1. 旦那に秘密でネットキャッシングをした私【体験談】

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

旦那に秘密でネットキャッシングをした私【体験談】

スマートフォンやパソコンの普及によって便利に使えるようになったネットキャッシングは、子育てや家事で忙しい主婦でも自宅で手続きができるということで、多くの利用者がいるようです。

今回は実際にネットキャッシングを利用して、旦那さんへの秘密と借入額を膨らませていった主婦の女性にインタビューをして、体験談をまとめてみました。

【体験者の情報】
名前:高柳 摩央(仮名)
性別:女
職業:専業主婦
年齢:33歳
借入件数:2件
会社名(借入先): 楽天カード、エポスカード
利用時期: 2011年~2013年頃、
借金の合計額:楽天カードで 50万円、エポスカードで50万円

最初は給料と貯金だけで大丈夫だった・・

今回お話をうかがったのは、北海道にお住まいという高柳摩央さん、33歳。現在主婦の高柳さんは、出産前まではキャリアウーマンだったということで、知的で魅力的な雰囲気の女性でした。

独身時代は自分のお給料でやりくりできていた高柳さんでしたが、妊娠を機に会社を退職し、出産、育児というステップを経ていくなかで、旦那さんのお給料だけでは生活できない現実に直面したようです

そんな彼女は、ネットキャッシングという便利な存在を知り、以前から持っていたクレジットカードを使って借入することになります。

今回は、彼女がキャッシング利用に至った経緯や、そこから利用額が増えていった体験談を語っていただきました。

利用のきっかけは、妊娠、結婚、出産・・

― キャッシングを利用することになった経緯を教えてください。

20140311171408-32S主人と知り合うまでの私は、恋愛願望や結婚願望もなかったので、会社の同僚や女友達と一緒に飲み歩きや食べ歩きをするのをストレス解消にしていました

以前から物に執着のなかった私は、そんなに買い物をしていなかったのですが・・。みんなと毎日食べ歩きなんて生活を続けていた私は、キャリアウーマンで高収入の割には全く貯金のできない女性だったようですね。(笑)

そんな私は主人との交際1年で妊娠し、そのまま寿退社をして、主婦になりました。主人と2人だけの生活なら、彼のお給料だけでも暮らしていけたでしょう。

でも私達は結婚と同時に出産準備をしなくちゃいけなかったので、その時点で、生活費以外のお金が必要だったのです。私のネットキャッシング利用は、その頃から始まりました。

― 以前からネットキャッシングを知っていたのですか?

いいえ。ネットキャッシングどころか、普通のキャッシング、消費者金融というキーワードとも無縁の生活をしていた私ですが、主婦になってからの私は、妊娠中にネットサーフィンをしているうちに「ネットキャッシング」という言葉が目に入ってしまったのです。

最初は、「ネットキャッシングって何だろう?」という興味だけだったのですが、自分のマタニティ服や、これから生まれてくる赤ちゃんの物を買わなければ・・と考えていたら、いつの間にか楽天カードでネットキャッシングを利用している自分がいました。

― 手続きは簡単でしたか?

はい。驚くほど簡単でした。キャッシングや消費者金融にネガティブなイメージを持っていた私でしたが、店舗やATMを利用する必要がなかったので、お金を借りているという認識がありませんでした。

もしこれが消費者金融の店舗での審査や融資というステップが入ったら、おそらく私は罪悪感に苛まれていた気がします。

ネットキャッシングの場合は、自宅にいるだけで楽天銀行の口座に借入額が入ってきましたので、旦那に秘密というよりも、自分自身もキャッシングをしているという認識がなかったんです。

以前から持っていた楽天カードでの借り入れだったので、金利も消費者金融系よりも安そうなイメージで・・。キャッシング初心者の私は、何でもイメージだけで手続きをしちゃっていたのだと思います。

最初はちょっとのつもりが・・

― キャッシングのお金は、どんな使い方をしましたか?

最初は10万円だけ借りて、そのお金で自分のマタニティウェアや、出産準備の買い物をしました。生活費には困っていなかったので、旦那にキャッシングしたことを知られることもなく・・。

ただ産婦人科で他の妊婦さんに負けたくないという想いがあって、ちょっと高額なマタニティウェアを買ってしまったんですよね。でもそんな事実は、もちろん旦那には内緒で・・。

本当はデパートで買ってきたのに、近所のショッピングセンターのセール品だと嘘をつきました。

― キャッシングは、1回だけの利用だったのですか?

いいえ。そこから、何度も何度もキャッシングを繰り返すようになりました。ネットキャッシングの危険なところは、「お金を借りている」という認識が薄れていくことなのだと思います。

例えば借入額の10万円がATMから出てきたら、その時点で少しびっくりするじゃないですか。でもネットキャッシングは口座に振り込まれるだけなので、金銭感覚が麻痺したような状態に陥っちゃうんです。

私自身はキャッシングのお金を使う時、自分の口座から引き出しだけなので・・。そんな私は、楽天カードのキャッシング枠50万円だけに留まらず、ショッピング用で持っていたエポスカードにまで手を出すようになってしまいました。

キャッシングの利用を止めようと思ったきっかけ・・

― そんなに活用していたキャッシング利用を、なぜやめたのですか?

エポスカードのキャッシング利用は、ネットではありませんでした。「よし!今日はエポスから20万円借りちゃおう!」と思ってATMに行った時に、機械から出てきたお金が、自分と初任給と同じボリュームだと気付いたのです。

私はその瞬間、我に返り、自分がこれまで借り続けてきた金額の大きさに「ハッ」としたのでした。

― キャッシング利用を止める際に、大変だったことはありますか?

それからの私は、旦那の給料のなかで、全てをやりくりする決意をしたのですが・・。赤ちゃんはどんどん成長していくので、そんな彼女に可愛い洋服をたくさん買えないことに対して、ちょっと苛立つ毎日が続いたこともあります。

「旦那と2人なら、普通に生活できるのに・・。」と思うと、妊娠・出産だけでなく、会社を寿退社した自分の選択までも失敗だったと感じてみたり・・・。

でもそんな話は旦那には言えないので、夫婦の間で秘密や嘘をつくことが、自分自身の首を絞めるということに気付きました。

結婚前から旦那に何でも相談してきた私だったので、彼に初めてついた嘘によって、自分の中で悪循環に陥っていったのだと思います。

完済に向けて・・

― 返済は、きちんとできていますか?

はい。食費や光熱費の節約をして、そのお金を返済にまわすようにしています。赤ちゃんの洋服などは、友人知人のおさがりをもらって、将来のために貯金もしたいと思うようになった私です。

自分のマタニティウェアや赤ちゃんの洋服が可愛いことも大事ですが、これから子供の教育やマイホーム資金も必要になると思うと、見た目に拘っているうちは悪循環から逃れられないと感じるようになりました。

そんなことに気付いた私は、旦那のお給料を大事に使うようになり、完済に向けて前向きに進み始めています。ATMの前でハッとしてからの私は、その時期からキャッシングをしなくなりました。

楽天カードとエポスカードのキャッシングでトータル100万円ほど借りてしまいましたが、これからはもうキャッシングに頼らない生活をしていきたいと思っています。

― キャッシングは貴女に何を教えてくれましたか?

「見栄を張ること、旦那に秘密を作ることは、ダメ!」ということです。自分の見栄や旦那への嘘が、ここまで自分を苦しめるとは思っていませんでした。

これ以上借金が増えたら、離婚されていたかも・・と考えると、安易にネットキャッシングを利用してしまった自分の短絡的な考えに恐怖を感じます。これまでキャッシングと無縁の暮らしをしてきた私でしたが、今回のことが良い教訓となりました。

共有のお願い

この記事は誰かの役に立ちそうですか?もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。