク】荻窪西口(自動契約コ-ナ-)

店舗名 荻窪西口(自動契約コ-ナ-)
住所 〒167-0043
東京都杉並区上荻 1丁目16番5号 三徳ビル2F
24時間営業 不可
平日7:30-24:00/土曜日7:30-24:00/日曜日・休日7:30-22:00
※毎月 第3日曜日は、7:30-20:00
自動契約機 平日8:45-24:00/土曜日8:45-24:00/日曜日・休日8:45-22:00
※毎月 第3日曜日は、8:45-19:00となります。
※初めてのお客さまへの当日中のご融資、およびご利用中のお客さまの各種ご変更手続きは、8:45-21:00
ATM
駐車場
アクセス 荻窪駅西口 ミスタードーナツの上 2階
地図
大きな地図で見る
ご注意 ※店舗情報は、2014年4月時点の情報です。
店舗の移転/閉店により情報の変更があった場合、もしくは店舗情報
及び地図情報に間違いがあった場合はご了承下さい!
※尚、正確な情報は必ずレイクの公式サイトにてご確認下さい!

キャッシングお役立ち情報

キャッシングの歴史はいつから生まれたのでしょうか。
まず、サラ金は人がお金を必要とした時から商売として生まれています。1960年代大阪の街中で金貸しが始まったのが事の始まりです。

当時は団地金融という名前で金貸しが行われていましたが、サラリーマンを相手にした金貸しだった為にサラリーマンのサラリーから名前をとって「サラ金」と呼ばれていました。

その当時のサラ金の金利は今のような貸金業法のルールが全くなかったので違法なくらいの高金利でお金を貸していました。そのために高利息によって支払いができなくなったサラリーマンが多く存在していました。

当時の貸金業者は23万店舗ほどありましたが、悪徳な高利息の貸金を改善させるために法律の整備が行われ利子の引き下げなどの措置を行ったことにより、1984年には23万店舗あった貸金業者が3万店舗にまで現象しました。

そしてその頃からサラ金と呼ばれていた名称も消費者金融という名前に変わってきました。サラ金の悪いイメージを払拭させるために消費者金融となってからは世間的に良いイメージなるように、最近では消費者金融が怖くないというイメージを与えるために宣伝コマーシャルなども爽やかなものが流れるようになっています。