1. 新生銀行カードローン レイクは母子家庭でも借り入れできる?審査基準は?

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

新生銀行カードローン レイクは母子家庭でも借り入れできる?審査基準は?

新生銀行カードローン レイクは母子家庭の方でもお借入れをしています。そもそもキャッシングやカードローンというのは、お金に余裕があれば借りないものでしょう。

金銭的に余裕がない人のためのローンですから、そうした方が借りられなければ意味がないのです。

かつての新生銀行カードローン レイクは消費者金融でしたが、今は銀行のローンになりました。金融機関のなかで、銀行ほど身近で安心できるところはないでしょう。

現在は消費者金融の知名度・信頼度も高まっていますが、まだまだ銀行には及びません。

目 次

母子家庭の方は、「銀行が融資してくれるはずがない」と決め付けてしまい、街金などから借金してしまうケースが多いのですが、金利が高めに設定されているので避けるべきでしょう。

「審査なし」といった危険な触れ込みの業者から借りるのはもっといけません。

甘い言葉には必ず裏があるので、100%融資などの言葉には騙されないようにしてください。

銀行融資の新生銀行カードローン レイクのホームページでは、簡易審査のコーナーを用意しています。お借入れ診断では、簡単な4項目に入力するだけで、結果がわかる仕組みになっています。

「収入が少なくて不安な方」「過去にブラックになった方」「生活保護を受給している方」などもお借入れ診断を受けることができます。

ここでの結果を見てから、申し込みをするかどうか決めてもいいのです。個人情報を教える必要はなく、生年月日・年収・他社借入金額・件数を入力するだけです

「融資できる可能性があります」と表示されたら、借りられる可能性があるということです。

母子家庭はレイクと公的融資を使い分けるのがおすすめ

母子家庭でも国や自治体からお金を借りることができる公的融資制度があります。

無条件で融資を受けられるわけではなく、審査を通過しなければいけない点ではカードローンと同じです。

また手続きが複雑なうえに時間がかかりますが、ほぼ無利息に近い形でお金を借りることができる公的融資制度も多いですので、新生銀行カードローンレイクでお金を借りようと考えている方も、申込する前に一度目を通しておくことをおすすめします。

新生銀行カードローンレイクと公的融資制度、当然ながら双方にメリット・デメリットが存在します。どっちが良いというわけではなく、大切なのは自分が置かれている今の収支状況に合わせて見定めて上手く使い分けることです。

レイクと公的融資制度の違いは「資金使途」「借り入れまでにかかる時間」「金利」の3つです。

新生銀行カードローンレイク 公的融資制度
資金使途 原則自由に使える
(事業性資金は除く)
制限されている
借り入れまでに
かかる時間
最短1時間 約1ヶ月以上
金利 4.5%~18.0% 無利子もしくは低利子

資金使途はレイクのほうが幅広い

新生銀行カードローンレイクは、事業性資金以外であれば原則自由に使用することができます。生活費や冠婚葬祭はもちろんのこと、欲しいものがあって借りたいという場合でも利用することができます。

これに対し公的融資制度はレイクのように自由には使えません。公的融資制度には目的に適した資金の種類に分かれており、どのようなことにお金を使えるのかが決められています。

本来の資金使途と違う目的で使った場合は返還請求されてしまいます。

借り入れまでにかかる時間はレイクが早い

借り入れまでにかかる時間はレイクのほうが断然早いです。新生銀行レイクは仮審査であれば結果が出るまで最短即時です。

スマホの申し込み完了画面にすぐに結果が表示されますし、手続きがスムーズに行けばその日のうちにお金を借りることだってできます。

これに対し、公的融資制度は手続きが複雑な上に借り入れまでにかなりの時間を要します。申請してから実際にお金が借りられるまで早くても1ヶ月近くはかかるとされています。

時間に余裕があるとき以外は選択の余地がないと言えるでしょう。

金利は公的融資制度が断然低金利

新生銀行カードローンレイクの金利は4.5%~18.0%です。審査によりこの範囲内で金利が設定されますが、基本的に初回契約時に設定される利率は最高金利である18.0%です。

初めて利用する人は信用がゼロに近い状態であるため、レイクとしてもいきなり低金利で貸し付けることはできないのです。

これに対し、公的融資制度は無利子もしくは低利子でお金を借りることができます。

手続きに手間と時間がかかるのがネックですが、その分、レイクとは比べ物にならないくらい低金利で借りられるのはかなり魅力的です。

母子家庭が利用できる公的融資制度

母子家庭が利用できる公的融資制度には具体的にはどのようなものがあるのかご紹介します。

母子父子寡婦福祉資金貸付制度

母子父子寡婦福祉資金貸付制度とは、母子・父子・寡婦家庭の経済的自立支援や扶養している子どものために必要な資金を借り入れできる制度です。

大きな特徴はカードローンよりも圧倒的に低金利でお金を借りられることです。

レイクの金利は4.5%~18.0%ですが、母子父子寡婦福祉資金貸付制度の金利は年1.0%です。保証人を立てれば無金利で借りることもできます。

貸付金は使用用途で12種類に分けられています。

資金使途 限度額 返済期間 返済猶予期間
転宅資金 26万円 3年 6ヶ月
生活資金 技能習得中:月額141,000円
その他:月額103,000円
生計中心者以外:月額69,000円
5年~20年 貸し付け期間
終了から6ヶ月
住宅資金 150万円 6年 6ヶ月
修業資金 月額68,000円 6年 技能習得後1年
修学資金 月額27,000円~96,000円 5年~20年 卒業後または
就学資格喪失後6ヶ月
就職支度資金 10万円 6年 1年
就学支度資金 46,000円~59万円 5年~20年 卒業後または
技能習得後6ヶ月
事業継続資金 142万円 7年 6ヶ月
事業開始資金 283万円 7年 1年
結婚資金 30万円 5年 6ヶ月
技能習得資金 月額68,000円 10年
生活費と併用の
場合:20年
技能習得後1年
医療介護資金 医療:34万円
介護:50万円
5年 医療・介護終了時
から6ヶ月

上記資金のうち、就業、就学、就学支度は無金利で借りることができます。その他の資金は年1.0%の金利がかかりますが、連帯保証人を立てることができれば無金利で借りられます。

また母子父子寡婦福祉資金貸付制度には据置期間が設けられています。据置期間とは元金の返済開始が猶予される機関のことです。機関中は利子のみ返済すればOKです。

この制度は「貸し付け」ですので当然ながら審査があります。返済できないと判断されてしまうと貸付を受けることはできません。そのような場合は他の制度の利用を検討しましょう。

母子父子寡婦福祉資金貸付制度の申請先は各都道府県によって異なりますので、利用する際は近くの社会福祉事務所等に相談してください。

母子父子寡婦福祉資金貸付制度は申請から貸し付けまでに時間がかかりますので注意してください。申請してから貸付されるまで約1ヶ月~3ヶ月ほどの時間がかかります。

生活福祉資金貸付制度

主に低所得者世帯に対して融資を行う制度です。都道府県社会福祉協議を実施主体として、市区町村社会福祉協議が行っている支援制度の一つです。各市町村が相談窓口となっています。

生活福祉資金貸付制度を利用できるのは、現在住んでる自治体が窓口となりますので住居を確保しているもしくは見通しのある方が前提です。

金融機関で融資を受けられない低所得の母子家庭でも返済能力を認められれば融資を受けることができます。

生活福祉資金貸付制度の資金の種類は9つあります。

資金の種類 貸付額 金利 返済期間
生活支援費 2人以上世帯:
月20万円以内
1人世帯:月15万円以内
保証人あり:無利子
保証人なし:1.5%
10年
住宅入居費 40万円以内 保証人あり:無利子
保証人なし:1.5%
10年
一時生活再建費 60万円以内 保証人あり:無利子
保証人なし:1.5%
10年
福祉費 580万円以内 無利子 20年
緊急小口資金 10万円以内 12ヶ月
教育支援費 高校:月3.5万円以内
高専:月6万円以内
短大:月6万円以内
大学月6.5万円以内
無利子 20年
就学支度費 50万円以内 無利子 20年
不動産担保型生活資金 土地の評価額の70%程度
月30万円以内
年3%または長期プライムレートのいずれか 契約終了後3ヶ月以内
要保護世帯向け不動産担保型生活資金 生活扶助額の1.5倍以内 年3%または長期プライムレート 契約終了後3ヶ月以内

土地や建物など不動産を持っている場合は、それを担保にしてまとまったお金を貸してもらうこともできます。

生活福祉資金貸付制度の利用を検討する場合、まずは窓口となる自治体の福祉課や社会福祉協議会に相談に行きます。

職業訓練給付金

公的貸付制度やカードローンで一時的に不足するお金を賄えたとしても、同じような収入で生活していくとなると、いずれ同じように生活苦に陥ってしまう可能性が高いです。

そうならないためには親が今よりも高い収入を得られるようにすることが大切です。安定した仕事に就けるための資格取得を援助してくれる制度があります。

高等職業訓練給付金

看護師、介護福祉、歯科衛生士など取得するのに時間がかかる(1年以上)資格の取得時に毎月一定の金額の給付金を受け取ることができる制度です。

給付金額は就学中の場合は月額75,000円、市町村民税非課税世帯は月額10万円、修了時は25,000円~5万円となります。

自立支援教育給付金

母子家庭・父子家庭の親が、対象となる講座の教育訓練施設に支払った費用の6割もしくは20万円を上限として給付してもらえる制度です。就業の能力開発の取り組みの支援を目的としており、雇用保険の教育訓練給付の受給資格を有していなくても問題ありません。

ハローワークに求職申請を行い、職業訓練受講が必要と認められると、入学金と受講料の一部が支給されます。

中には自立支援教育給付金制度を実施していない都道府県もありますので、お住いのハローワークに事前に問い合わせてください。

急ぎの資金が必要な母子家庭はレイクが手っ取り早い!

公的制度でお金を借りるのは良い方法ですが、申請するのに手間と時間がかかるうえに借入条件が厳しいのがネックです。

急いでいる場合や、手軽にお金を借りたい場合は新生銀行カードローンレイクが手っ取り早い方法です。

レイクはネットで申し込めるからスピーディー

できる限り早くお金を借りたいという方はインターネットで申込むのがおすすめです。

スマホとパソコンどちらからでも構いませんので、レイク公式サイトにアクセスして申し込みフォームに必要事項を記入するだけで申し込みは完了です。

手書きで記入するよりも手間がかかりませんし、早く審査してもらえます。

レイクは仮審査が最短即時!だから結果がすぐわかる!

今日中にお金が借りられるかどうかは、審査結果が出るのにどれぐらいの時間がかかるかも重要です。

大手消費者金融ですと最短30分です。これでもかなり早いですが、レイクなら最短即時で審査結果を知ることができます。スマホやパソコンで申込めば、申し込み完了画面の表示と一緒に仮審査の結果も表示されます。

審査結果がすぐわかれば、その分次の行動に早く移れますのでよりスピーディーな借入れを実現できます。

レイクはカードがなくても借りられる

カードローンは基本的に専用のカードがないとATMで現金を引き出すことはできません。いくら早く契約できても手元にカードがなければ即日融資は叶いません。

しかし、新生銀行カードローンレイクなら専用のカードがなくても、自分の銀行口座へ振り込んでもらう「振込キャッシング」でお金を借りることができます。

この方法なら、わざわざ自動契約機に出向いてカードを受け取らなくて良いので、来店する暇がない方でも即日で借り入れできて便利です。

ただし、振込キャッシングで当日中に融資できるのは平日の14時45分までに振込依頼した場合に限られますので、その点には注意してください。

自動契約機なら夜間も対応

即日融資をできるだけ確実なものにしたいというのであれば、自動契約機を使って手続きするのがおすすめです。

レイクの自動契約機は夜遅くまで営業していますので、その日に申し込んで借り入れできる可能性が高いです。

ネット申し込みして審査通過後に来店すれば、自動契約機では簡単な手続きだけで済みますのでよりスムーズに借入ができます。

レイクの自動契約機で即日融資するには、22時までにATMで借入することが条件となります。

自動契約機は24時まで営業していますが、初めてレイクを利用する人の当日借入は22時までとなるからです。そのため、自動契約機には遅くても21時までに来店して手続きできるようにしましょう。

ATMは自動契約機に併設されてますので契約完了後すぐに借り入れできます。

レイクから借りる前に自治体から借りられないか確認しよう

新生銀行レイクは急ぎのときやすぐにお金が必要という場合に便利ですが、その分金利が高いのがデメリットです。

公的融資制度に申請したけど断られてしまったという場合や、どうしても今日中にお金が必要で金融機関から借りるしか方法がないという場合はレイクへ申し込みを検討すると良いでしょう。

逆に公的融資制度を利用できる立場にあり時間に余裕があるのであれば、新生銀行レイクからお金を借りる前に今回紹介した融資制度を検討&申請して見るのが良いでしょう。