1. 新生銀行カードローン レイクは派遣社員でも借り入れできる?審査基準は?

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

新生銀行カードローン レイクは派遣社員でも借り入れできる?審査基準は?

派遣社員でお金の工面に困っている方は、キャッシングの新生銀行カードローン レイクをおすすめします。

新生銀行のローンとして生まれ変わったことで、今までよりも有利な条件で借りることができます。

何より総量規制の対象外となったことが大きく、年収の3分の1をすでに借りている方でもチャンスがあります。

派遣社員・OLはアルバイト・パートと比べて、収入は多い傾向があります。そのため、融資額は多くなるケースが多いですが、むやみに希望額を多くしないのがコツです。

ローンで失敗する方の多くに見られる特徴が、「借りられるだけ借りよう」と考えていることです。

手元にお金がたくさんあれば安心につながり、困ったときにもすぐ対処できるでしょう。しかし、ローンは自分のお金ではなく、返済の義務があることを忘れてはいけません。

レイクに年収制限はあるの?借入れと年収の関係について

新生銀行レイクには年収制限は設けられているのでしょうか?もし年収制限があるのであれば、制限のない他のカードローン会社を選びたいものです。

ここでは新生銀行レイクの年収制限について解説しながら、年収と利用限度額の関係について詳しくご紹介していきます。

新生銀行レイクには年収制限はあるの?

新生銀行レイクへの利用条件は「満20歳上70歳以下」「原則安定した収入がある方」です。「年収〇〇万円以上」といったように年収制限はありません。

安定収入があれば低年収でもレイクに申し込めるということです。

しかし、厳密に言えば年収が全く関係ないというわけではありませんので、その点は勘違いしないよう注意してください。

レイクとしてはきちんと返済してもらわないと困ります。その為には、利用条件にあるように安定した収入が必要なわけですから、年収が全く関係ないということはありません。

派遣社員でも収入が安定的ならレイクで借りられる

「安定した収入」を利用条件に掲げているのはレイクに限ったことではありません。大抵のカードローンは安定収入があることを利用条件としています。

しかし年収いくらからが安定収入といえるのかが気になるところ。派遣社員はパート・アルバイトに比べると年収は多いかもしれませんが、正社員に比べると少な目であることが多いです。

職業によってレイクは利用できないものかと思ってしまいますね。

しかし安心してください。低年収であっても月々の収入が安定していればレイクで借りることは可能です。

現に派遣社員として働いていてレイクから借入している人はたくさんいます。決して年収が高くないからと言ってレイクの審査に通らないということはないのです。

ただし、注意しないといけないのは、借入限度額です。ここで年収が大きく関係してきます。

レイクは総量規制対象外ですが、昨今、銀行カードローンの過剰貸付が問題となり以前よりも貸付額にシビアになってきている傾向にあります。

都市銀行では総量規制の仕組みを審査に導入し始めており、借入限度額は年収3分の1以下に留めるとしています。

レイクも同様の仕組みを導入しているかは不明ですが、その可能性は否定できません。

つまり借入限度額は年収に応じて決められる可能性が高く、年収が高ければ限度額は多めに年収が低ければ限度額は少なくなるということです。

派遣社員でも新生銀行レイクの審査を通過できる可能性は十分ありますが、年収が低ければ高額な借入はまず無理と思ったほうが良いでしょう。

年収が低くてもOK?派遣社員がレイクでお金を借りるには

派遣社員はレイクの審査に通るのは難しいと思っていませんでしょうか?

レイクに限らずカードローンの審査で重要なのは「安定収入」と「収入に対する希望限度額が大きすぎない」という点です。

派遣社員でも年収が低くても、この点をクリアできていれば派遣社員だからという理由で審査落ちすることはないです。

ここでは派遣社員がレイクの審査に通るポイントを解説していきます。

派遣社員はレイクで借りられないは誤解!年収が安定していれば審査通過できる!

派遣社員は新生銀行レイクの審査に通るのが難しいと思っている人も多いですが、そんなことはありません。レイクは派遣社員でも申し込めますし、実際に利用している人もたくさんいます。

レイクの審査において重要なのは年収が高いことよりも安定していることですから、派遣社員でもこれから安定的な年収の見込みがある人は問題なく借りられる可能性が高いです。

レイクの審査では収入の多い少ないよりも、収入の安定性が重要です。さらに収入に対して希望限度額が多すぎないかもチェックされます。

新生銀行レイクの公式サイトにある「お借入れ診断」に下記の条件で試してみたところ「ご融資できる可能性がございます」と出ました。

(引用元:レイク

(引用元:レイク

年収100万円台でも融資可能と出るのであれば、派遣社員の人でも自信を持ってレイクに申し込めるのではないでしょうか?

ただし、派遣社員に登録しているだけで働いていなかったり、短期派遣で収入が不安定な場合は申込できない可能性がありますので注意してください。

「本当に派遣社員でも大丈夫?」と不安になる人もいるかと思いますが、実際に新生銀行レイクのコールセンターに問い合わせてみたところ「年齢と安定した収入の条件を満たしていれば雇用形態は問いません」と答えてくれましたので、派遣社員でも安心してレイクに申し込んで良いでしょう。

レイクの審査は総合評価で決まる!年収が低くても大丈夫な理由

新生銀行レイクの審査でチェックされるのは年収だけじゃありません。勤続年数や居住区分、家族構成、他社借入件数など様々な項目をチェックしています。

そしてそれぞれの項目に点数をつけ、その総合点で融資するかどうかを決めているのです。

つまり、年収が低くマイナス評価になっても他の審査項目でカバーすることができれば問題ありません。

たとえば、レイクの審査通過ラインが50点以上だとします。年収の評価点数が1点だとしても他の審査項目の評価点数を合計して50点以上なら審査通過できるということです。

このように、レイクの審査は決して年収額だけで決まるものではないのです。

派遣社員はレイクでいくらまで借りられるのか?

派遣社員がレイクでいくらまで借りられるのか気になるところですね。カードローンの限度額は年収やその他の属性などにより決められます。

年収が高いほうが限度額が高くなる可能性が高いですが、初めての借入ですと、レイクでは50万円~100万円くらいまでが上限になりますが、実際にはもう少し低い限度額になると思ったほうが良いでしょう。

派遣社員が審査を有利に進めるには

派遣社員がレイクに申し込めることはわかりましたが、それを踏まえた上で審査を有利にすすめるポイントはあるのでしょうか。

審査項目はみな同じですので派遣社員だからといって審査が厳しくなることも甘くなることもありません。

保険証の種類で審査に有利・不利がわかれる

正社員またはフルタイムで働く派遣社員ですと、勤め先や派遣元から社会保険証が発行されます。逆に勤務時間が短いまたは勤務日数が少ないと国民健康保険に加入することになります。

国民健康保険証だから審査に通らないということはないですが、安定的に仕事をしていることを証明できることを考えると社会保険証や組合保険証のほうが審査は有利になる可能性が高いです。

フルタイムで働いているということは、より安定した年収が見込めることの証明になります。同じ派遣社員でも健康保険証の種類で有利不利が分かれてしまうのです。

勤続年数は長いほうが年収は安定的!

レイクの申し込み書には勤続年数を入力する項目もあります。一つの職場で長く働いている方が収入が安定していると見なされやすく審査に有利です。

また勤続年数は長いほうがこれまで安定して働いてきて、今後も継続して働けそうだと推測できます。借りたお金をきちんと返済してくれる可能性が高いと評価されやすいのです。

勤続年数は1年以上あると審査に有利とされています。逆に1年未満だと審査に不利になる可能性大です。

審査に最も影響する借入額について

申し込み・審査に最も影響するポイントは借入額なのです。

新生銀行カードローン レイクの口コミを見ますと、派遣社員で同じくらいの年収なのに、あっさり借りられる人と、何度チャレンジしても借りられない人がいるのです。

派遣社員・年収・その他の属性は同レベルなのに、どこで審査の合否がわかれるかというと、それは多くの場合において借入額なのです。

年収300万円の派遣社員がお金を借りる場合、借入額100万円と30万円ではどちらが返済しやすいでしょうか?

返済しやすいと金融事故が起こりにくく、業者としては安心できるものです。
そのため、借入額は少なくしたほうが審査ではプラス評価となるわけです。

レイクは年収と限度額のバランスも重要!無計画な借入は審査落ちの可能性大!

レイクの審査では年収と限度額のバランスも重要です。収入に見合わない金額の借入れを希望してしまうと審査落ちしやすく鳴りますので注意しましょう。

例えば・・・

  • 年収150万円の派遣社員が10万円の借り入れを希望する
  • 年収150万円の派遣社員が50万円の借り入れを希望する

もし、あなたがお金を貸す立場であればどちらにお金を貸しても良いと思うでしょうか?恐らく殆どの方は10万円の借り入れを希望するほうでしょう。

年収150万円の人に50万円も貸すのは不安ですよね。

レイクの審査も同じで、年収に対して借入額が大きいほど返済は難しくなると判斷され、その逆で借入額が小さいほど順調に返済できると判断されやすいです。

審査通過を1番に考えるのであれば、希望限度額は少ない額にしておくことです。年収に見合わない限度額を希望してしまうと審査落ちする可能性が高いです。

消費者金融は総量規制の対象となり年収3分の1以下までしか借りられませんが、レイクのような銀行カードローンは総量規制対象外となりますので年収3分の1以上の借入も可能ですが、希望限度額が多すぎると厳しくされますので注意が必要です。

同時申し込みに注意!4社以上なら審査落ちの可能性大!

レイクの審査に通るか心配だからといって、同時にいくつものカードローンに申込むのは止めましょう。審査担当者に「お金に困っているみたいだから返済できるか怪しい」と疑われてしまいます。

同時申し込みは避け、1社ずつ丁寧に申込むようにしましょう。

カードローンに申込むと必ず個人信用情報機関に記録されます。レイクや他のカードローン会社は、審査時に個人信用情報機関を通して申し込み者の信用情報を照会します。

そして他社カードローンに申し込みしている事実は、簡単に知られていまいます。

個人信用情報機関には、申込履歴だけでなく、他社で借入していないか、過去に金融事故を起こしていないかなどローンやクレジットに関する利用履歴が登録されています。

そのため、他社借入お金を借りていないと嘘をついても必ずバレますので、申し込み書には正直に記入しましょう。

長期滞納や債務整理など、返済で問題を起こすと個人信用情報機関には「異動」情報が登録され、5年~10年間は残り続けます。

異動情報が残っている間はレイクや他のカードローン審査に通ることは難しいです。

信用情報は自分で開示請求して見ることもできますので、不安な場合は申し込み前に一度開示請求してみると良いでしょう。

なぜレイクの審査で年収の高さが重視されないのか

レイクの利用条件からもわかるように、審査では年収の高さはあまり重視されず安定性が重視されます。これは何故なのでしょうか?

もちろん年収が高いほうが限度額は多めに設定される可能性が高いですが、審査通過という観点においては年収の高さはあまり関係ありません。大切なのは「どれぐらい安定して給料を貰えているのか」を見ています。

カードローンで借りたお金は、時間をかけて返済していくもの。もちろん、中には一括で返済する人もいますが、大抵の人は何回かに分けて返済していきますね。

たとえば、50万円借りて一括で返済するとなるとかなり大変ですが、5年で完済すればOKとなれば毎月返さないといけないお金はそんなに多くないです。

レイクは収入が少ない人でも審査に通すことができるというわけです。

レイクにとっては大金を1回で完済されるよりも、毎月決められた返済額をきっちり返していけるほうが重要です。

たとえば、50万円借入して5年で完済するとなると月々の返済額は約13,000円です。これをきちんと返せるのかどうかが重要なのです。

審査では年収額を見ますが、元金ではなく毎月の返済額を基準に審査しますので、そこまで大きな心配をする必要はありません。

一月で大きな金額を稼いているというよりも、毎月無理なく返済できるだけの額を稼いていればOKです。

レイクは低年収=即審査落ちではない!

初回の借入限度額はレイクが決めます。

収入が少ないと「貸してくれないかもしれない」と不安になるかもしれませんが、レイクを利用できるかどうかはあまり関係ないです。収入が少なくても、それに見合った限度額を提示してくれるのです。

収入が大きいほうがその分毎月多く返済することができるので限度額は高めになり、収入が少ない人は大きな金額を希望することはできません。

しかし、それはあくまで限度額に制限がかかるだけであって、レイクの利用そのものが制限されるわけではありませんので安心してください。

レイクの借入限度額は年収3分の1まで?過剰貸付問題による貸付上限の減額

銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法の元に運営提供されているため、総量規制の対象外です。年収3分の1以上の借入も可能であり、実際の貸付上限は多くても年収の半分までとされていました。

しかし、銀行カードローンの過剰貸付が問題となり、相次いで報告されている自己破産者の増加が原因となり、今後は貸付上限は年収3分の1までとする方針を改めました。

2017年4月27日、3大メガバンクである「みずほ銀行「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」が貸付額の自主規制を発表したことからも、今後は銀行カードローンで年収3分の1以上の借入れをするのは難しいことが予想できます。

レイクも貸付額を自主規制!?年収3部の1以上の借入は絶対できない?

銀行カードローンの過剰貸付が問題となったと言っても、貸金業法改訂の時と同じように法で制限を受けたわけではありません。一部の銀行がカードローンの取締を「自主的」に厳しくしているのが現状です。

3大メガバンクの1つである都市銀行のみずほ銀行では、自主的に総量規制を取り入れています。他社からの借入額と合算して年収3分の1という条件に該当した時点で、みずほ銀行カード論の借入はできなくなってしまいます。

残る2つの都市銀行、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行カードローンでも利用規約は以前よりも厳しくなっています。

それぞれ限度額50万円以上の契約をする際は収入証明書を提出しなければいけません。

以前は限度額300万円までは収入証明書不要でしたが、これからは50万円以上の契約で収入証明書が必要になることからも審査基準が厳しくなったのがわかりますね。

そして新生銀行カードローンレイクも収入証明書の提出上限が変わっています。以前は100万円以上の契約で提出としていましたが、現在は50万円以上で収入証明書が必須となっています。

このことからも、新生銀行レイクも今後は貸付額を規制していくと考えられます。

法で制限を受けているわけではありませんので、年収3分の1以上を借りることも可能ではありますが、これまでよりも審査が厳格になることを予想すれば「消費者金融じゃ年収3分の1以上借りられないから銀行に申し込もう」などと軽い気持ちで申込しても、借りられる可能性は格段に低いと言えるでしょう。

なぜレイクで年収3分の1以上借りるのが難しくなったのか?その背景とは

レイクや他の銀行が自主的に動かなくてはいけないほど、銀行カードローンに対する取締が厳しくなった背景を詳しく見ていきましょう。

消費者金融利用者がレイクなどの銀行カードローン利用に移った

改正貸金業法改訂によって総量規制が導入され、貸金業者からは年収3分の1以上の借入ができなくなりました。既に多重債務を抱えている方は消費者金融の利用が不可能です。

これによって高まったニーズに応えたのが銀行カードローンであり、利用者は増加傾向となりました。

多重債務が原因で消費者金融から借りられない人達にとって、銀行カードローンは救いの手のように思えたかもしれませんが、むしろその逆で銀行カードローン利用者が増加したことで結果として自己破産件数が増えてしまったのです。

銀行と聞くと不思議と安心してしまうかもしれませんが、カードローンはカードローンです。返済が追いつかなくなる人はどうしても出てきます。

いくら銀行カードローンが低金利とは言え、他のローンに比べれば圧倒的に金利は高いですし、返済能力を超えてお金を借りてしまえば返済は苦しくなります。

テレビCMなどでレイクなどの銀行カードローンは借りやすいと認識されるようになった

改正貸金業法が改訂されたぐらいから、テレビなどで銀行カードローンのCMを目にする機会が多くなりました。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行を始め、新生銀行レイクでもCM放送を行い「銀行カードローンは借りやすい」と認識されるようになり、ますます利用者を増やしました。

新生銀行レイクは銀行口座がなくても利用可能

銀行カードローンは基本的にその銀行の口座を持っていないと利用できないものです。

しかし、近年では口座を持っていなくても利用できるカードローンが増え、新生銀行レイクも口座開設不要で融資を受けることができます。

審査基準も厳しくなく、誰でも気軽に使えるイメージがますます強くなっていったのです。

レイクは総量規制を超えた貸付が困難に

総量規制によって貸付額が制限された消費者金融は貸出残高が減少していく一方で、銀行カードローンは貸出残高が大幅に増加。これに伴い、2016年に入り多重債務者の推移が13年ぶりに増加してしまいました。

最高裁の統計によれば、2016年の個人の自己破産申請件数は6万4637件あり、その背景には銀行カードローン利用者の増加があるとされ、銀行カードローンの消費者への貸しすぎが問題されています。

そして平成28年に、銀行カードローンは金融庁から過剰な貸付を行わないようにと警告を促されました。

これを受けた銀行カードローンは自主規制へと踏切り、これまで年収の2分の1までとしていた個人向け貸し付けの上限を年収の3分の1までに引き下げました。

以前までは銀行カードローンのみ総量規制を越えての貸し付けが可能でしたが、自主規制によって、今後は総量規制超えの貸し付けは困難になっていくことでしょう。

年収3分の1以上借りたいから銀行カードローンに申し込もうと思っても、総量規制の範囲内でしかキャッシングが行えなくなる可能性が高いです。

レイクの審査で嘘の年収はバレる?

年収が低いから嘘の年収を申告してしまう方もいます。どうせバレないだろうと考えているようですが、ほぼ間違いなくバレますので嘘はやめましょう。

誤差程度であれば問題ないですが、例えば実際の年収は200万円なのに300万円で申告するなど明らかな嘘はやめたほうが良いです。審査中に怪しいと判断すれば収入証明書の提出を求められることもあります。

新生銀行レイクでは限度額50万円以下の場合は収入証明書は原則不要です。しかし、原則と言っているからには例外があります。

今回のように、嘘の年収を申告して怪しいと思われた時は、たとえ限度額が50万円以下であっても収入証明書を提出することになります。

また怪しまれない程度の嘘でもバレてしまうことはあります。過去にカードローンを含めた金融商品に申し込みしたことがあるのであれば、個人信用情報機関にそのデータが残っているからです。

そのデータが数年前のものなら、年収が変わっていても何ら不思議ではないですが、1年以内など直近の記録が残っていると嘘をついていることがばれる可能性が高いです。

先にも説明したとおり、誤差程度のズレなら問題ないですが、年収200万円のところ300万円で申告したなど、明らかに水増しした金額は嘘だということがバレます。

レイクの申込で年収は手取りと支給額どっちを申告すればいいの?

年収を申告する上で、気になるのが「手取り」と「支給額」どちらを申告すればよいのか分からないという点です。

上述したように、実際の年収と大きなズレがあれば嘘をついている判斷され審査落ちにされてしまいますから、正しく申告する必要があります。

これはレイクに限ったことではありませんが、年収は「支給額」を申告して構いません。手取り年収を申告してしまえば、当然ながら年収は低くなってしまいます。

レイクは銀行カードローンとは言え、自主規制により総量規制を一つの審査基準として取り入れている可能性が高いです。

低い年収で申告してしまえば、借入限度額はその分低くなってしまいます。そもそも年収が高いほうが審査は有利です。

レイク年収Q&A

レイク年収に関する疑問にお答えします。

Q1:年収を多めにしたらレイクの審査に有利ですか?

有利になるどころか審査落ちします。申込時の嘘はバレる可能性が高く、嘘が発覚すれば審査に通ることはないです。

実はカードローンの申込で年収の水増しをする人は結構多いようで、それが原因で審査落ちするのは決して珍しいことではありません。

また誤記入で桁を間違えた場合でも、審査落ちすることもありますので、正しく記入するようにしましょう。

Q2:年収300万円ですがレイクで限度額100万円借りられますか?

レイクで初回から限度額100万円以上設定される可能性は低いです。レイクとしては申し込み者が信用に値するか見極めたいでしょうか、様子見で初回の限度額は少な目に設定することが予想されます。

またレイクは総量規制対象外ですが、年収3分の1ギリギリの額を希望するとなると無理な借入れと思われ審査に不利になりやすいので気をつけましょう。