1. 新生銀行カードローン レイクは無職・失業中でも借り入れできる?審査基準は?

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

新生銀行カードローン レイクは無職・失業中でも借り入れできる?審査基準は?

目 次

無職・失業中の方がレイクを利用する場合は、借り入れ診断から試してみましょう

ホームページで診断でき、ここで「借入できる可能性がある」と表示されたら、そのまま本審査を受けてみましょう。

無職・失業中で収入がない方は、仕事を見つけて収入を得ることが先決ですが、就職活動をする資金がない方もいるでしょう。

消費者金融のカードローンやキャッシングの場合だと、収入がゼロだと借入額もゼロになります。総量規制の対象となりますので、法的に1円も借りることができないのです。

新生銀行カードローン レイクは銀行融資に該当するため、年収に対して○○万円までといった貸付制限がありませんので、審査を受けてみる価値はあると言えます。

新生銀行カードローン レイクでお金を借りる場合、審査で過去の借入履歴をチェックされます。

過去に遅延・ブラックなどがないことが好ましいですが、履歴は5年程度でリセットされますので、しばらくぶりに借りるという方は、借り入れできる可能性が高いです。

おすすめの申し込み方法は、インターネットを利用した方法です。ネットで審査・契約が可能であり、ご利用の金融機関の口座に振り込んでもらうこともできます。

無職・失業中の方は、対面審査を受けることに抵抗があるでしょうから、ネットで申し込むことをおすすめします。

お借入れ診断を受けるときは、現在の年収は正確に入力しましょう。年収がゼロでも、条件によっては「ご融資できる可能性があります」と表示されるので、無職・失業中の方もチャレンジしてみてください。

レイクの審査に通る無職と通らない無職

基本的にカードローンは申込する本人に安定収入がないと借り入れはできません。

改正貸金業法における総量規制の導入により、カードローン会社は個人の年収3分の1を超える貸し付けをしてはいけないとされているのです。そのため、収入がゼロであれば当然借り入れすることはできません。

そもそも収入がなければ返済ができませんので、お金を貸したカードローン会社は利益を得られないどころか大損してしまいます。

カードローン会社もボランティアでお金を貸しているわけではないので、収入がない人にお金を貸す訳にはいかないのです。

しかし、働いていなくても何かしらのお金を得ている方もいらっしゃいます。

ここではレイクの審査に通る可能性がある無職と通らない無職にわけて解説していきたいと思います。

無職でもレイクの審査に通る可能性がある人

無職で収入がない方はレイクを利用することはできませんが、条件次第ではレイクの審査に通る可能性があります。

配偶者に安定収入がある専業主婦(主夫)

専業主婦ということは働いていないわけですから無職に該当しますが、レイクの審査に通る可能性があります。

消費者金融だと総量規制の対象となるため収入のない専業主婦は利用できませんが、レイクは銀行カードローンなので総量規制対象外です。

配偶者の収入証明書を提出することでお金を借りられる可能性があります。

年金受給者

年金を安定収入とみなして貸し付けてくれるカードローン会社は少ないです。

年金とは別にパートなどで収入を得ていれば申込可能としていることがほとんどですが、新生銀行レイクでは年金収入のみでも審査に通る可能性があります。

ただし、申込可能な年齢に上限がありますので注意してください。レイクは20歳以上70歳以下としています。当然ながら71歳以上の方は申し込めません。

またレイクは年金受給者も利用可能とは言え、あまりおすすめできません。その理由は2つあります。

レイクは金利が高い

レイクは銀行カードローンなのに金利が消費者金融並みに高いです。返済期間が長くなれば利息を多く払うことになってしまいます。

年金受給者であれば自身の年金を担保にして融資を受ける「年金担保融資」のほうがおすすめです。

レイクとは比べ物にならないくらい低金利でお金を借りることができます。レイクの金利が4.5%~18.0%なのに対し年金担保融資の金利は1.6%です。

なお年金担保融資は民間の金融機関では行っていません。

「独立行政法人福祉医療機構」という機関でのみ提供しているサービスですので、もし民間の金融機関で年金担保融資を謳うサービスを見つけても絶対に利用しないよう注意してください。

厳しめに審査される

高齢者がレイクの審査に申し込む場合、通常よりも厳し目に審査される可能性が高いです。

歳を重ねれば重ねるほど貸したお金を回収できなくなるリスクが高まるからです。貸し倒れリスクが加味されるため、どうしても厳しい目で見られてしまいます。

また仮に審査通過できても、利用限度額は希望よりも少なく設定されることも考えられます。

不動産収入がある無職

家賃や駐車場など不動産による収入を得ている無職の方もいらっしゃるでしょう。

不動産収入は毎月入ってくるため、場合によっては安定収入とみなされて審査通過できる可能性があります。

ただし、レイクの審査では必ず在籍確認があります。在籍確認は勤務先に電話して確認を取りますので、いくら不動産収入があるとは言え勤務実態を確認することができません。

この場合、書類だけで返済能力を有していることを証明しなければいけないことになります。

毎月いくらの収入があるのか、どの程度安定しているのかをきっちりと証明する必要があるので、提出する書類は多くなるでしょう。

審査通過が難しい無職

次にレイクの審査通過が難しい無職について見ていきましょう。

具体的にはネット収入と株・FXによる収入を得ている人です。これらは安定した収入とは判断されず、あくまでも「一時的な所得」に分類されます。

働いていないけど収入を得ている人の多くは一時所得と得ていることになります。

ネット収入(アフィリエイトなど)がある無職

インターネットの普及により、ネットを使って収入を得ている人も少なくないです。

アフィリエイト収入やネットオークション、動画投稿サイト等の収益のみで生活している人がこのパターンに当てはまります。

収入を得ていることに間違いはないですが、どうしても金融機関からは不安定な収入と見られてしまいがちです。過去の収支を証明するのが難しいので審査はかなり不利です。

とは言え、ネット収入のみでもレイクの審査に通過されている人もいらっしゃいます。その多くは「個人事業主」として登録して審査通過に成功しています。個人事業主になれば無職ではなくなりますし、事業として確定申告すれば自身の収入が安定していることを証明できるからです。

株やFXで収入がある無職

本業として株やFXで収入を得ている人もレイクの審査に通る可能性は低いです。

過去に利益を安定して得ていたとしても、将来的に安定した収入が得られるとは判断されないからです。きちんと確定申告していても、収入が不安定であることに変わりはないですからいずれにしもて審査通過は難しいでしょう。

生活保護受給者もレイク審査は通らない

年金受給者はレイクの審査を通過できる可能性がありますが、生活保護受給者はレイクの利用はNGとなります。「国からお金をもらっている」という点では同じなのに、なぜ生活保護はダメなのでしょうか。

生活保護は「安定収入」ではない

レイクに限らずどの金融機関でも共通している申込み条件が「安定収入があること」です。

年金は安定収入であるのに対し、生活保護は安定収入ではないと判断されます。その理由は「お金の出どころが異なる」ことにあります。

年金はこれまで自分で働いて稼いで積立てたお金です。現在も収入があり安定していると判断されるわけです。

これに対し生活保護と言うのは税金から支給されるもの。収入を得られないからこそ国の税金から支給されるわけです。つまり収入がないというのが前提となっているということです。

生活保護受給者は「信用が低い」と見られる

カードローンは信用の上に成り立つ契約です。審査では申し込み者の「人格」「支払い能力」「資産」「自己管理」の要素から信用を精査します。

年金受給者は老後のためとしてお金を残すという目的意識がハッキリとあり、それに向かって地道にお金を積み立ててきたという実績があります。

カードローン会社は自己管理能力があると評価しているからこそ貸付してくれるのです。

これに対し、生活保護受給者は現在は無職もしくは働いていても低収入であることが洋装されます。生活保護は最低限の生活が送れるようにと支給されるお金ですから、カードローン返済はあてることができません。

支払い能力も資産も乏しく、安定した職についていないため人格や自己管理能力の低いと見られてしまいます。

カードローン会社としても、信用が低い人にお金を貸すのはリスクが高すぎるため貸し付けをしないというわけです。

そもそも法律違反である

生活保護受給者にお金を貸せないのは審査の問題だけではありません。そもそも生活保護受給者がカードローンでお金を借りることは法律に違反します。

生活保護を受給される方は、きちんと働いて収入に見合った支出をするよう励まなければいけません。

つまり計画的に生活していればカードローンに頼るような事態にはならないということです。そして、万が一頼るようなことがあっても、カードローンではなく国の役所に頼るべきです。

レイク利用中に無職になった場合はどうなる?利用停止になる?

レイクを利用中に失業して無職になった場合どうなるのでしょうか?

新たに就職活動をして職を探さなければいけませんが、その間、収入は途絶えてしまいますのでレイクに頼る可能性もあるでしょう。

無職になってしまった場合、利用中のレイクはどうなるのか解説していきます。

失業して無職になってもレイクは利用可能?

レイクに限らずカードローンを利用中に無職になってしまっても、基本的にこれまでどおり利用することは可能です。無職になったからすぐに利用停止とはなりません。

ただし、契約時よりも返済能力が下がっていますので限度額の減額や契約更新不可になる可能性はあります。仮に審査通過しても、審査は定期的に行われています。

現在の契約内容はあくまでも申込時の個人情報と信用情報を審査したうえで成立しているわけですから、それが変わったとなれば契約内容が変更されてしまうのは当然のことです。

そのため、カードローン会社は利用者の個人情報等に変わりはないか定期的にチェックしているのです。

審査した結果、限度額を下げられたり、契約の更新ができなくなる可能性はあります、しかも無職ですから返済能力は大幅に下がりますので、そうした可能性はかなり高いと言わざるを得ません。

無職になったら申告は必須!最悪の場合「強制解約」になることも!

審査の過程で在籍確認が行われますが、増額申請などをしない限り再び在籍確認されることはありません。つまり、無職になったとしてもレイクにはわからないということになります。

しかし、それはレイクに対してウソを付くことになります。レイクは、申告された情報をもとに融資の可否や利用限度額を算出してくれているわけです。現在の契約はこれらの情報をもとに成立しているわけです。

その情報が変わったとなれば返済能力が変わる可能性は高いです。

そのため、申込時の申告情報に変更があれば、それを申告しなければいけません。特に無職になったとなれば、返済能力は大きく変わりますので申告する必要があります。

無職になったことをレイクに黙っていると、それがバレたときに虚偽扱いにされる可能性があります。契約更新ができないばかりか、最悪の場合は「強制解約」にされてしまう恐れもあります。

強制解約になると個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、当面の間ローンやクレジットカードを作ることができなくなってしまいます。

レイク無職でも借りれる?無職の人がお金を借りるためには

新生銀行レイクに限らず、どのカードローン会社でも基本的な借入条件は一緒です。

それは安定した収入があることです。

そもそも論として、カードローンがどういった商売なのかを考えれば、自ずとその答えは出ます。

カードローンは会社がお金を貸し付け借りた人は利息をつけて返済するのが貸金業です。

もし金利が発生しなければ貸したお金はそのまま戻ってくるだけであり、カードローン会社は1円も得することはありません。

ただ単に手間がかかるだけですし、下手すれば返済してもらえず資産がどんどん減っていくことになります。

そして、返済するお金は給与などによって得たお金から支払います。給与は労働の対価として得るものですから、仕事をしていれば月に1回は必ず一定収入を得ることができます。

毎月得られる給与から返済してもらうことが前提となるため、まず働いてしていることがレイクを利用するための最低条件となっているのです。

ただし、既に説明したとおり専業主婦など例外もあります。専業主婦は働いていませんので収入はありませんがレイクに申し込んで借り入れできる可能性はあります。

「専業主婦だけ特別扱いなんてずるい」という人もいますが、専業主婦は世帯収入があることを前提としているから融資を受けることできるのです。

専業主婦は夫が仕事をしているからこそ生活を送ることができています。夫も専業主婦では生活していくことはできません。

だからこそ、妻本人が無職で収入がなくても世帯として見た場合に安定収入があれば借り入れすることができるのです。

無職であることを嘘ついてもバレる!

無職だけど働いているようにみせかけて申し込みされる人もいますが、間違いなくバレますので絶対に止めましょう。

審査では在籍確認を必ず行いますので、勤務先に電話して申し込み者がその会社に在籍しているかどうかはいとも簡単にわかってしまうのです。

無職の人がレイクで借りるためにできること

無職である人がレイクでお金を借りるためにできることは「無職でなくなること」です。

レイクは銀行カードローンですが、審査ハードルはそこまで厳しいものではなくどちらかといえば消費者金融よりです。そのため、正社員でなくても借り入れすることが可能です。

短時間の仕事や、週末だけ働くと言った形でも良いので、まずはアルバイトやパートとして働くようになれば、その時点で収入を評価してもらえます。

なおレイクの申込みでは年収を申告しなければいけませんが、勤続年数が1年未満だと年収がわからないのでは?と疑問を持つ人もいるでしょう。

勤続年数が1年未満でも、勤務期間も受け取った給与を合計することで年収を算出できるので問題ありません。

たとえば、アルバイトを初めた月の給与が8万円であれば、その時点での年収は96万円になるということです。

ただし、アルバイトでも日雇いだと審査に通る可能性は低いので注意してください。日雇いだと継続して仕事があるとは限りませんので、いつ収入が途切れるかわかりません。

長期的なスパンで雇用契約をしていないと審査には通らないのです。

パート・アルバイトがレイクの審査を通過するためのポイント

無職の人がレイクで借り入れすることは基本的にできません。融資を受けるためにはパートやアルバイトで働き始めて収入を得る必要があります。

しかし、そうは言っても「パートでも審査に通るのか不安」「アルバイトだから貸してもらえない」とレイクの審査が不安という方も多いのではないでしょうか?

ここではパート・アルバイトがレイクの審査を通過するためのポイントを解説します。

レイクはパート・アルバイトでも利用可能!年収はどれぐらい必要なの?

新生銀行レイクはパート・アルバイトでも利用することができます。申し込み条件欄には「パート・アルバイト不可」とは記載されていませんので安心して申し込んで良いでしょう。

パート・アルバイトがレイクに申込むうえで心配なのが自身の「年収」ではないでしょうか?

お世辞にもパート・アルバイトだと正社員に比べて年収が低いため、レイクの審査に通らないと思っているかもしれません。

具体的に年収がいくらぐらいあると審査通過できる可能性があるのか気になるところでしょう。

新生銀行レイクの公式サイトには「お試し診断」があります。簡易的なものですが、レイクの審査を通るかどうかの目安を知ることができますので、審査が不安という方は試してみると良いでしょう。

試しに年収10万円でレイクの借入診断を行ったところ「融資できる可能性がございます」と出ました。

(引用元:レイク

(引用元:レイク

あくまでも目安であり本審査の結果を保証するものではありませんが、低収入のパート・アルバイトでもレイクは借り入れできる可能性があるということがわかります。

短時間しか働いていないから、収入が少ないからと諦める必要はありません。大切なのは収入と借入額のバランスです。

希望限度額には要注意

低収入のパート・アルバイトでもレイクは利用可能ですが、申込時の希望限度額には注意が必要です。

レイクは総量規制対象外ですので、年収3分の1を超える借入も可能です。しかし、パート・アルバイトは収入が少ないため、利用限度額が低めに設定されます。

先程も説明したとおり、審査では収入額の大きさよりも収入と借入額のバランスが重要ですので、年収に対し希望限度額が大きすぎると審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

また自分が希望していた額よりも、実際に利用できる額は低くなる可能性もありますので覚えておきましょう。

パート・アルバイトでも審査に有利になる条件はあるの?

どうせなら審査に有利な状態で申し込みしたいもの。パート・アルバイトでも審査に有利になる条件はあるのでしょうか?また逆に審査に不利になる条件はあるのでしょうか?

パート・アルバイトの人が審査に有利になる条件と注意点を見ていきましょう。

勤続年数1年以上だと審査に有利!

雇用形態に関係なく勤続年数は長いほうが有利です。勤続年数3年以上だと安定していると見られやすいですが、パート・アルバイトの場合は1年以上あれば十分です。

勘違いしてほしくないのが「勤続年数が短いから審査に落ちる」というわけではないということです。勤続年数が短いからと言って、それだけの理由で審査落ちすることはありません。

審査では雇用形態や勤続年数だけでなく、収入・居住年数・年齢・家族構成・保険証の種類・他社借入状況などさまざまな項目をチェックして総合的に判断しますので、たとえ勤続年数が1年未満だったとしても他の項目でカバーできれば審査通過の可能性は十分にあります。

保険証の種類でも審査に有利・不利がある!?

保険証には「社会保険証」と「国民健康保険の保険証」の2種類があります。レイクの審査が比較的有利になるのは社会保険に加入している場合です。

と言うのも、社会保険証は長期雇用を前提として働いている人に発行されるものだからです。働く時間が長ければ安定的に仕事があるとことの証明となります。

しかも社会保険証には企業名が記載されていますので勤務先の在籍確認もできます。

同時申し込みは絶対にダメ!

「正規雇用じゃないし収入が低いから」という不安から、同時にいくつものカードローンに申し込んでしまう人も少なくないです。

しかし、カードローンの同時申し込みは審査落ちの可能性が高くなるだけですので止めたほうが良いです。

個人信用情報機関にはカードローンに申込したという事実も記録されます。同時にいくつ申込めば「お金に困っているかもしれない」「貸すのは危険」と判断され審査落ちしてしまいます。

カードローンの申込情報は6ヶ月間保管されます。もし既に同時申し込みしてしまっている場合は、個人信用情報機関から申込情報が消えるのを待ってから申し込むのが良いでしょう。

パート・アルバイトが在籍確認をスムーズに終わらせるコツ

レイクに申し込むと申し込み書に記載された職場にきちんと働いているかを確認します。

確認の方法は原則として電話連絡となりますが、パートやアルバイトに電話がかかってくるのはあり得ないという職場も珍しくありませんので、在籍確認が不安という方も多いでしょう。

レイクの在籍確認をスムーズに終わらせるコツがあります。

レイクにあらかじめ相談する

レイクの担当者は、社名を名乗らず個人名で電話をかけてくれます。

電話にでたのが申込者以外であれば「△△さんは、いますか」と聞くだけです。申込者以外に用件を話すことはしません。

逆に銀行名を名乗ってもらったほうが怪しまれないという方は、レイクにその旨を伝えれば銀行名を名乗ってくれます。

「自分宛てに電話がかかってくることがない」「在籍確認に応じてくれない会社で働いている」などの事情があって電話で在籍確認するのが難しい人は、レイクに相談してみると良いでしょう。

事情次第では給与明細書など、その会社に在籍していることを証明できる書類で在籍確認してくれる場合もあります。

職場に在籍確認があることを伝えておく

在籍確認の電話を避けることができない場合は、スムーズに在籍確認できるように、職場に在籍確認があることを伝えておくと良いでしょう。

もちろんカードローンの在籍確認と言う必要はありません。クレジットカードでも在籍確認はありますので「クレカを作るので在籍確認の電話がある」と伝えればOKです。