1. 新生銀行カードローン レイクは自営業や個人事業主でも借り入れできる?審査基準は?

2018年4月1日以降、新生銀行レイクは新規申込みを停止しています。
※2018年3月25日現在の情報です。

新生銀行カードローン レイクは自営業や個人事業主でも借り入れできる?審査基準は?

「自営業だけどレイクでお金を借りたい」
「カードローンは自営業だと審査通過が難しいのかな」

レイクでお金を借りたい自営業者も多いかと思いますが、自営業でも問題なく借り入れすることはできるのでしょうか?

ここでは自営業者がレイクの審査を通過してお金を借りる方法について解説していきたいと思います。

目 次

新生銀行カードローン レイクは自営業や個人事業主でも問題なく借り入れできます。安定した収入があることが融資条件ですから、消費者金融のキャッシングと同じように借りられるのです。

審査基準で考慮されるのは、年収・年齢・他社借入履歴・居住区分となります。年収は多くて安定しているのが理想であり、年齢は上であるほど審査では有利となります。

一般的に年齢が上になるほど社会的地位・年収が上がると考えられているからです。他社借入履歴では、借入額・件数のほかに返済状況が考慮されますので、遅延はないほうが好ましいです。

利用限度額は1万円~500万円の範囲内に設定されており、借り入れは1,000円から可能です。金利は4.5%~18.0%の範囲となっており、契約限度額により金利が変わる仕組みになっています。

利息は借入日数によって発生するため、早く返済するほど利息を抑えられます。新生銀行カードローン レイクに申し込みされる方は、事前にホームページの借り入れ診断を試してみるといいでしょう。

無料で借り入れ可能かどうかわかるので、いきなり審査を受けるよりも安心です。借り入れ診断は簡易審査のことであり、審査回数にはカウントされないのです。

以前の新生銀行カードローン レイクは消費者金融でしたが、現在は新生銀行のカードローンとして生まれ変わりました。

お金を借りるための金融機関として最も安心できるのは、やはり銀行でしょう。消費者金融のお手軽さと銀行のサービスを兼ね備えたローンが新生銀行カードローン レイクなのです。

自営業がレイク以外でお金を借りる方法

自営業がお金を借りるとなったとき、いくつかの方法があります。お金を借りる方法としてはレイクなどのカードローンが有名ですが、その他にも選択肢は用意されています。

・日本政策金融公庫
・中小企業制度融資
・銀行、信用金庫
・カードローン

このようにカードローン以外にもお金を借りる方法が用意されていますので、それぞれのメリット・デメリットなどを比較したうえで借入先を決めるのがベストです。

すぐに借りられるからと言って安易にカードローンの利用に走るのは危険ですし損するケースもあります。自分の状況に適する方法で資金を調達しましょう。

国や自治体からの融資は金利が魅力的!だけど時間がかかる

日本政策金融公庫や中小企業制度融資など国や自治体からの融資は、カードローンに比べて圧倒的に金利が低いのがメリットです。

また銀行や信用金庫でも事業主に向けた融資を行っており、こちらもカードローンよりも低金利でお金を借りることができますので、非常に魅力的と言えるでしょう。

ネックとなるのは融資までに時間がかかるということです。どの制度を利用するかによっても審査にかかる時間は異なりますが、長い場合だと審査結果がでるのに2ヶ月以上かかることもあります。

銀行や信用金庫でも、はじめて利用する場合は1ヶ月近くかかることも決して珍しくありません。

急ぎで資金を必要とするならレイクが便利

ビジネスをしていくうえで、急ぎで資金調達しなければいけないケースもありますね。そのような場合、時間をかけて書類の作成をしたり、何ヶ月も審査結果を待っている余裕などありません。

金利は高いけど、迅速に貸し付けてくれるレイクは強い味方になってくれます。

カードローンは担保も保証人も必要無いのです、その分手続きを迅速に進めることができ、申し込みから数日程度で借り入れすることができます。

カードローンによっては即日融資にも対応していますので、ビジネスチャンスを逃さずに事業拡大したい自営業者にとっては強い味方となってくれるでしょう。

※銀行カードローンは2018年1月より即日融資を全面停止としています。レイクの場合、仮審査は即時となっていますが、本審査の結果が出るのは数日かかります。

事業資金をカードローンで借りる場合のデメリット

急ぎの融資に役立つカードローンですが、高金利というデメリットがあります。そのため、長期的な借入には不向きです。

あくまでも短期的、一時的な資金調達方法としてカードローンを利用しましょう。

また金利が高いので返済が長引くと利息を多く払わなければいけませんので、すぐに返済できる見込みが無い場合もカードローンを利用すべきではありません。

消費者金融は総量規制の対象ですが銀行カードローンは総量規制対象外です。

レイクは銀行カードローンにあたるので、年収3分の1以上の借入も可能ですが、自主規制導入により、実際のところ年収3分の1以上を借り入れるのは難しいです。そのため、高額な借入にも不向きだということは覚えておきましょう。

公的融資は長期借入に向いてますが、書類の準備が多く審査に時間がかかります。レイクなどのカードローンは金利が高いけど、審査・融資が速いので急いでいるときにピッタリです。

自営業者と会社員のレイク契約は何が違うの?

自営業者がレイクと契約するのと会社員がレイクを契約するのでは違いが2つあります。

公的な収入証明書類が必要

会社員の場合、レイクの審査で必ずしも公的な収入証明書がひつようになるわけではありません。基本的には限度額が50万円以上にならない限り収入証明書の提出は不要で審査を受けることができます。

しかし、自営業者の場合は、希望する限度額に関係なく公的な収入証明書類が必要となります。これはレイクに限ったことではなく、大抵のカードローンは自営業者に対し収入証明書の提出を求めています。

申込する前に公的な収入証明書類を準備しておくとスムーズに手続きを進められます。開業したばかりで収入証明書類を用意できないという場合は残念ながらレイクの審査を受けることはできません。

在籍確認は固定電話

会社員の場合、勤務先の職場に在籍確認の電話が入ります。カードローンによっては、書類で確認を済ませられるところもありますが、これは稀です。大抵の場合は、自分が勤める職場に電話がかかってきます。

一方、自営業者の在籍確認は固定電話のみとなります。自宅を仕事場としている自営業者が多いため、本人確認も携帯電話にかけるのではなく、在籍確認と一緒に行われます。

近年は、自宅に固定電話をおかない家庭も増えてきているため、携帯電話あてに在籍確認してくれるカードローンもありますが、レイクの場合は固定電話でないと審査してくれません。

つまり、固定電話を持っていない自営業者はレイクに申し込めないということになります。

自営業者もレイクの審査に通過して借入可能

カードローンレイクは、自営業者でも借り入れすることができます。

レイクの申込条件は、

  • 満20歳以上70歳以下の方
  • 安定した収入のある方

上記2つのみです。雇用形態に関する規定はありませんので、自営業者も申し込みOKです。

会社員に比べると自営業者は収入が不安定だとみなされるので審査はやや厳し目になりますが、自営業だからという理由だけで審査に落とされることはありませんので安心してください。

レイク」より

上記はレイクの申し込みフォーム画面の一部ですが、「お勤め先」の欄にも「自営業」という選択項目があることからも自営業でも申込可能なのがわかりますね。

自営業者は自宅に固定電話が必須

カードローンによっては自宅に固定電話がなくても申込可能としているところもありますが、ほとんどは固定電話必須としています。

レイクの場合も、自宅に固定電話がない自営業者の申し込みは不可としていますので注意してください。自宅に固定電話がない自営業者でも申し込めるカードローンは「三井住友銀行」「アコム」「プロミス」となります。

自営業の審査は厳し目

自営業の場合、レイクの審査は厳し目に行われます。公務員や会社員よりも厳しく審査されるということを覚えておきましょう。

自営業と言っても様々な職種がありますが、自営業の場合、職種に有利不利は特にありません。どの職種であろうと自営業という括りで審査されます。

次の項目をクリアできている自営業者はレイクの審査に通過できる可能性があります。

・収入証明書を提出できる
・自宅に固定電話がある

次でもう少し細かく解説していきます。

自営業者は収入証明書の提出が必須

自営業がレイクの審査を通過するには収入証明書の提出は必須です。

サラリーマンの場合、収入は自己申告で良い場合や給与明細など会社発行のもので問題ないのですが、自営業の場合はそうもいきません。

言い方は悪いですが、会社代表ですのでやろうと思えば給与明細などの改ざんは簡単にできてしまいます。

そのため、市区町村が発行する公的書類や税務署にはんこをもらった公的に信用がある書類が必要となります。

またサラリーマンは在籍確認することで安定収入の証明ができますが、自営業者の場合だとそれも難しいです。書類でしか収入の安定性を証明することができないのです。

自営業者が収入証明書としてレイクに提出できるのは次のような書類です。

・確定申告書
・住民税決定通知書、納税通知書
・所得証明書

この中でも自営業者の場合は確定申告書の提出が基本となります。

本人確認と在籍確認はセットで行われる

自営業者がカードローンレイクの審査を通過するには固定電話が必須です。そもそも論として、固定電話を設置していない自営業者はレイクに申し込むことすらできません。

固定電話がなければ本当に事業を行っているのか分からず信用できませんので、レイクでは固定電話なしの自営業者は申込不可としています。

レイクでは、自営業者への在籍確認は本人確認とセットで行います。勤務先の電話番号として申請した固定電話にかけて、本人確認と在籍確認を同時に行うわけです。

本来、本人確認は携帯電話に、在籍確認は勤め先の職場に連絡がありますが、自営業者の場合はそれが一度に行われます。

電話では、事業内容、業績、資金の使いみちなど細かく聞かれます。あやふやに答えてしまうと「お金を貸すのは危ないかもしれない」と判断されてしまいますので、何を聞かれても正確に答えられるよう準備しておきましょう。

レイクは書類で在籍確認に応じてくれることもあるようですが、自営業者の場合は必ず電話で確認が行われます。書類のみの在籍確認はできませんので覚えておきましょう。

レイクは事業資金として使えないけど

急な資金繰りのためにレイクからお金を借りようと考えるかもしれませんが、ここで気になるのがレイクは事業資金としての借入は可能なのか?という点です。

レイク 商品概要説明書」より

レイクの商品概要説明書には「事業性資金にはご利用いただけません」と記載されています。ただし、借り入れた資金を何に使ったのかをレイク側が確認するようなことは一切しません。

レイクは法人として契約はできませんので会社としての借り入れは不可ですが、個人で申込んで可決になった場合の限度額内でのお金は、事業資金に充ててもOKということになります。

自営業者は家族に内緒でレイクの審査を受けられる?

自宅を仕事場として働いている場合、家族が電話にでてしまうと困る自営業者もいるかと思います。

仕事のためにお金を借りるとは言え、カードローンを利用することに関して家族の理解を得るのは難しいもの。良い顔されないケースがほとんどでしょう。

そのため、家族に内緒でレイクを利用したいと思う自営業者が多いのではないでしょうか。

在籍確認の電話の時間帯を指定できる

家族にばれないか心配という場合は、電話をかけてもらう時間を指定できないか相談してみましょう。

レイクは在籍確認の電話の時間帯を指定することも可能ですので、家族が自宅に居ない時間帯を見計らって電話してもらうのが良いでしょう。

場合によっては時間指定ができなかったり、分刻みなど細かく指定することはできませんので、家族が電話にでてしまう可能性もあります。

ただ、レイクでは本人以外にカードローンの在籍確認であることを伝えたりはしません。

レイクは銀行名を名乗りますが「新生銀行」と名乗られても、それがカードローンの利用だと家族にばれる心配はないです。

決して「レイク」とは名乗りません。自営業者なら銀行から電話がかかってくるのは不自然なことではありませんから、あまり気にする必要もないでしょう。

レイクの場合、希望があれば電話で個人名を名乗ってもらうことも可能です。この場合は、偽名ではなく担当者の個人名で電話をかけてきます。

郵送物なしで契約が可能

家族ばれの原因は自宅への電話だけではありません。カードローンを契約すると契約書類やローンカードが自宅に届けられます。

中身を見られてしまえばカードローンだということが簡単にわかってしまいますので、自宅への郵送物をなしにして契約したいですね。

レイクでは自動契約機で契約することで、その場で契約書類とローンカードを受取できます。この方法ならば自宅への郵送物はなしにできますので、家族バばれを防ぐことができます。

自営業者がレイクの審査に落ちるケース

自営業者でも業績が安定していることを証明できればレイクの審査を問題なく通過できますが、収入が不安定だったり資金繰りに苦戦していたり、他社借入が多いような場合は審査通過するのが難しくなります。

ここでは、どんな自営業者がレイクの審査に落ちやすいか解説していきます。

開業したばかり~1年未満~

開業してから1年未満の自営業者はレイクの審査通過が難しいです。申し込み条件に開業1年未満は申込不可とされているわけではありませんが、実際にレイクに申込したけど審査落ちした自営業者の多くは開業してから1年未満の人です。

仮に利益が上がっていたとしても、将来的に見てどうなるかわからないという理由で審査落ちになる可能性が高いです。

近年は廃業する自営業者が多いことから、よりいっそう審査基準が厳格となってきています。レイクへ申込する場合は、開業から1年以上経過し、事業が安定してきてから申込むほうが審査通過の可能性が高くなります。

自営業者はカードローンレイクを利用するのが難しいと言われていますが、きちんと確定申告をしており収入が安定している場合は、審査通過しやすくなります。

節税対策が審査落ちの原因になることも

節税対策は事業を営む上で重要ポイントですが、経費を上乗せすれば所得は少なくなります。レイクは、所得があるだけでなく収入の安定性が必要となるため、節税対策が裏目に出てしまうこともあるのです。

もちろん、レイクを利用するために節税対策を止める必要はないですが、極端な節税対策はカードローン審査を不利にしてしまうということだけは覚えておきましょう。

他社借入が多い

これは自営業者に限ったことではなく、カードローン審査を受ける人全員に言えることですが、他社借入が多いとレイクの審査を通過するのは難しいです。

ただでさえ、審査が厳しく見られる自営業者ですから、他社借入が1社あるだけでも審査通過は厳しいものと思ったほうが良いでしょう。

新生銀行カードローンレイクは総量規制対象外ですので、法律の観点から言えば年収3分1以上の借入も可能ですが、銀行の過剰融資が問題視され自主的に総量規制を導入する銀行が多くなっています。

レイクも定かではありませんが、総量規制の基準を導入している可能性が高いです。年収の3分の1近くまで借入している場合は、借入件数が少なくても審査に通らないかもしれません。

信用情報ブラックだと審査落ち

これも自営業者に限ったことではないですが、信用情報ブラックだとレイクの審査には通りません。

ローンやクレジットの返済・支払いで問題を起こすと、信用情報にその事実が「金融事故」として登録されます。

これを信用情報ブラックやブラックリストと言い、金融事故情報が残っている内は、基本的にどのカードローンの審査にも通らないとされています。

具体的には次のような記録が個人信用情報機関に登録されていると審査落ちします。

・長期滞納(61日以上または3ヶ月以上)
・短期間の延滞の繰り返し
・強制解約
・債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)
・代位弁済

ただし、過去に上記いずれかの金融事故を起こしていても個人信用情報機関から記録が消えていればレイクの審査を通過できる可能性はあります。それぞれの金融事故の記録が消滅する期間は次のとおりです。

CIC JICC KSC
延滞 5年 1年以内 5年
強制解約 5年
代位弁済 5年 5年
任意整理(債務整理) 5年 5年
個人再生(債務整理) 5年 10年
自己破産(債務整理) 5年 5年 10年

それぞれの事故情報について詳しく見ていきましょう。

延滞

延滞とは、約束した日までに支払いや返済をしない状態が続くことです。

延滞として事故記録がされるのはカードローンやクレジットカードだけと思っている人も多いのですが、他にも次のようなものも支払いを延滞すると事故記録が付いてしまいますので気をつけてください。

・スマホ、携帯電話の分割払い
・奨学金(独立行政法人日本学生支援機構が運営するものに限る)
・家賃(信用情報機関に加盟する保証会社が間に入っている場合)
・公共料金

公共料金とは電気やガスなどの光熱費や税金関連のものを指します。

ただし、これらの支払いをクレジットカードで行っている場合に限ります。コンビニなどで支払いしていて延滞した場合は事故記録はつきません。

延滞はどのぐらいの期間支払いが遅れていると事故記録がつくのか基準は各金融業者で異なります。一般的には1週間程度の遅れなら記録されず、2ヶ月~3ヶ月以上延滞すると記録がつくとされています。

数日程度の延滞でも、繰り返し延滞していると事故記録を付けられる可能性があります。

強制解約

強制解約とは金融業者側から一方的に契約を解除されることを言います。返済の滞納が長期的に続くと強制解約される場合があります。

カードローンだけでなくクレジットカードの強制退会や携帯電話の利用停止なども強制解約に含まれますので気をつけましょう。

代位弁済

一定期間以上返済がされなかった場合、保証会社が契約者にかわって金融機関へ返済を行うことを代位弁済と言います。代位弁済を行なった後は、保証会社に対し返済を行わなければいけません。

たとえば、レイクと契約して長期間返済せず延滞の状態が続くと、保証会社である株式会社新生フィナンシャルが契約者に代わってレイクに対し債務の全額返済を行います。

これにより債権はレイクから株式会社新生フィナンシャルへ移りますので、今後、契約者は株式会社新生フィナンシャルに対して返済を行うことになるのです。

新生フィナンシャルで代位弁済してる場合はレイクの審査は通らない

レイクの保証会社である「新生フィナンシャル」は、他の銀行カードローンの保証業務も請け負っています。

オリックス銀行カードローン、東京スター銀行カードローン、新生銀行カードローンレイク、荘内銀行カードローン、筑波銀行カードローン、富山銀行カードローン、静岡銀行カードローン、池田泉州銀行カードローン、トマト銀行カードローン、佐賀共栄銀行カードローン、肥後銀行カードローン

上記に該当するカードローンで代位弁済されたことがある場合は、新生フィナンシャルの社内情報として永久的に残りますのでレイクで借りることはほぼ無理でしょう。

債務整理

債務整理とは任意整理、個人再生、自己破産の総称です。個人再生と自己破産は裁判所を通しますが、任意整理は裁判所を通しませんので事故記録はつかないと思っている方もいますが、任意整理もしっかりと事故記録は残ります。

特に自己破産は最長で10年間事故記録が残るので要注意です。

思い当たる節があるなら信用情報を開示すること

過去に金融事故を起こしたことがあるまたは記憶が曖昧という場合は、正確な期間を知るためにも自分で個人信用情報を確認することをおすすめします。

各機関の開示請求方法は次のとおりです。

個人信用情報機関 開示請求方法
CIC PC・スマホ・郵送・窓口
JICC スマホ・郵送・窓口
KSC 郵送

CICの場合はPC・スマホで手続きした場合、ネット上から結果をダウンロードして確認できます・JICCもスマホで手続きできますが、結果は郵送で送られてきます。

また、開示には必要書類や手数料が必要となります。各機関の公式サイトにて詳細を確認して準備しましょう。

自営業者がレイクから借りられる金額は審査で決まる

自営業者がレイクから借りられる金額は最終的に審査で決まります。申し込み書には希望限度額を記入しますが、必ずしも希望した金額を貸してもらえるわけではありません。

審査でどのようにして限度額が決まるのか、基準となるのは申し込み者が提出する収入証明書に記載された所得です。

たとえば、確定申告書であれば事業収入ではなく、所得で計算されます。いくら事業で収益をあげていても、返済は可処分所得から行うので、低所得者は返済能力が低いと判断されるからです。

仮に事業収入が500万円だとしても、可処分所得が100万円であれば、初回の利用限度額は100万円を基準に算出されます。この場合、利用限度額は10万円~30万円程度になるでしょう。

レイクは年収3分の1以上も借りられる?

レイクを利用するうえで気になるのが「年収3分の1以上も借りられるか?」です。

貸金業者であれば総量規制の対象となるため、年収3分の1を超える借入はできませんが、銀行カードローンは総量規制対象外となるため、法律上は年収3分の1を超える金額を借りることも可能となります。

レイクは銀行カードローンにあたるため、法律上は総量規制に縛られない借入が可能です。現在でも総量規制の対象外ですが、実際は年収3分の1までが借入可能な金額の限度だと思った方が良いです。

本来であれば、レイクのような銀行カードローンは総量規制とは無関係ですが、過剰な融資をさけるため、総量規制を基準とした貸し付けを行っています。