1. 新生銀行カードローン レイクは契約社員でも借り入れできる?審査基準は?

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

新生銀行カードローン レイクは契約社員でも借り入れできる?審査基準は?

派遣社員と同様に、契約社員で新生銀行カードローン レイクを利用している方も多く、特に給料日前の金欠時に利用しているというコメントを多く見受けます。

他のキャッシングと比べて新生銀行カードローン レイクが人気なのは、総量規制の対象外となるため、「年収・収入に対して借入額はこれだけ」という基準がないことです。

消費者金融ですと、年収300万円ならば融資は最高100万円ですが、新生銀行カードローン レイクなら100万円超の借入も狙えるのです。

審査・借入条件については規定によると、「満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方」となっています。
安定収入という解釈は曖昧ですが、職業に関してはあまり問われません。

申し込みで注意したいポイント】

申し込みで注意したいポイントは、ウソの記載をしないことです。
ウソの記載が許された時代もありますが、今は当時と同じ感覚では借りられませんので、ローンからしばらく遠ざかっていた方は注意が必要です。

お金を借りるということは、いわば信用を売ることです。
新生銀行カードローン レイクなどのキャッシングは小口融資なので、担保・保証人は必要としませんが、個人の信用は重視されます。

金利に関しては、いろいろな属性を考慮して決められていきます。

実質年率4.5%~18.0%の範囲内で設定され、限度額に比例する仕組みとなっています。
利用額が高額になるほど金利は低くなりますが、それを理由に利用額を増やすという考えはいけません。

ローンを賢く使うコツは、金利を下げることよりも利息を少なくすることなのです。
たくさん借りれば実質年率は低くなりますが、借入元金が増えるので利息は増えてしまいます。