1. レイクで電話申し込みはできるの?

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

レイクで電話申し込みはできるの?

新生銀行カードローンレイクに申込したいけどどうやって申込めば良いのか分からないという方のために、今回はレイクの申込について解説したいと思います。

申し込みの流れはもちろんのこと、審査通過のポイントや即日融資の方法についても解説していますので是非参考にしてください。

レイクの申し込み条件と審査項目

新生銀行カードローンレイクは消費者金融並みの利便性の高さと銀行ならではの安心感があるという理由で人気です。

年齢条件をクリアし安定した収入があればレイクに申込むことは可能です。しかし、審査に通過するかどうかは別の話です。誰でも融資してくれるわけではありません。

レイクの申込条件や審査通過のポイントについて確認してみましょう。

新生銀行レイクの申込条件

申し込み条件

  • 満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
  • 原則安定した収入がある方
  • 保証会社の保証を受けられること

※外国人の方は永住許可を受けていることが条件

レイクの利用は20歳以上となっていますので未成年の方は利用不可です。年令の上限は70歳までとなります。

同じ銀行カードローンの年齢条件を見比べてみましょう。

金融機関 年齢条件
新生銀行(レイク) 20歳以上70歳以下
三井住友銀行 20歳以上69歳以下
じぶん銀行 20歳以上70歳未満
オリックス銀行 20歳以上69歳未満
みずほ銀行 20歳以上66歳未満
三菱東京UFJ銀行 20歳以上65歳未満
イオン銀行 20歳以上65歳未満
住信SBIネット銀行 20歳以上60歳以下

カードローン利用中にその年令の上限に達すると追加の借り入れはできなくなります。

定年や年金受給などから65歳を目途に考えている銀行が多いです。そんな中、新生銀行カードローンレイクでは70歳以下まで申し込めるのはありがたいですね。

レイクは年金収入のみの方でも申込可能です。年金収入しか無いけどカードローンを利用したい方にもおすすめの銀行カードローンです。

収入の条件は「〇〇万円以上」といったように金額の定めはなく、「安定した収入がある」こととしています。高額な収入がないとダメというわけではありません。少額でも安定して定期的な収入があれば問題ありません。

銀行カードローンは保証会社が審査を行います。保証会社は新生フィナンシャル(株)です。契約者が万が一返済不能となった時に保証会社が保証するため、保証会社の保証を受けられることが条件となっています。

新生銀行カードローンレイクの審査項目

上記の申し込み条件をクリアしていれば、誰でも借り入れできるというわけではありません。レイク独自の審査項目があります。

審査で重視する項目はカードローン会社によって異なります。

レイクが審査で重視する項目
年収 有利:高年収(400万円以上)
不利:低年収(100万円未満)
雇用形態 有利:公務員、正社員
不利:学生、年金受給者
勤続年数 有利:5年以上
不利:1年未満
居住区分 有利:持ち家
不利:公営住宅
居住年数 有利:10年以上
不利:1年未満
家族構成 有利:独身で家族と同居
不利:独身で家族と別居
他社借り入れ状況 有利:他社借り入れなし
不利:借入件5件以上、他社借り入れ合計100万円以上

レイクではこれらの項目をもとに「返済能力の有無」「安定性」「連絡のつきやすさ」を決めています。
審査は総合点で評価しますので、たとえ点数が低い項目があっても、総合得点で合格ラインに達していれば問題ありません。

信用情報に金融事故の記録があると審査に通らない

過去にカードローンやクレジットカード、その他のローンを利用したことがあり、返済の延滞や債務整理をしたことがある人は審査に通りません。

ローンを利用すると個人信用情報機関に登録されることになります。カードローン会社は、個人信用情報機関を通じて申し込み者の個人信用情報をチェックします。

契約してきちんと返済できていれば特に問題ありません。

逆に長期延滞(3ヶ月以上の延滞)や代位弁済、強制解約、債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)をしていると金融取引の事故があったとして個人信用情報に「異動情報」が記録されてしまい、これを属にブラックリスト入りするといいます。

一度ブラックになると一生そのままというわけではありません。個人信用情報機関によって移動情報の内容や記録期間は異なりますが、1年~10年登録されます。

不安な方は、一度信用情報を開示してみると良いでしょう。

新生銀行レイク申し込み方法と流れ

新生銀行レイクの申し込み方法

  • WEB(スマホ・パソコン)
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送

レイクは申し込み方法が多彩です。自分の都合に合わせた申込み方法が用意されています。ただし、店頭窓口での申し込みはありません。

レイクの申し込みはWEBが主流となっており、契約や振込手続きもすべてWEBで済ませることができます。自動契約機を使えばカード受け取りもできますので、店頭窓口がなくて困るということは特にありません。

WEB申し込み

レイクの申込はWEBでできます。

(引用元:レイク

パソコンとスマホのどちらかでも申し込み可能です。スマホならそのまま書類提出もできますので便利です。

WEB申込みの流れ

① WEBで申込み
② 仮審査結果は申込完了後、画面上に表示
③ 必要書類の提出
④ 在籍確認
⑤ 契約手続き(WEBまたは自動契約機)
⑥ 借り入れ(振込キャッシングまたはATM)

WEB申し込みの場合、仮審査の結果は画面上に即座に表示されます。契約はWEBか自動契約機を選ぶことができます。

来店せずに契約したい場合はWEB契約が良いでしょう。書類の提出はアプリかメールで送信するだけですので簡単です。

WEBで契約した場合は会員ページから振込依頼すれば銀行口座に振込キャッシングしてもらえます。自動契約機で契約した場合は、その場でカードが発行されますのでATMで借り入れできます。

即日融資を希望する場合は、振込キャッシングは平日14時までに提出書類の確認が完了すること、自動契約機の場合は22時までにATMで借り入れすることが条件となります。

自動契約機の申し込み

レイクの自動契約機は申し込み~カード発行までできます。

(引用元:レイク

自動契約機の申し込みの流れを見てみましょう。

自動契約機申込の流れ

① 自動契約機で申し込み
② 必要書類の提出
③ 申し込み情報シートに記入しスキャンして提出
④ 画面上に審査結果が表示
⑤ 在籍確認
⑥ 契約書に署名
⑦ カード受け取り
⑧ ATMで借り入れ

自動契約機で申込した場合も、審査結果はすぐ画面上に表示されます。ただし仮審査の結果となりますので、その後の在籍確認をクリアし本審査に通過すると契約手続きに移ります。

自動契約機で申込するとカード発行まで最短50分とされています。1時間以内に借りられるのは恐らく業界最速と言っていいかもしれません。

ただし、審査や手続きがすべてスムーズに進んだ場合の目安です。実際は1時間以上かかることのほうが多いです。1時間以上は滞在しなければいけないと覚悟しておいたほうが良いでしょう。

滞在時間を短くしたいのであれば、申し込みだけWEBで済ませておくのが良いでしょう。審査通過してから自動契約機で手続きすれば滞在時間は短くなりますし、審査落ちして無駄足に終わることもありません。

インターネットは少し苦手、できるだけ人目につかずに申込みたい、わざわざ外出してまで申込みたくないという方々のためにお勧めなのが、レイクの電話申し込みです。

場所を選ばず、誰にも顔を合わせないで申し込みができる手軽さから、幅広い層から支持を得ています。

でも、電話申し込みの場合、どのような流れで手続きするのでしょうか。
気になるレイクの電話申し込みについて調べてみました。

電話申し込みはどんな感じ?

まずは電話です。

連絡先は、「0120-09-09-24」です。
フリーダイヤルなので、電話料金は一切かかりません。

こちらに電話をすると、まずは自動音声の案内が始まります。

初めてのご利用の方は「1」なので、1のボタンを押すと担当オペレーターにつながる仕組みになっています。

担当オペレーターは初めて申し込みをしようとしている人だと認識して電話に出ます。初めての申し込みは誰でも緊張しますし、不安に感じると思います。

何を話していいのか分からないという方も大変多いようですが、そのへんは担当オペレーターも心得ていますので安心してください。

電話では

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 勤務先情報
  • 他社借入状況

など、実際申込書に記入する内容を質問されますので、全て真実を伝えてください。全ての質問事項を聴き終えたらその場で審査をしてくれます。

ただし、審査内容によっては一旦電話を切って審査するケースもありますので、ご注意ください。

契約~融資はどうなの?

では審査が無事通過したあとはどのような流れになるのでしょうか。実は、電話で手続きが出来るのはここまでなのです。

電話申込の場合、契約~融資は

  • インターネット
  • 自動契約機
  • 郵送

のどれかを選ばなくてはなりません。これじゃあ電話申し込みの意味が無いと思われてしまう方もいらっしゃることでしょう。

しかし、すでに審査は終わっているのです。ここから自動契約機に出向いたとしても、お断りになることはよっぽどのことがない限りありません。

行けば必ずカードを発行してもらえるという安心感を持つことができます。
確実性を求める方には大変お勧めの申込方法となっています。

郵送申し込み

レイクは郵送での申し込みも可能です。

郵送申し込みの流れ

① 電話で入会申込書を依頼
② 申し込み書に記入し本人確認書類を同封して返送
③ 審査結果の連絡(電話)
④ 契約書類とカードの郵送
⑤ 借り入れ

郵送で申し込む場合、レイクに電話して申し込み書を郵送してもらう必要があります。公式サイトからダウンロードという手段は用意されていません。

書類が届いたら必要事項を記入しレイクに郵送します。書類が到着してから審査となり、契約可能となれば契約書類とカードが送られてきます。やりとりに時間がかかりますので郵送申し込みはおすすめできません。

レイクは申し込みした日にお金が借りられる

レイクは申し込みから融資までの手続きが非常に早く、申し込んだその日にお金を借りることもできます。

銀行カードローンは融資までに時間がかかるところが多いですが、なぜレイクは申し込みしたその日に融資を受けることができるのでしょうか。

それはレイクがもともと消費者金融だったということが関係しています。消費者金融は融資が早いのが強みです。

レイクには消費者金融時代に培ったノウハウがあるため、銀行カードローンにもかかわらず消費者金融並の融資スピードを実現できているのです。

レイクは申し込み完了後すぐに審査結果が表示される

即日でお金を借りるためには出来るだけ審査を早くに終わらせることがポイントです。その点、新生銀行カードローンレイクは審査スピードも速いです。

審査が速いと言えば大手の消費者金融がお馴染みです。審査時間は最短30分と驚異的な速さを誇っています。

しかし、新生銀行レイクの場合は最短即時で審査結果が分かります。申込み完了画面にすぐ審査結果が表示されるので大手消費者金融以上に審査スピードが速いです。

早ければ1分もかからずに審査結果が出ますので、すぐにお金が借りられるかどうかが分かりますので次の行動に素早く移すことができます。

  • 急遽お金が必要になったけど手持ち金が足らない
  • 支払期日が迫っているけどお金が用意できない
  • 週末にお金が必要だけど使いすぎてしまってピンチ

このような時でも新生銀行カードローンレイクは非常に便利です。

急を要している時に、審査結果がいつくるのか分からないという状況では精神的に不安になるもの。レイクなら申込後すぐに審査結果が表示されますので安心です。

レイクの申込みは口座開設が不要

レイクの融資スピードが速いのは口座開設が不要という点も大きく関係しています。

銀行カードローンの場合、その銀行の口座を持っていることが利用条件としているところが多く、もし口座を持っていない場合は口座開設をしなければいけません。

しかも口座を持っていなければ即日融資を受けることはできないとしている銀行がほとんどです。その理由は、ほとんどの銀行には自動契約機がなくローンカードを当日中に発行できないためです。

これに対し、新生銀行カードローンレイクは、自動契約機でローンカードを受取できますので、わざわざ口座を開設することなくカードローン契約が可能となっています。

口座不要で即日融資可能というのはレイクにとって大きな強みといえるのではないでしょうか。

レイクWEB申し込みで即日融資を受ける方法

新生銀行カードローンレイクは、審査スピードが早く即日で融資を受けることができます。

レイクで即日融資を受けたいのであれば、14時が1つのタイムリミットになるということは覚えておくと良いです。この時間をラインに、即日融資を受ける方法は違ってきますので注意してください。

ここでは新生銀行レイクで申込み当日に融資を受ける方法をご紹介していきます。レイクで申込み当日にお金を借りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

レイクに平日申込で銀行振込みの即日融資を受けるなら14時がタイムリミット

新生銀行レイクでは、申込み~融資をすべてWEB上で済ませることができる申し込み方法が用意されています。

WEB上で済ませるため、自動契約機に出向く必要がなく自宅にいながらお金を借りる手続きができます。

非常に便利な方法ですが、タイムリミットが短いということに注意しなければいけません。

WEB完結申込みで即日融資を希望する場合、融資方法は自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう形となります。

ご存知のとおり、銀行振込みが当日反映されるタイムリミットは15時となりますので、時間的余裕がありません。

そしてレイクの場合、銀行振込みで即日融資するには平日14時がタイムリミットとなります。

平日14時までに申し込みをすれば良いわけではなく、申し込み~提出書類の確認まで済ませなければいけません。

申し込み~提出書類の確認までにかかる時間は、おおよそ1時間~2時間前後とされています。つまり、申し込みはタイムリミットである14時よりも前に済ませておく必要があるということです。

中には13時に申込して即日融資に間に合ったという人もいますが、時間に余裕を持って申し込むすることを考えると、遅くても12時30分までには申し込みを済ませておきたいところです。

WEB申し込みで即日融資する流れ

WEB申し込みはネット環境があれば自宅のパソコンや外出先からスマホから申込でき完結が可能です。

契約完了後に、指定した銀行口座に入金されますので手元にレイクカードが届く前にお金を借りることができます。

振り込み依頼は平日14時45分までに終わらせよう

レイクで銀行振込みで即日融資する場合、自分でレイクに振込依頼をしなければいけません。

レイクの場合、当日振込みのタイムリミットは平日14時45分としていますので、それまでに振込依頼をしないと当日中に入金されず翌日扱いとなりますので注意してください。

レイクは最短1時間で融資も可能ですが、時間ギリギリの申し込みですと間に合わない可能性が考えられますので、時間に余裕を持って12時までには申し込みを済ませておくことをおすすめします。

契約完了後には振込の依頼手続きをするのを忘れないでください。

それではWEB申し込みで即日融資する流れを見ていきましょう。

① 申し込み
② 審査結果の表示、振り込み先口座の登録
③ 必要書類提出
④ 契約完了
⑤ 在籍確認
⑥ 振込融資の依頼

①申し込み

パソコンまたはスマホからレイク公式サイトにアクセスします。

「お申込み開始 審査結果がすぐ分かる」をクリックすると申し込みフォーム入力ページに移ります。

(引用元:レイク

申し込みで気を付けたいのが「入力ミス」です。嘘をつくと審査落ちしますが、入力ミスでも審査落ちすることがあります。すべての項目の入力が終わりましたら必ず一度確認しましょう。

急いでいるからと言って焦りは禁物です。

②審査結果の表示、振り込み先口座の登録

レイクはWEBで申し込みすると、即座にスマホやパソコンの画面に表示されます。ここでの結果はあくまでも仮審査ですが、この後の本審査はよほどのことがない限り審査落ちすることはありません。

仮審査結果のメッセージ

お申し込みいただき、ありがとうございました。
仮審査の結果〇○万円までの契約が可能です。
引き続きご契約のお手続きをお願いします。
※お申し込み後、ご契約手続きをせずに11日以上経過した場合、再申し込みが必要になります。

仮審査を通過した場合、振り込み先に銀行口座の情報を登録する必要があります。当然ですが本人名義以外の口座は登録できません。

③必要書類の提出

提出書類は「本人確認書類」「収入証明書」の2点です。

ただし、申し込み希望額が50万円以下の場合は本人確認書類だけで申し込みOKになるケースが多いです。

書類の提出方法は、レイク公式アプリ・メール・FAXの3つがあります。アプリやメールならスマホですぐに提出できて便利です。

④在籍確認

提出書類の確認が終了しましたら、申し込み者の勤務先に在籍確認の電話をかけます。

在籍確認の事例

審査担当者「もしもし、私〇〇と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」

従業員「はい、ご用件をお伺いしてもよろしいでしょうか?」

審査担当者「確認させていただきたいことがございまして、連絡させていただきました」

従業員「承知しました。少々お待ちください。」

申し込み者「お電話変わりました。△△です。」

審査担当者「もしもし、私〇〇と申しますが、△△さまでしょうか?」

申し込み者「はい、そうです」

審査担当者「個人名で失礼しました。私、新生銀行の〇〇でございます。この度はレイクローンにお申し込みいただき誠にありがとうございました。こちらのお電話にてご在籍の確認をさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。」

このように在籍確認は簡単な内容で終わります。時間にした約1分です。電話では個人名を名乗りますので、従業員が電話にでてもばれる心配はありません。

⑤契約完了

在籍確認が終了するとレイクからメールにて本審査の結果が届きます。会員ページから契約内容を確認できることが記載されている場合は、審査は通過ということになります。

⑥振込融資の依頼

契約が完了しましたら、レイクの会員ページにログインし振込融資の依頼をします。平日14時45分までに振込依頼すれば、当日中に口座にお金が振り込まれます。

ローンカードは、後日、郵送で送られてきます。

レイク自動契約機申し込みで即日融資を受ける方法

平日14時までに間に合わない場合や申込する日が土日祝日の場合でも自動契約機で手続きすることで即日融資が可能となります。

自動契約機で契約した場合はその場でローンカードを受け取ることができます。後はカードを使ってレイクATMや提携ATMでお金を借りることができるようになります。

レイクの自動契約機で即日融資を受ける方法は主に2パターンあります。

  • 自動契約機で申し込み~カード受け取りまでする
  • WEB申込して自動契約機でカード受け取りする

おすすめは「WEB申込して自動契約機でカード受け取りする」方法です。

自動契約機で申込することも可能ですが、その場合ですと自動契約機ブース内に長時間居なければいけません。

恐らく多くの方が自動契約機を利用することに抵抗を感じているでしょうから、できるだけ早く終らせたいと思っているはずです。

申し込みから始めた場合、自動契約機ブース内に1時間以上いることになってしまいます。

これに対しWEBで申し込みを済ませておけば、自動契約機ブース内にいる時間は約半分で済ませることができます。

できる限り自動契約機ブース内の滞在時間を短くするということを考えると、あらかじめWEBで申し込みを済ませておくのが良いでしょう。

また自動契約機で申込した場合も審査結果は即時でわかりますが、もし審査落ちとなれば無駄足に終わってしまいます。効率よく融資を受けるためにも、WEB申込してから自動契約機に出向くようにしてください。

レイク自動契約機の即日融資は22時がタイムリミット

レイク自動契約機で即日融資する場合、タイムリミットは22時となります。

銀行振込みに比べかなり時間に余裕があります。平日の日中は仕事で忙しいという場合でも仕事帰りに立ち寄って即日融資を受けることが可能です。

(引用元:レイク

ただし、ここで注意してほしいのがタイムリミットまでにすべきことです。

レイク自動契約機は24時まで営業していますが、即日融資を受けるには22時までにATMで借入れをしなければいけません。

22時までにローンカードを受け取ればよいわけではありませんので間違えないよう注意してください。

上記画像の案内に記載されていますが、レイクでは初めての方への当日の融資は22時までとしています。

22時までに間に合うように手続きを進めるようにしてください。

手続きにかかる時間と自動契約機への移動時間を考慮すると、申し込みは遅くても19時30分までに済ませておくのが良いでしょう。

自動契約機で即日融資する流れは下記のとおりです。

① 申し込み
② 審査結果の通知、自動契約機に来店
③ 自動契約機で書類提出、契約書類に署名
④ 契約完了、カード受け取り
⑤ ATMで借入れ

①申し込み

レイク公式サイトにアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力します。

(引用元:レイク

焦って入力ミスがないように注意してください。

②審査結果の通知、自動契約機に来店

申込完了後、すぐに審査結果が画面に表示されます。

仮審査を通過しましたら、必要書類を持参して自動契約機に出向きましょう。

必要書類は申込金額が50万円以下であれば原則として本人確認書類のみだけでOKです。限度額が50万円を超える場合は収入証明書も準備してください。

提出する書類に不備があると再度取りに戻らなければならず手続きを進められませんので、提出する書類に不備がないか必ず確認してください。

現住所が記載された書類が必要になる場合

レイクでは下記いずれかに該当する場合に、現住所を確認できる書類の提出が必要となります。

  • 本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合
  • 自動契約機で契約時に健康保険証を使用する場合

提出する書類は下記のうちいずれか1つとなります。

  • 公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

※いずれも発行日から6ヶ月以内のものに限ります

③自動契約機で書類提出、契約書類に署名

自動契約機に着きましたら、オペレーターの案内に従って画面を操作していきます。

必要書類の提出の案内がありますので、持参した書類を自動契約機のスキャナにセットします。

提出書類の確認が完了すると契約書類が発行されますので、受け取って内容を確認し署名してスキャナにセットします。

④契約完了、カード受け取り

契約書類の署名をレイク側で確認が取れましたら契約は完了となります。

レイクカードが発行されますので受取してすべての手続きは完了です。

⑤ATMで借入れ

レイク自動契約機のブース内には新生銀行のATMが設置されていますのですぐに借入れを開始できます。

はじめてレイクを利用する方の当日融資は22時までとなります。

レイク申し込みQ&A

レイクの申し込みに関する疑問に答えます。

Q1:レイクに申し込み後でもキャンセルはできますか?

審査の途中でどうしてもキャンセルしたくなった場合は、その場で担当者に電話して伝えれば大丈夫です。一度申込したら取り消すことはできないということはありませんので安心してください。

申し込みキャンセルしたからと言って信用情報に傷がつくようなこともありません。ただし、レイクの社内情報に申込キャンセルの記録が残り今後レイクに申込しても審査通過する可能性が低くなりますので注意してください。

Q2:レイクを利用したことがあるのですが再度申し込みは可能ですか?

レイクを解約せずレイクカードを持っている場合は、会員ページからログインして借入可能額を確認してください。

レイクカードを持っていないまたは会員ページにログインできない場合は、専用フリーダイヤルに連絡するかレイク自動契約機コーナまで来店する必要があります。

Q3:専業主婦でも申し込みはできますか

原則として本人に安定収入がある方が申し込めますが、専業主婦の場合は配偶者に安定収入があれば申込可能です。

Q4:学生はレイクに申し込めますか?

20歳以上でアルバイトによる収入があれば申し込めます。

未成年の方、バイトなどによる収入がない方は申し込めません。

Q5:申し込み前に融資可能かどうかわかりますか?

レイクでは「お借入れ診断」というサービスを用意しており、4項目に入力するだけで、借入可能かどうかの診断結果を確認することができます。

ただし、簡易的なものであり本審査の結果を保証するものではないことを理解した上で利用してください。

Q6:申し込みに必要な書類は?

申し込みに必要な書類は2点あります。

本人確認書類

運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カードのいずれか1点

収入証明書

源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書

収入証明書は申込金額が50万円を越える場合に必要ですが、審査の結果必要と判斷されたときには50万円以下の申し込みでも提出する場合もありますので注意してください。