1. レイクに分割払いってあるの?

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

レイクに分割払いってあるの?

キャッシングの返済方法で分割払いという言葉を見かけることがあります。
レイクでお金を借りた場合、分割払いという方法はあるのでしょうか。
気になるレイクの分割払い事情について調べてみました。

分割払いって何?

まずは分割払いの定義から説明したいと思います。
分割払いとは、借りたお金の元金を分割して支払う方法のことを指します。
例えば、10万円を借りてそれを10回で支払いたいと考えたとき、1万円+利息が支払う金額になります。
何回で支払うかによって元金の金額が変動していくという仕組みです。

レイクの返済方法はどうなってるの?

ではレイクでは分割払いという返済方法はあるのでしょうか。
レイクでは返済方法が二種類あります。

残高スライドリボルビング方式

元金と利息を合わせた金額を、残高に応じて設定された最低金額を返済していく方法です。
レイクで10万円借りた場合、最低支払い金額は3,000円に設定されています。
3,000円の中に元金と利息が組み込まれています。
3,000円はあくまでも最低支払い金額になりますので、それ以上の金額を入金しても大丈夫です。

元利定額リボルビング方式

こちらは先ほどの方式とは違い、残高問わず毎月決められた金額を入金していく方法です。
最低支払い金額というものは存在せず、毎月1万円の支払いと決めたのなら、残高が減ろうが減らまいが、ずっと1万円を返済していくことになります。
と、このようにレイクではリボルビング払いが基本となっているため、分割払いという方式は残念ながらありません。

なぜ分割払いがないの?

なぜ分割払いがないのか、それはキャッシングの性質上の問題も絡んでいます。
レイクでは最初の審査の段階で、利用者が使用できる限度額を設定します。
この限度額内であれば入出金自由となっているためです。
例えば、最初に50万円借りて30万円返済したとすると、20万円の余裕枠が出てきます。
まだ30万円の借金が残っている状態でも、20万円は限度額内なのでいつでも自由に出金ができるのです。
分割払いですと、こういった余裕限度額内での出金が出来なくなってしまうため、レイクではリボルビング払いの方法を取っているのです。