1. レイクの振込み融資ってどういう意味?

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

レイクの振込み融資ってどういう意味?

キャッシングのイメージは一昔前よりもだいぶ良くはなってきましたが、いざ申し込みをするとなると誰にも知られたくないと思う人は多いです。

しかし、レイクではインターネット上で申し込み~融資まで手続きできる「振込融資」というサービスがあるのです。

この振込融資はどのような流れになっているのでしょうか。詳しく調べてみました。

目 次

振込み融資の申し込み方法は?

インターネット上で全て手続きができる振込み融資の申し込み方法は

  • パソコン
  • 携帯電話

の二通りになります。

いずれもレイクの公式HP上に申込フォームが用意されていますので、そこから手続きを開始してください。

流れとしては、

融資希望金額 → 申込者情報 → 入力内容確認 → 契約方法の選択

となっています。

申込者情報は、自身の名前・生年月日・住所・勤務先情報・他社借入状況など、詳細に入力するようになっています。

特に勤務先情報は、自分の頭の中に情報が入っていないという方が多いので、手元に資料を予め用意しておくことをお勧めします。

全ての情報を入力したら送信ボタンを押し、身分証明書等の必要書類をレイクに送付します。
送付方法は以下の通りです。

  • FAX (0120-09-03-37)
  • 電子メール (カメラ機能使用)

申込内容と身分証明書の情報が全てレイクに届いてから審査が開始されるようになっています。

特に身分証明書等の必要書類を送付し忘れる方が多いようですので、必ず送付してください。

契約はどうなるの?

審査結果はメールで知らせてくれます。

無事に審査に通過したら契約へと進むのですが、振込み融資の場合契約書やカード等の書類は後日自宅に郵送となっています。

郵便物は本人限定で郵送されるようになっていますので、家族といえども本人以外は受け取れないようになっていますから、家族にバレる心配はありません。

融資はどうなるの?

肝心のカードは後日自宅に郵送となると、融資はどのように受け取れるのかと疑問に思うことでしょう。でも安心してください。

レイクの振込みは融資金を指定金融口座に振込するようになっています。

審査に通過したら自分の銀行口座をレイクに伝えておくと、そこに直接振込してくれるのです。
ただし融資をご希望の方は、銀行の営業時間の関係上、平日14時までに申込と必要書類がレイク側に到着していることが条件となっています。

さらに土日祝の休日の申込は、銀行が休みの為振込融資ができません。その点も合わせてご注意ください。

レイクで今日中に借りられない原因と対処法

レイクの振込サービスは急な出費の時に助かります。

しかし、希望口座に振込してくれるといっても、実は必ずしも今日中に振込されるわけではありません。

新生銀行レイクでも振込融資を謳い文句としていますが、それはあくまでも宣伝文句であり、実際にレイクに申込んだけど振込み融資に失敗してという方は多いです。

ここではレイクで振込み融資したい人に向けて、振込みできない原因と対処法について解説したいと思います。

レイクで振込み融資できない原因と対処法

まずはレイクで振込みできない原因を見てみましょう。

原因1:レイク振込み融資の条件をクリアできてない

レイクは振込み融資可能ですが、「無条件で振り込み融資が可能」というわけではありません。

今日中に口座にお金を振り込んでもらう場合、特定の条件をクリアする必要があります。

レイクで振込み融資するための条件は?いつまでに手続き完了すればよいの

レイクで振込み融資するためには、時間内に特定の手続きを終えなければいけません。

口座振込みで今日中にお金を借りるのであれば、レイクが定める時間までに下記の手続きを完了させる必要があります。

① 申込み
② 仮審査通過
③ 必要書類提出
④ 提出書類の確認
⑤ 本審査通過
⑥ 契約
⑦ 振込依頼

レイクで振込み融資する場合、平日14時までに「提出書類の確認」を終え、14時45分までに「振込依頼」を終えれば当日の振込が可能です。

契約手続きの中で振込み融資希望している場合は、銀行振込みの申し込みをすることも可能です。

その場合は、契約完了後にレイクから指定口座へ入金手続きされますので、あらためてレイクへ振り込み依頼する必要はありません。

しかし、この手続をしていない場合は契約完了後にレイクに振込依頼をしないと入金されませんので忘れないように注意が必要です。

このように振込み融資を希望するなら「何時までに何の手続きをしなければいけないのか」を必ず確認しておきましょう。

不安であればレイクのコールセンターに電話して問い合わせるのも良いでしょう。

ちなみに振込み融資は平日限定となります。土日祝日は銀行窓口が休みですから、仮に14時までに提出書類の確認が終わり、振込み依頼しても口座入金が反映されるのは休み明けとなります。

原因2:申込みが集中する時間帯に申し込んでしまった

レイクは最短1時間以内に申込み~振り込みまで完了させることも可能です。

しかし、それはあくまでも手続きがスムーズに進んだ場合であって、誰でも必ず1時間以内に口座にお金を振り込んでもらえるわけではありません。

実際1時間以内に融資されるケースは少なく、多くの方は振り込みまでに2,3時間はかかっています。申込みが混み合っていれば、審査や手続きに時間がかかり融資まで更に遅くなることも考えられます。

時間に余裕を持って早めに申込すること、申込みが集中する時間帯は避けるようにしましょう。

レイクの申込みが混み合う時間帯は?

これはレイクに限ったことではなく、一般的には平日の正午前後と夕方は申込みが混み合うとされています。電話をかけても「電話が込み合っています」と案内される確率が高いです。

申込みが空いている時間帯はいつ?

平日の午後(15時頃)や日曜日の夜間は申込みが比較的少ないため、スムーズに手続きが進められることが多いです。

ただし、いずれも振込み融資には間に合いませんので、申込する際は注意が必要です。できるだけ午前中のうちに申し込みを済ませるのが良いでしょう。

原因3:提出書類に不備がある

レイクに申込むには必要書類の提出が必須です。

WEB完結の場合、スマホやパソコンから書類をアップロードするだけですので簡単ですが、もしも提出した書類に不備や不足があると再提出となり、その分時間がかかってしまいます。

レイクの申込で提出する書類は「本人確認書類」「収入証明書」この2つです。

有効な本人確認書類

レイクに申込む際は必ず本人確認書類が必要です。

下記4つの中から1つを本人確認書類として提出しします。

運転免許証

本人確認書類としてダントツに信用が高い書類。持っているのであれば迷わず本人確認書類は運転免許証を提出しましょう。

提出する際は、表と裏両面のコピーが必要です。

健康保険証

レイクでは健康保険証も本人確認書類として有効です。

自動契約機で提出する場合は現住所が分かる書類も合わせて提出しなければいけませんが、WEB上で提出する場合は特に必要ありません。

パスポート

パスポートで提出するのは「顔写真のあるページ」「所持人記入欄のページ」です。パスポートで特にありがちなのが記載住所と現住所が違うことです。

その場合、別途で現住所が分かる書類も提出しなければいけませんので注意してください。

マイナンバーカード

ほとんどのカードローンは、マイナンバーカードを本人確認書類として受け付けていませんが、レイクではマイナンバーカードも有効です。

提出するのは表面だけで問題ありません。マイナンバー通知書は無効ですので間違えないよう注意してください。

上記いずれか1つの書類を必ず準備しておきましょう。

もし記載されている住所が現住所と異なる場合は、別に書類をもう1つ提出しなければいけません。この場合は、現住所が分かる書類を提出してください。

  • 公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

いずれも発行日から6ヶ月以内のものが有効です。

有効な収入証明書

レイクでは限度額が50万円を超えて契約する場合は収入を証明する書類も提出しなければいけません。

源泉徴収票

1年間で支払われた給与の総額が記載されています。

その人の年収に関わる情報が細かく記載されていますので、収入証明書の中でもっとも信用度の高い書類です。前年分の源泉徴収票を翌年1月末までに発行されます。

提出する際は「自分の名前と現住所に間違いがない」「勤務先が明記されている」「年収が明記されている」この3つを必ず確認しましょう。

ちなみに公的年金等の源泉徴収票と退職所得の源泉徴収票は無効なので注意してください。

源泉徴収票が手元にない場合は、勤務先に発行依頼すれば再発行してもらえます。

課税証明書(所得証明書)

市・区役所で発行する証明書です。住民税がいくら課税されたかを証明してくれる書類です。年に1度住民登録している市町村から発行されます。

提出する際は「自分の名前と現住所が間違っていないかどうか」「収入額と所得額の欄が埋まっているかどうか」「市区町村の発行印があるかどうか」を確認しましょう。

納税通知書

住民登録している市区町村から年に1回発行されます。前年度の所得から納税する金額が算出されます。役所の税務課に問い合わせて再発行も可能です。

住民税決定通知書

毎年5,6月頃に勤務先を通じて交付されます。自営の場合は直接本人宛に送付されます。

自治体によって市民税・県民税額決定通知書などと呼び名が異なります。

住民税決定通知書の再発行は不可となりますので、もし紛失してしまった場合は他の収入証明書を準備してください。

給与明細書

1ヶ月分の給与の金額が記載された書類です。発行時期は義務付けられていませんが、一般的には毎月の給与支払いと同時に発行されます。

ただし、提出する給与明細書は直近3ヶ月以内の連続2ヶ月分となります。1ヶ月分だけだったり、3ヶ月以上も前の明細書は無効となりますので注意してください。

要注意!限度額50万円以下でも収入証明書が必要になるケース

振込み融資するためにはできるだけ早く手続きを完了させることが大切です。

運転免許証など簡単な書類だけで申し込めるなら書類の準備に時間を取られなくて済むのですが、収入証明書も必要となると話は別です。

常に収入証明書を携帯している人はそういないでしょうし、自宅にもきちんと保管しているという人も少ないのではないでしょうか?

急いでいるのに収入証明書も提出しなければいけないとなると、下手すれば振込み融資に間に合わない可能性も考えられます。

そのため、できるだけ早く手続きを終らせるためにも希望限度額は収入証明書の提出が不要となる50万円以下で申込むことをおすすめしています。

50万円以下であれば原則本人確認書類だけ申し込めるので書類の準備に時間が取られずに済みます。

しかし、レイクでは公式ページには記載されていないけど収入証明書の提出を求めることがあります。

正確な収入を確認したい場合

自分の年収は申し込み書に記載しますが、審査担当者によってはより正確な年収を確認するためにという意味で、収入証明書の提出を求めることもあります。

中には収入を間違えて記入する方や、所得額が差し引かれた後の金額を年収として申告する方もいるため、正確な年収を図る狙いがあります。

給料歩合制の場合

給料が固定給ではなく歩合給の場合や固定給以外に歩合給がある場合も収入証明書の提出を求められることがあります。

ただし、審査では固定給が重視され、利用限度額も固定給を基準に設定されます。歩合給は安定していないからです。

申込内容に疑わしい部分がある場合

申告された年収に不審な点がある場合は収入証明書の提出を求められます。

たとえば勤続年数が1年未満にも関わらず年収が異常に高い、知名度の低い会社なのに高収入、扶養に入っているのに一定以上の収入がある場合などが挙げられます。

年収の項目は申し込み者が特に虚偽申告する確率が高い項目です。

気持ちはわかりますが、収入証明書の提出が必要になりますし、嘘が発覚すれば審査落ちすることもありますので正確な内容を申告することをおすすめします。

原因4:在籍確認できない

レイクの在籍確認は本審査の中で行われます。仮審査通過後に必要書類の提出が完了すると本審査が行われ、最終段階で申し込み者の勤務先に在籍確認します。

在籍確認は申し込み者が申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認するためのものです。レイクでは在籍確認は電話で行いますが、申し込み者本人が電話にでなくても特に問題ありません。

重要なのは電話でその職場に在籍していることの事実確認が取れることです。

在籍確認をクリアできないとカードローン契約はできませんし、時間がかかってしまって振込み融資に間に合わない恐れも考えられます。

どのようなことが原因で在籍確認できないのか事例を紹介します。

勤務先の休業日や終業後に電話された

レイクの在籍確認は基本的に勤務先に直接電話して確認を取りますので、勤務先が休業日だったり終業後だと電話がつながりません。

この場合、後日かけなおすことになりますので当然ながら当日中に審査が終らず即時振り込み不可となるケースがあります。

できる限り、勤務先の営業時間内に申し込みしましょう。

申し込み者が勤務先に在籍しているかどうかがわからない

これは特に大企業に勤めている場合に多いケースですが、部署がいくつも分かれていて本人が在籍する部署にまでスムーズに電話の取り次ぎができず、審査落ちとなってしまいます。

また部署の電話番号ではなく代表の電話番号を記入してしまえば、名前だけを告げても本人につながらないこともあります。

このようなことになれば確認が取れず審査落ちになることになりますので、自分が所属する部署もしくは一番近い部署の電話番号を申告するようにしましょう。

「そんな人いない」と言われてしまった

レイクの在籍確認は担当者の個人名を名乗ります。

そのため、営業や勧誘だと思われたり疑わしい内容の電話だと思われ「そんな人はいません」と言われてしまうケースもあります。

この事態を避けるには、在籍確認時に会社名を名乗ってもらうようにすることです。レイクは希望すれば「新生銀行の〇〇ですが、△△さんはいらっしゃいますか?」とてレイクとは名乗らずに在籍確認してくれます。

派遣先の電話番号を申告してしまった

レイクは派遣社員でも融資を受けられますが、派遣社員の場合は在籍確認の電話番号は派遣先ではなく派遣元です。

確かに在籍しているのは派遣先ですが、実際の給与を支払っているのは派遣元になりますので正しい勤め先は派遣元を申告しなければいけません。

また派遣元の会社の従業員が、派遣社員全員のことを把握しているわけではありません。そのため、派遣元に電話されても「そんな人はいません」と言われてしまう可能性もあります。

これを防ぐためには、在籍確認される前に派遣元に電話して「在籍確認の電話がある」と伝えておくことです。

レイクは書類で在籍確認もOK?

電話による在籍確認が難しい場合は、書類で在籍確認できないか相談してみると良いでしょう。レイクは積極的ではないですが、書類で在籍確認に応じてくれることもあります。

  • 社会保険証
  • 収入証明書

書類で在籍確認する場合は、上記2点の書類を提出してください。

どうしても電話で在籍確認できない場合は、申し込み後にレイクに相談してください。

レイク振込み融資が間に合わない!無人契約機でカードを受け取れば間に合う!

レイクで振込み融資するには、平日14時までに提出書類の確認を完了させなければいけません。

当日は仕事という方はもちろんですが、たとえ休みであっても14時までに必要な手続きを終わらせるのは簡単ではありません。締め切り時間が短いため、間に合わない可能性のほうが高いです。

もしもの時のためにも、振込み融資以外の方法で今日中にレイクからお金を借りる方法もご紹介します。

平日14時過ぎはレイクで振込み融資できない!無人契約機で手続きしよう!

振込み融資が間にあわなくても無人契約機で手続きしてカード発行できれば、その日のうちにお金を借りることが可能です。

平日14時がタイムリミットとなりますので、遅くても12時30分までに申込できないと振込み融資に間に合わない可能性が高いです。

もし申込する時間が12時30分を過ぎている場合または土日祝日の場合は無人契約機で手続きする方法へと切り替えるようにしましょう。

無人契約機で手続きする場合でも申し込みはWEB申し込みで構いません。WEB申込して仮審査を通過しましたら、必要書類を持って最寄りの無人契約機へ来店して契約すればOKです。

仮審査を通過すると、契約方法を選択する画面が表示されます。「インターネットで契約」か「無人契約機で契約」が表示されますので「無人契約機で契約」を選択してください。

無人契約機にて必要書類の提出と契約書類へ署名したら契約完了です。すぐにレイクカードが発行されますので、カードを使ってATMで借り入れしましょう。

レイクではじめての人が当日借り入れできるのは22時までとなります。

22時以降はATMにカードを入れても借り入れできませんので、その日のうちにお金を借りる場合は必ず22時までに済ませるようにしてください。

レイクで最短最速で振込み融資するには?振り込みが遅くなる要因は

レイクで振込み融資を実現するには、いかに早く手続きを終わらせるかがポイントとなります。

レイクの申し込み方法は様々ですが、審査時間や融資時間を考えるとどの申し込み方法でもそこまで大きな差はありません。

振込融資に影響するのは他にあります。ここでは振り込み融資にかかる時間に影響する要因を紹介します。

レイクで申込限度額50万円超えは時間がかかる!即振込み融資希望なら少額で申込むこと

レイクに申込む際、希望の限度額を記入しますが、この金額によって審査にかかる時間が変わってきます。

基本的に申込金額が大きくなると審査に時間がかかります。目安は50万円です。

50万円を超える申し込みをすると、収入証明書の提出が必要になります。限度額が大きくなるとそれだけレイクの貸し付けリスクは高くなりますので、慎重に審査するようになります。

また収入証明書が必要ということで書類の準備に時間がかかってしまうことも考えられます。本人確認書類と違い、種類によってはすぐに用意できないものもあります。

その日のうちに収入証明書を提出できなければ振込み融資はできませんから、希望限度額は収入証明書が不要となる50万円以下で申し込むのが良いでしょう。

多めに借りたい気持ちもわかりますが、初回から高額融資を受けるのは非常に難しいです。

利用実績を積めば増額審査を受けることもできますので、初回申し込みではとりあえず50万円以下で申込することをおすすめします。

申込ブラックは振込み融資できないどころか審査落ちになる可能性もある

個人信用情報がごちゃごちゃしているとカードローン審査に時間がかかる可能性が高いです。既に他社から借入している場合はもちろんですが、複数の申し込みをしている場合も審査に時間がかかります。

個人信用情報にはカードローンに申込したという事実も記録されます。

レイクの審査担当者が信用情報をチェックした際に多数のカードローンの申し込み情報が記録されていると「お金に困っている」と思って慎重に審査されてしまい、融資に時間がかかってしまう可能性が高くなります。最悪の場合、審査落ちもあり得ます。

まずは申し込みはレイク1社だけにして、レイクでダメだった場合に2社目、3社目と申込むようにしましょう。

レイク振込み融資は郵送物に注意

レイク振込み融資は、申し込み~契約まですべてWEBで済ませることができます。

基本的には借り入れや返済にはレイクカードを用いますが、振込み融資を利用すればレイクカードが届く前でもお金を借りることができ便利です。

ただし、ここで1点注意しなければいけないことがあります。

それがローンカードの郵送物です。WEB完結で契約しても、後日、レイクカードが自宅に送られてきてしまいます。郵送物を家族に見られてしまえば借金していることがバレル可能性があります。

レイクでは2017年2月より、カードレスでWEB完結申込みに対応しています。これにより郵送物を気にすることなく振込み融資ができるようになりました。郵送物が心配で申し込みを躊躇っているという方も安心してレイクを利用できます。

契約時にカード発行なしを選択しても後から発行することも可能です。カードレスが利用しにくいという時は、レイクに電話してカード発行手続きをしてもらいましょう。